000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

2007.12.10
XML
2001年に、『日本体験展』という展覧会が、パリの画廊と日本の画廊で合同企画され、パリで開催されました。


私も出品して、その時は、フランスのナントからシギエさん(国際平和展を一緒に開催している方)に、パリまで見に行っていただきました。

その時の日本側の主催画廊が、木の葉画廊でした。


ナント市のフランス人画家の東京での展覧会開催希望の相談を受けて、神田の「木の葉画廊」へ行ってきました。私も、個展を開いたことのある画廊です。

木の葉画廊は、名前の通り、植物画の展覧会の多い、ユニークな画廊です。

画廊のオーナーの葉満田喜久子さんはフランス語が話せるので、フランス人の展覧会にはぴったりです。

木の葉画廊の来年の展覧会予定はほぼ埋まっているとのことで、フランス人画家の来年の展覧会開催は微妙ですが、またまたナントとの交流が始まりそうです。

ナント市は、新潟市と姉妹都市で、わたしは2002年から2003年にかけて、『現代日本人画家展』というナント市主催の展覧会に招待され、出品したことがあります。

ナント市の「メゾンドエルドロ」(水の家)という大きな展覧会場でしたので、沢山の作品を送りました。

その時はナント市に行って、「メゾンドエルドロ」での展覧会のオープニングレセプションやナント市の「軍隊」での『宇宙の愛のメッセージ』の個展開催と講演会など、随分といろいろな方にお世話になりました。

今、又とても懐かしく思い出しました。。。

20071207いちょう並木

神田駅東口を歩いていくと、立派な銀杏並木があります。




20071207銀杏

銀杏の木は都会の車の排気ガスにも負けず大きく育っていました。




20071207銀杏2

空を覆うばかりの銀杏の葉




20071207木の葉画廊(神田)

しばらく歩いていくと、木の葉画廊があります。

ビジネス街の画廊で、喫茶店もある都会のオアシスのような画廊です。



いつもご覧頂きありがとうございます。「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

★ ↓ 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。皆様の応援で、多くの方々へ見ていただくことが出来ますのでよろしく御願いいたします。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけると幸いです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。ありがとうございます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ








最終更新日  2007.12.11 01:30:27
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.