1229875 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

堀本恵美子(ほりもとえみこ)の写真日記

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

コソボ・国際平和展(IEP Kosovo)

2010.01.06
XML
Just at the beginning of the new year I received a good news;
The photos taken by me have been printed on the monthly journal "Her Story", January, 2010.
The edition introduces a famous Japanese conductor, Mr. Toshio Yanagisawa, who was selected as one of "The 100 Japanese respected by the world" of Newsweek, 2009 Japanese edition.
The photos appear on the page of "Republic of Kosovo", where Mr. Yanagisawa has been active as an orchestra conductor.


The reason why he was selected as one of the 100 Japanese is that Mr. Yanagisawa has continued his effort to reconcile the two races in Kosovo through conducting Kosovo Philharmonic.
The living conditions in Kosovo has been so hard for him. The guaranteed fee for his play is by far less than those Japanese musicians who are playing in Europe. The food he can take is all from the polluted soil. However, he has decided to stay in Kosovo, saying, "Japan is neutral in terms of race and politics. That's why I am needed by the people in Kosovo."

When I visited Kosovo, I heard about Mr. Yanagisawa. In Kosovo I held "The International Exhibition for Peace/Kosovo" amicably with Albanians and Serbians, together.
This is, I believe, because that I am a Japanese and my exhibition was intended to convey "the message of Universal Love". This also explains why I could have 12 exhibitions in a row.


I feel honored that I could have an unexpected opportunity of connection with Mr. Yanagisawa thanks to the journal.
And this is the first debute of my photos on a journal.


The two photos shown below were taken when I visited three local schools during my last trip to Kosovo.


I handed over to each of the schools the donation and the proceeds collected at "Charity Art Exhibition for the children under the civil war in Kosovo" hosted by the Zonta Club of Tokyo.
Then, I showed the boys how to fold a paper crane for peace. The left one holds the paper cranes.



20100501コソボの少年
(C) Emiko HORIMOTO







20100105コソボの少年たち
(C) Emiko HORIMOTO



The two colorful and peaceful pictures below are the paintings drawn by Kosovar children after the civil war.
I exhibited the children's paintings at various places including Hyogo Prefecture Museum, Kobe, Gallery Hibiya, Tokyo, Girl Scouts of Japan, Tokyo, Tokyu Square, Tokyo, Tsurumaki Elementary School, Tokyo and Izumi Hospital, Okinawa.



20100105コソボの子供の絵
(C) Emiko HORIMOTO

Frankly, many children in Kosovo have good art talent. I was quite impressed by their fantastic imagination.
It may have something to do with the fact that they don't have many articles as Japanese children have.

You can have a look at the arts and the children's paintings of Kosovo at this web site.
Click "International Exhibition for Peace/Kosovo" among the categories of the left.
Then, you can have an access to the diary, the latest one on the top.


quoted from the monthly journal "Her Story", January, 2010


20100105Her Story コソボ共和国 堀本写真1





20100105Her Story  コソボ共和国 堀本写真2

Translated by Dr. Ryusuke Nakamura

いつもご覧頂きありがとうございます。

「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

お帰りの際にクリックよろしくお願いしますね。心よりお礼申し上げます。


    ↓
  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

    ↓
  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



『堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページ』(Emiko HORIMOTO Web)(Japanese, English,French)では今までの作品や展覧会、収蔵先などをご紹介しています。覗いてみていただければ幸いです。

http://www.space-ao.com/

 



堀本惠美子(ホリモトエミコ)作品収蔵先風景(Emiko HORIMOTO--Collection)

http://www.space-ao.com/_jp/collection/collection.htm




堀本惠美子 アートギャラリー (日本美術倶楽部)
(Emiko HORIMOTO Art Gallery)(Japanese, English)

(堀本惠美子の作品10点の紹介です)

http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/  








最終更新日  2010.01.07 22:47:23
コメント(10) | コメントを書く


2010.01.05
お正月早々うれしいことがありました。

『世界が尊敬する日本人100』【2009年ニューズウィーク日本版】に選ばれたコソボ共和国で活躍する日本人指揮者・柳澤寿男氏を紹介する『Her Story』(2010年1月号)の《コソボ共和国》のページに、堀本撮影の写真が掲載されました。


