971917 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

2014年06月20日
XML
たましんギャラリー開廊40周年記念 多摩の作家展II の 学芸員によるギャラリート-クが、今日午後2時より開催されました。

私は、学芸員による 何かお話があるのかと思って行きましたが、 「ギャラリートーク」は、展覧会に展示されている「作品の解説」でした。 これも「ギャラリートーク」というのを初めて知りました。

40人の作家の作品が展示されていますが、展示されている作家の中で、今日参加した作家は、私ともう一人の女性作家の宇敷さんだけでした。

それで私たち二人は自分の作品を、急遽、観賞者に解説することになりました。

今回の展示されている作品は、たましんギャラリーで個展を開催した時に、『たましん歴史・美術館』が買い取ってくださった、それぞれの作家の代表作ですので、なかなか見ごたえのある作品たちです。


20140620たましんG開廊40周年記念 多摩の作家展II ギャラリートーク.jpg
(C) Emiko HORMOTO

CURRENT B-15A・B 109.0X301.0 cm (1989) 私の25年前の作品です。






ギャラリートーク1 .jpg

ギャラリートークで、自分の作品の解説をしているところです。

「今の私の作品とはまったく違った作品です。」

「この作品は当時の私の出口の見つからない苦しい心境を描いています。

20種類以上のオイルパステルで一本一本線を描き進め、その線を、黒い線で消していき、又その上にアクリル絵の具をかぶせている作品です。

ほのかにオイルパステルの20色の色が見えてくる作品です。

一本一本の線を描くことは、まるで般若心経の文字を写すような心境で描いていました。

その中に、白く輝く希望が見えてくる光が描かれています。

この光は今はずっと大きな光となって、今は光が中心の作品に変化してきています。又今は「魂の七色」と言って、金・銀・青・緑・紫・赤・青の七色を使って、モノトーンに近い色で描いています。」

「この青の作品が好きな人は今でも多くいますが、この作品に惹かれる人はこの作品と通じる心を持っているので、その作品魅かれたりするのだと思います。

初めは青でずっと描いていました。

その頃の青の作品は、詩人の谷川俊太郎さんの詩と私の青の絵で出版された『青は遠い色』という詩画集がありますので、よかったらネットで探してみてくださいね。

又、このたましん歴史・美術館の『図書コーナー』にも、その詩画集とともに、そのときの個展の時にたましん美術館の方が一緒に作って下ったカタログが置いてありますで、是非覗いてみてください。」


「芸術の中で、絵は一番作者の心がごまかせないものです。
作者の心がそのまま映し出されますので、そういった目で作品を鑑賞すると又面白いと思います。」


学芸員から「堀本さんは、魂の世界をずっと描いてきていらっしゃるのですね」という問いがありました。、

「私は、ずっと心や魂の作品を描いてきましたが、それは父や祖父が『能面師』であったことが影響していると思います。大学は東京女子大学へ行ったのですが、やはり親のやって来た世界を継いでやっているのだと思います。

能の中で、能面をつけて出てくる演者は、あの世の住人なのです。目には見えない心や魂の世界を表現するという意味で、能面も私の絵の世界も近いのだと思います。 

今まで国内外で87回の個展を開いてきましたが、七色で描いた新しい作品の個展が、今年の12月に新宿の小田急百貨店で開催予定ですので、是非見にいらしてください。」


このような即興のお話をさせていただきました。。。





ギャラリートーク2.jpg

いらしている鑑賞者のお客様たちは、特別に宣伝もしていなくて、美術館前のポスターなどを見ていらしている方が多いそうです。





P6200310.JPG

宇敷美津子さん(帽子の女性)の作品解説





P6200317.JPG





P6200319.JPG





P6200321.JPG





たましんギャラリー開廊40周年記念 多摩の作家展II たましん歴史・美術館 6.3~7.13.jpg




たましん館長と.jpg

鈴木館長と



展覧会は下記のとおり、7月13日まで展示されていますので、お近くの方是非どうぞいらしてみてくださいね。



。。。。。。。。。。。。。。。。。


たましんギャラリー開廊40周年記念 多摩の作家展II 

期間   6月3日(火)~7月13日(日)

場所   たましん歴史・美術館 
     (JR国立駅南口前) たましん国立支店6F

     TEL 042-574-1360

時間   午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)

休館日  月曜日と祝日

入場料  100円(中学生以下無料)


堀本惠美子の二面の屛風作品が展示されています。

私の以前の作風のパステルを使った濃い青色の作品です。

お近くの方ご覧頂ければ幸いです。


・・・・・

皆様の応援クリックよろしくお願いいたします。

心より感謝いたします。

   ↓
  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

    ↓
  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ




google(グーグル)の堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページを作りました。

 

 

コソボの国際平和展のことや最近の展覧会の情報が載っています。


https://sites.google.com/site/emikohorimoto




『堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページ』(Emiko HORIMOTO Web)(Japanese, English, French)では2011年までの作品や展覧会、収蔵先などをご紹介しています。覗いてみていただければ幸いです。

http://www.space-ao.com/




堀本惠美子(ほりもとえみこ)作品取り扱い画廊
T&T ギャラリー (堀本惠美子作品紹介と販売)

http://tandt-gallery.com/artists/horimoto/index.html




堀本惠美子 アートギャラリー (日本美術倶楽部)
(Emiko HORIMOTO Art Gallery) (Japanese,English)





堀本惠美子の作品10点の紹介です

http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/  




堀本惠美子(ホリモトエミコ)作品収蔵先風景(Emiko HORIMOTO--Collection)

http://www.space-ao.com/_jp/collection/collection.htm





『東京女子大学 活躍する卒業生』に堀本恵美子掲載

http://office.twcu.ac.jp/career/info/graduate.html

 





私が所属している国際的なボランティア団体『東京3ゾンタクラブ』のブログは以下をご覧頂ければ幸いです。




http://blogs.yahoo.co.jp/zontacluboftokyo3

 




ゾンタには『ゾンタローズ』と名づけられた黄色のバラがあります。

それを私が絵に描いたものを、東京3ゾンタクラブでは絵葉書で販売しています。(@100円)



○ゾンタローズ.jpg
(C) Emiko HORMOTO







最終更新日  2014年06月21日 01時23分40秒
コメント(4) | コメントを書く
[堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)] カテゴリの最新記事

PR


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.