1268553 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

2017.11.15
XML
​​​​堀本惠美子展のテレビニュースとネットニュースを翻訳してくださいました。


[テレビニュース」

http://settv.ru/news/mess/27160



「宇宙からのメッセージ」をテーマに、日本の画家堀本惠美子氏がグレデコフ美術館でユニークな展覧会を開催している。
この女性は熟年となってから一つの経験を機に特別な創作を始めた。彼女の絵の秘密に我が社の特派員がせまった。

この展覧会のホールを訪れる人たちは皆、心の平安や温和さを感じる。

彼女の絵は現代日本絵画であるが、日本の典型的なものであるとは言えない。

彼女の絵が他の絵画と違う、その秘密の一つは彼女が40歳を過ぎてから特別な創作を始めたことだ。

かつて恐ろしい病を経験し、その後、彼女の視点はゆっくりと、以前とは少し違った、特殊なものになって行った。

彼女が見つめているのは「時の流れ、愛の流れ、希望の流れ」である。臨死体験を経験した後に彼女の絵は今のようなものとなった。

何年か後に彼女の絵は日本で有名になって行った。

日本ではもうすぐ彼女の次の展覧会が開かれる。

それははるかに規模の大きなものだ。

ハバロフスクでの展覧会で展示されているのは、その小さな一部に過ぎない。

彼女の作品は絵に限られたものではない。

他にも色々彼女の優れた作品がある(団扇に描いた作品や詩画集の制作)

彼女の父親は日本の伝統的な舞台芸術、「能」の能面の有名な作者である。

宇宙の愛のメッセージーと題するこの展覧会をハバロフスクっ子は7月末まで楽しむことができる。

その後、いくつかの絵画はハバロフスク・クライ・グロデコフ記念美術館のコレクションに残ることになる。

[織田桂子訳]


///////

[ネット記事]
https://m.vostokmedia.com/news/culture/17-07-2017/yaponskaya-hudozhnitsa-otkryla-personalnuyu-vystavku-v-habarovske



★女流日本人画家(堀本惠美子)がハバロフスクで個展を開いた。

7月17日  文化  マリヤ・イグナチエヴァ

アムールの景色に感動して、これを画にすると約束



ハバロフスククライ(地方)・グロデコフ記念美術館では、日本から来た女流画家・堀本恵美子さんの展覧会が開催されている。

彼女はこの地方の首都には2度目の来訪で、今後もこの町に作品を持って来るつもりである。

「宇宙の愛のメッセージ」と題する展覧会は「極東ロシアと環太平洋諸国の《夢と友好の海》」フェスティバルの一環として開催されている。

堀本恵美子は自分の絵を特殊な日本の紙“Washi”に描く。

その紙は、実際に手で引きちぎることが出来ない強さと通気性、白さにおいて抜きんでている。

この日本人女流画家は、前回、初めてハバロフスクにあるPNU(太平洋大学)の教育学部で作品を展示されたが、その時は学生しか見ることが出来なかった。

今回は、日本人巨匠の作品を誰でも観ることができる。しかも、入場無料なのだ。

堀本恵美子作品のテーマや色合いは多種多様だ。

彼女の山や海、太陽の絵は青、赤、金色で描かれている。

画家自身が言うように、彼女は幼い頃から青色が好きだった。

だから、彼女のキャンバスに最も頻繁に現れる色は青だ。

「以前にも似たような活動をした経験があります。

私はこれからもハバロフスクに来るつもりですが、フランスに行った時にはフランスの絵を描きました。

アムール川の景色がとても好きなので、何時か必ずこの河の絵を描きます。」と、堀本恵美子は《極東メディア・ハバロフスク》のRIA通信員に語った。


展覧会で、彼女は訪問者たちに自分の絵や創作方法、また彼女の作品を観ることができる場所について詳細に語った。

彼女は重い病気を経験した後にこのような作品を描き始めた。

彼女はガンに罹り手術を受けたが、その時に臨死体験をした。そのことが彼女のそれからの人生、そして作品に大きな影響を与えたのだった。

                      [中村龍介 訳]


映像だけでなく日本語で読むとやはりよく分かります。


展覧会の詳細は、下記の「堀本惠美子展 ハバロフスク・クライ美術館」をご覧頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
 堀本惠美子ガラス絵展 (宇宙の愛のメッセージ) 
  会期 2017年12月12日(火)~23日(土)17日(日)18日(月)休み】
   午前11時~午後6時30分

 秀友画廊
  〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-1丸吉ビル 6階 
  TEL 03-3573-5335  
  [銀座シックス前の中央通りを入り一つ目の角]

​※会期中作家は毎日在廊します。​
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100という文字には何か充実した幸福感を覚える。
 4年前、画廊を初めてから40周年になるのを記念して、
100点のガラス絵展の企画をした。
ガラス絵は、今は忘れ去られた分野でもあるもしれないが、
佐藤春夫が”小さな骨董”として愛でたという逸話もあり、
オモチャのようでいて、大きなスケール感を感じさせる作品もある。
 ちょうどそのような時、堀本惠美子さんに話すと、
ぜひガラス絵に挑戦してみたいということになった。
彼女はとてもエネルギーに満ち溢れた女性アーティストで、
能面師のお父上が100歳の時、自身も100回目の個展ということで、
親子展をされたばかりであった。
 小さな島国日本には、小さな密度の高いガラス絵が
とても似合うに違いない。
Emi Asano 浅野恵巳