「民族的・政治的に中立な日本人だからこそコソボで必要とされている」と、コソボに留まって、汚染された土壌で育った作物を食べるしかない過酷な状況の中で、指揮者として民族和解のために頑張っている柳澤氏が「100人の日本人」に選ばれました。

柳澤氏のことは、私がコソボに行ったときにも日本人ということで名前を聞いたことがありました。

私が、『コソボ国際平和展』をアルバニア人とセルビア人と一緒にコソボで展覧会が出来たのも、私が異国の地の出身、民族や各宗教や言葉や国を越えた『宇宙の愛のメッセージ』の展覧会だったからでした。それで展覧会を12回も続けてこられたのでした。

この雑誌が縁で、思わぬところで柳澤氏と繋がりまして光栄です。

そして、今回が私にとって、初めての雑誌への「写真」デビューです。


『コソボ国際平和展』で、展覧会のためコソボへ行った時に、コソボの小・中併設校を三校訪問したのですが、これらはその折の「写真」です。

東京でのゾンタクラブ主催の『コソボ紛争下の子供たちへのチャリティーアート展』での作品売り上げ分や寄付金を、コソボのそれぞれの学校へ届けて、『平和の折鶴』を教えたあとの帰りの写真が下記です。

20100501コソボの少年
(C) Emiko HORIMOTO







20100105コソボの少年たち
(C) Emiko HORIMOTO






下記の写真は、兵庫県立美術館(兵庫)、ギャラリー日比谷(東京)、銀座書廊(東京)、ガールスカウト日本連盟(東京)、東急スクエア(東京)区立鶴巻小学校(東京)、いずみ苑・いずみ病院(沖縄)などで展示させていただいた、コソボの子供たちの紛争後の色彩豊かな平和な作品です。

20100105コソボの子供の絵
(C) Emiko HORIMOTO



コソボの子供たちの絵の才能には目を見張るものがあります。
日本のように物が溢れていない為もあるのでしょうか、絵の好きな子が多く、空想力豊かなk子もが多いのにびっくりさせられました。

コソボのこどもの絵やアートについては下記でご覧になれます。

この日記に中の 一番上のラインにある 「home」 をクリックして、 左の欄にある「カテゴリ」 の中の 「コソボ国際平和展」をクリックしていただけると日記の記事が新しく書いた順に出てきますのでご覧いただければ幸いです。


『Her Story』(月刊ハーストーリー) 2010年1月号 (ノートルモンド社)より

20100105Her Story コソボ共和国 堀本写真1






20100105Her Story  コソボ共和国 堀本写真2

いつもご覧頂きありがとうございます。

「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

お帰りの際にクリックよろしくお願いしますね。心よりお礼申し上げます。


    ↓
  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

    ↓
  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



『堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページ』(Emiko HORIMOTO Web)(Japanese, English,French)では今までの作品や展覧会、収蔵先などをご紹介しています。覗いてみていただければ幸いです。

http://www.space-ao.com/

 



堀本惠美子(ホリモトエミコ)作品収蔵先風景(Emiko HORIMOTO--Collection)

http://www.space-ao.com/_jp/collection/collection.htm




堀本惠美子 アートギャラリー (日本美術倶楽部)
(Emiko HORIMOTO Art Gallery)(Japanese, English)

(堀本惠美子の作品10点の紹介です)

http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/  








最終更新日  2010.01.06 00:44:47
コメント(14) | コメントを書く
2009.11.09

今日11月9日(月)午後10時よりの番組。

『世界遺産への招待状』「コソボの中世建造物郡」で久しぶりにテレビで、コソボが取り上げられます。

「国際平和展・コソボ」をコソボ・フランス・日本で12回開催してきている私には見逃せない番組です。

コソボ(旧ユーゴスラビア)は東洋と西洋の境目に位置する地域で、有史以来紛争の絶えない地域です。
とりわけ宗教や民族や言葉の違いが延々と争いの元になってきています。

第12回国際平和展(2005年10月~11月)の折は、私と報道カメラマンの久保田弘信さん、通訳を引き受けてくれた浅野万里子さんの3人の日本人も現地へ行って、国立コソボアートギャラリーで大々的に『国際平和展・コソボ』開かれました。

