1666541 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

2007.08.15
XML
今日は、62回目の終戦記念日です。

国際平和への貢献を誓って、「全国戦没者追悼式」が行われました。

原爆を体験した唯一の国として、これからも世界平和の願いを世界へ伝えていきたいと改めて誓いました。

5年前から、フランス・コソボ・日本と全部で12回の国際平和展/コソボを開催してきました。

(詳細は、ブログ の 「home」の中の 「カテゴリ」の中の 「国際平和展/コソボ」と 「国際平和展/トルコ」 をご覧下さい。

又、ホームページ Web: http://www.space-ao.com の [国際平和展] をご覧下されば、詳細が載っています。)



日本では、戦争を体験した人もだんだんと少なくなってきて、私達戦後世代は、実際の戦争を知らないできています。戦争は、漫画やアニメの中のことになってきています。そのことに一抹の不安を感じています。

私はコソボで「国際平和展」を開催してきて、実際に展覧会のためコソボへ行って来ました。そして戦争の本当の怖さを知ることが出来ました。

それは、人々の心を閉ざしてしまうことです。本当の人間らしさを生きることが出来なることです。


この度、コソボの画家 Vesta NURA (ヴェスタ・ヌラ)さんの作品の写真2枚がフランスの国際平和展/コソボの総合プロデューサーのシギエさんから送られてきました。

これは、彼女がイスラエルの展覧会に出品した作品です。

コソボでは、未だにアルバニア人とセルビア人の反目が続いていて、コソボ独立までの道のりはまだ遠いように見えます。こうした中で生まれた作品です。

彼女は、第1回目の国際平和展・堀本恵美子展のコソボでの開催(コソボナショナルアートギャラリー)のために尽力してくれた画家で画廊のオーナーです。

私達が、コソボへ行った折、お会いすることが出来ました。聡明で、静かで美しい方でした。

彼女の作品は、彼女の見かけとは、かけ離れているのでビックリさせられました。


20070815ヴェスタ・ヌラ (Vesta NURA) の作品ー1


20070815ヴェスタ・ヌラ (Vesta NURA) の作品ー2


日本では、いろいろな問題が山積していますが、現代にこのような作品を描く画家は居るでしょうか?

それだけでも、日本の平和を実感することが出来ます。そして、この平和を大切にしたいと心から願います。

これからもあらゆる国、民族、言葉、各々の宗教などの違いを越えて、芸術を通して「国際平和展」を続けることで、多くの人たちの「心の平和」を築くことが出来たらと願っています。

「心の平和」が「世界の平和」への第一歩です。

そして、私の願いは、[宇宙の愛のメッセージ]の私の絵と[国際平和展]の世界の画家の絵を展示する美術館を創ることです。

そしてその美術館に併設された、健康のために良いマクロビオティック料理が食べられるレストランと、やすらぎと、希望のエネルギーに満ちた空間を創ることです。

そして、この今日のメッセージを世界の友人たちへ伝えたいと願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この秋に開催予定のトルコでの、第13回「国際平和展」は、開催予定のトルコの美術大学の都合により、トルコの他の会場での開催予定となりました。


いつも見てくださりありがとうございます。

★ ↓一日一回クリックしていただけると幸いです。更新の励みになります。。。♪ 

★ 1日に1回、絵画、風景、マクロビオティックで、それぞれワンクリックしていただけるとうれしいです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ








最終更新日  2007.08.16 03:47:06
コメント(4) | コメントを書く
[トルコ・国際平和展(IEP Turkey)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.