1316534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

2007.12.09
XML
カテゴリ:旅(Travel)
街はクリスマスイルミネーションで、ひと時、現実の世界から、夢の国へと誘われそうです。

20071209堀雅貴コンサート




20071209キャッツ

東京のJR 大崎駅から五反田方面へ向かうと、キャッツシアターがあります。




20071209キャッツシアター

思いもかけず、当日のチケットが手に入り、行って来ました。

キャッツシアターでは、『猫の国の1年に1回の、天上の世界へ行く猫を決めるお祭り』の話が繰り広げられています。

天上に行く候補の猫達が、順に踊りと歌を披露していくのですが、最後に選ばれた天上に行ける猫は、娼婦だった猫でした。

すぐに、キリストとマリアの物語を思い浮かべました。

天上へ向かったその後から物語は始まると思いましたが。。。話は、ここで終わりでした。。。。。なんとも物足らないで終わってしまいました。。。

猫好きでない人には、歌と踊りで2時間以上見るのは、少々きついですが。。。

『キャッツ』がこれほど人気なのは、舞台の仕掛けが大がかりで、観客と一体化する舞台だからなのでしょう。

キャッツを見た次の日に、まさにその美しい天上の調べを聞くことが出来ました。

五反田 T会場のサロンコンサートで、マンドリンの音色です。

去年私の屏風画の作品の前で演奏してくださった、堀雅貴さんのマンドリンの調べです。

(2006年12月4日の日記を参照下されば幸いです)

http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/200612040000/

今回はお弟子さんの林紘平さんとの合奏も思わぬ掘り出し物でした。

マンドリンの演奏は、1時間半でしたが、少しも眠くもならず、音の世界から天上の世界へと心地良い世界へ誘ってくれました。

不思議な物ですね。



20071209堀雅貴コンサート

(堀雅貴さんの演奏)




20071209マンドリンコンサート

(林紘平さんの演奏)




20071209マンドリンコンサート

(堀雅貴さんと皆と写した写真より。。。)

マンドリン界の貴公子・堀雅貴さんは、去年と比べてますます演奏にもお話にも磨きがかかっていました。

手垢のついていない新鮮な演奏の、マンドリン界の若き2人のホープに乾杯!!!



いつもご覧頂きありがとうございます。「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

★ ↓ 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。皆様の応援で、多くの方々へ見ていただくことが出来ますのでよろしく御願いいたします。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけると幸いです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。ありがとうございます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ







最終更新日  2007.12.10 02:59:16
コメント(14) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.