その折の様子は下記をご覧いただければ幸いです。


堀本惠美子のホームページ の中の 国際平和展

http://www.space-ao.com/_jp/overseas/iep_history.htm

この中の「左のメニュー」から、第12回をクリックしてくだされば幸いです。



また本ブログの「home 」の中の 「カテゴリ」 の中 の 「国際平和展/コソボ」 をクリックしていただけるとご覧いただけます。


http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/200802180000/




番組をご覧いただければお分かりいただけると思いますが、今でもコソボの中では、アルバニア人と少数民族のセルビア人がいがみ合ってしばし攻撃などされている状態です。


その中で、『国際平和展・コソボ』では、アルバニア人とセルビア人の画家の作品が一緒に並びました。
このことは今でも大変に貴重な価値ある出来事になっています。






20091109セルビア正教教会
(C) Emiko HORIMOTO


雨のそぼ降る中のコソボのセルビア正教会






20091109セルビア正教会
(C) Emiko HORIMOTO


そして、展覧会関係者のアルバニア人が、セルビア正教会をセルビア人と一緒に訪問出来たのは、コソボ紛争後でこれが初めてだったようです。

これらの写真は、『国際平和展・コソボ』の大変重要な価値を示す写真でもあります。







20091109セルビア正教会
(C) Emiko HORIMOTO


セルビア正教会と修道女

教会には一緒に、展覧会関係のアルバニア人女性も行きました。
アルバニア人女性が教会内の壁に寄りかかっていたら、修道女が激しく肩を小突いて怒鳴ったのでとてもびっくりしました。

神聖な壁に寄りかかるなというのでしょう。

でもお互いのアルバニア語とセルビア語は通じないのです。

近くに住んでいても、意思を疎通させるのには英語が必要なのが現状です。

お互いのいがみ合いはただものではないというのを感じさせられた一場面でした。






20091109セルビア正教会門前のヨーロッパ連合軍兵士
(C) Emiko HORIMOTO


中の静けさとは裏腹に、正面入り口では、ヨーロッパ連合軍がアルバニア人の襲撃に備えて見張りをしていました。
今でもそれは続いているようです。


こうした、背景を知っていただき、今夜のテレビ番組を見ていただけるとうれしいです。


個々の宗教や国や民族や言葉を超えてひらかれている『国際平和展・コソボ』はまだまだ終わらせてはいけないのだと強く思う今日この頃です。
芸術はほんの少しでも、人々を繋げる一本のロープにはなりそうです。





いつもご覧頂きありがとうございます。

「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

お帰りの際にクリックよろしくお願いしますね。心よりお礼申し上げます。



    ↓
  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

    ↓
  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



『堀本惠美子(ほりもとえみこ)のホームページ』(Emiko HORIMOTO Web)(Japanese, English,French)では今までの作品や展覧会、収蔵先などをご紹介しています。覗いてみていただければ幸いです。

http://www.space-ao.com/

 





堀本惠美子(ホリモトエミコ)作品収蔵先風景(Emiko HORIMOTO--Collection)

http://www.space-ao.com/_jp/collection/collection.htm





堀本惠美子 アートギャラリー (日本美術倶楽部)
(Emiko HORIMOTO Art Gallery)(Japanese, English)

(最近の堀本惠美子作品の紹介です)

http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/  









最終更新日  2009.11.09 20:49:49
コメント(6) | コメントを書く
2008.02.19
Yesterday, on February 17th Kosovo declared Independence.
That day Albanians in Kosovo were longing for.

Many countries have clarified their positions by approving the independence of Kosovo.
They are EU countries and USA. Japan is also for the independence.
However, there still exist some uncertainties, since some countries including Russia and Rumania are against it.

The articles of Kosovar Independence were introduced on today's and yesterday's Japanese newspapers much more extensively than any other news of Kosovo ever appeared.
This probably tells that the Kosovar Independence will have a significant influence on the delicate situations of the world power balance, since Kosovo is located just in between Europe and Muslim Asia.

The relationship between Albanians and Serbians were quite unstable, and I am anxious about what happens with the new situations of Serbians in Kosovo.
I think I am well aware of the positions of both sides through the conversations I had with Albanian artists and also with Serbian artists at the exhibition in Kosovo.
I have no word to express my mixed feeling, but I only wish that the Independence will serve as the first step for PEACE avoiding any disturbance.
If a lasting peace is established at the Vulcan peninsula, the key location between West and East, I believe, even the world peace will not be a dream any longer.