[作家よりメッセージ]
「宇宙の愛のメッセージ」のテーマの展覧会は25年を越えました。
7月の1ヶ月間、ロシアのハバロフスク・クライ美術館の個展も大盛況でした。
今回初めて『ガラス絵展』を開催する運びとなりました。
金箔・銀箔を使ったガラス絵の輝く宝石のような世界に魅せられました。
ガラス絵の小さな世界からも「やすらぎ」と「生きるエネルギー」を感じ取っていただければ幸いです。
 約30点の展示となります。     
               どうぞご高覧ください。                     
堀本惠美子



[略歴]
東京に生まれる。東京女子大学卒 武蔵野美術学園終了/1980~国内外の企画個展103回/ 海外展・日仏現代美術展(パリ・1982)、サージマルジス賞受賞展(ニューヨーク・1991)、ナント・パリ・コソボで個展(2002~2005)、スイス・ジュネーブアートフェア(2010)、韓国国際アートフェア(KIAF)(2010)、環太平洋アートフェスティバル・最優秀賞受賞(ロシア)(2012)、  個展(ハバロフスク)(2013), ハバロフスク・クライ美術館個展(2017)他   日本美術家連盟会員







『神話の国へ G22-2』14.8x10.4cm



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回2月の『堀本惠美子絵画展』(小田急・新宿)(2月15日~21日)の写真



(C)Emiko HORIMOTO



前回5月の『堀本惠美子絵画展』(ベルシャイン・長野県伊那市)(5月11日~16日)の写真


(C) Emiko HORIMOTO



●国外の展覧会

堀本惠美子展 ~宇宙の愛のメッセージ~
ロシア・ハバロフスク・クライ美術館
2017年7月4日(火)~30日(日)


Emiko HORIMOTO Exhibition in Russia 
Khabarovsk Krai Museum
From July 4 (Tues.) to 30(Sun.), 2017

クリックしてみてくださいね。(Russian site)

http://hkm.ru/vse-novosti/269-personalnaya-vystavka-emiko-khorimoto.html 




堀本惠美子展の会場の写真、「メッセージノート」のコメント や 堀本恵美子展の新聞『ヴェスチ』の掲載記事の和訳などを更新しました。


是非ご覧頂ければ幸いです。

堀本惠美子のホームページ 「インフォメーション」の中、「堀本惠美子展~宇宙の愛のメッセージ」

https://sites.google.com/site/emikohorimoto/information







ハバロフスク・クラーイミュージアムのまえにて





堀本惠美子レクチャーの様子






『作品』の説明をしているところ




ハバロフスク州 新聞 『ヴェスチ』 2017年7月31日
「堀本惠美子がアムールのポートレイトを描く」

https://sites.google.com/site/emikohorimoto/information


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堀本惠美子作品が【宇宙と魂】のタイトルで、日本で一番歴史のあるインテリア雑誌【どりーむ】に 草間弥生作品と共に、掲載されました。



https://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201708220000/



『いきのびるアート』中村英樹著 (法政大学出版局)(『思想』岩波書店 連載エッセイ)に
堀本惠美子作品が、『世界と日本の美術史の中、時代に挑戦した作家や作品』それぞれ約40人の中に選ばれ論評されました。(レオナルド・ダビンチ、セザンヌ、モネ、カンジンスキー、
ピカソ、、、北斎、伊藤若冲、香月泰男、李禹煥、堀本惠美子他)

https://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201601240000/

 



名古屋の坂川さん制作の下記の[ビデオレター」各々3分ずつの2本、一度是非ご覧頂ければ幸いですや

●堀本惠美子の「展覧会と収蔵品展示風景」● (ビデオレター 約3分)

Emiko HORIMOTO "Art Exhibitions & Collections"  (Japanese) (English)

http://app.talkfusion.com/newsletters/vn_view.asp?NDgzMjA4_16047579




●堀本惠美子の 「作品」紹介● (ビデオレター 約3分)

Emiko HORIMOTO "Works"   (Japanese) ( English)

http://app.talkfusion.com/newsletters/vn_view.asp?NDgzMjA5_16047579




gogle(グーグル)の堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページを作りました。

(展覧会の最新情報掲載)(Emiko HORIMOTO New Web.)(Japanese.English)

(2014年 名古屋・三越個展 小田急・新宿個展 2016年 名古屋・三越個展 札幌・三越個展 2017年 小田急・新宿個展 ロシア・ハバロフスク個展)なども掲載されています。

https://sites.google.com/site/emikohorimoto





『堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページ』

(Emiko HORIMOTO Web)
(Japanese, English, French)では2011年までの作品や展覧会、コソボの国際平和展、

収蔵先などをご紹介しています。覗いてみていただければ幸いです。

http://www.space-ao.com/








堀本惠美子(ほりもとえみこ)作品取り扱い画廊 T&T ギャラリー 

(堀本惠美子作品紹介)

http://tandt-gallery.com/artists/horimoto/index.html







堀本惠美子 アートギャラリー (日本美術倶楽部)
(Emiko HORIMOTO Art Gallery) (Japanese,English)

堀本惠美子の作品10点の紹介です

 http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/ 






『東京女子大学 活躍する卒業生』50人に堀本恵美子掲載

http://office.twcu.ac.jp/univ/career/graduate/




 私が所属している国際的なボランティア団体『東京3ゾンタクラブ』のブログは以下をご覧頂ければ幸いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/zontacluboftokyo3




ゾンタローズブログ表紙.jpg
(C) Emiko HORIMOTO



​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2017.11.15 07:13:49
コメント(20) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.