20080219コソボ独立1

An Islamic mosque in Prishtinë, the capital of Kosovo

There are many mosques of this kind where Albanians visit. The looking of Albanians is more like Arabs and that of Serbians is more like Europeans, therefore it is easy to distinguish them for us, Japanese.
I felt through my conversation with them, they have different disposition from each other.




20080219コソボ独立2

A Serbian Orthodox church on a rainy day.

The church was guarded at that time by a soldier of the Alliance Force with a gun,
in order to avoid any attack by Albanians.
We together with Albanians were allowed since we were accompanied by a Serbian couple.

The sacred place of Serbian Orthodox is located in Kosovo.
That is why Serbians do not surrender the place to Albanians and continue resistance, although 90 percent of population in Kosovo are Albanians.




20080219コソボ独立3

The river at Mitrovica, north of Kosovo

The left side of the river is the residence area of Albanians, and the right side - Serbians.
The right bank reaches down to Serbia. I hear a bloody battle took place at this river.
I recognized lots of bullet marks on the concrete rail of a bridge.
There are not many Japanese who have been to this dangerous zone.
I took a chance since the exhibition was held nearby.

According to Daily Yomiuri of February 18 a hand grenade was thrown into two buildings at Mitrovica; one is EU building and the other is UN one, and both exploded.




20080219コソボ独立4

The residence of Serbians at Mitrovica

Let me pray for the safety of all Kosovar people.
I look forward to another chance to have "International Exhibition for Peace" in Kosovo, where we can exhibit paintings drawn by Albanian artists and Serbian artists together.


(Translated by Dr. Ryusuke Nakamura)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR 国立駅南口前・「たましん収蔵作品展」には、只今、堀本惠美子屏風状作品が展示されています。



         [ たましん収蔵作品展]

      2008年1月8日(火)ー3月16日(日)(入館は5時30分まで)

              月曜日・祝日休館

          入館料 100円 (中学生以下無料)

             たましん歴史・美術館

    〒186-8686 東京都国立市中 1-9-52 (JR国立駅南口駅前)

             TEL  042-572-1360

            http://www.tamashin.or.jp


20080126たましん収蔵作品展

詳細は1月20日のブログをどうぞご覧頂ければ幸いです。

3月16日まで開催されていますので、東京方面の方是非見ていただければ幸いです。


浮世絵の葛飾北斎や鳥居清長の江戸・玉川や多摩川にちなんだ名品も展示されています。

............................................................................

いつもご覧頂きありがとうございます。「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

★ ↓ 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。皆様の応援で、多くの方々へ見ていただくことが出来ますのでよろしく御願いいたします。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけると幸いです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。ありがとうございます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ



  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ










最終更新日  2008.02.19 10:55:38
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.18
コソボが2月17日に独立を宣言して1日がたちました。
コソボのアルバニア人たちにとっては、待ちに待った日です。

各国の動きも次第に明らかになってきて、日本はコソボの独立を認めることが明らかになりました。。。

EU諸国やアメリカは、コソボ独立を認め、ソ連やセルビアなどは、コソボ独立を認めていないのでまだまだ不安定要素が充満しています。。。


昨日、今日の新聞でのコソボ関係のニュースは、今までの中で一番大きく取り上げられていたようです。

それだけ、コソボ独立の問題が、世界の力関係に微妙に変化を与えてくる大きさを物語っているようです。

ヨーロッパ圏と、イスラム(アジア)圏の境目がコソボとも考えられてもいます。
 
ただでさえ不安定な状態のコソボでしたが、コソボ独立の決定をされた後の、コソボ内のセルビア人の動きがとても気になります。。。

コソボのアルバニア人とセルビア人の両方の展覧会の参加アーティスト達にお会いして、内情を聞いてきた者としては、それぞれの立場も痛いほど良く分かり、とても複雑で一言で気持ちを表現できないほどです。

ただただ、暴動が起こらず、『平和』への一歩にしてほしいと願うのみです。

東洋と西洋の要(かなめ)にあるバルカン半島に「平和」が来れば、「世界の平和」も夢幻(ゆめまぼろし)ではないと信じることが出来ます。


『国際平和展/コソボ』を2005年までの3年間に12回開催してきましたが、

★「国際平和展/コソボ」のコソボでの第12回目の展覧会のことは、「home 」の中の 「カテゴリ」 の中の 『国際平和展/コソボ』をご覧いただければ幸いです。コソボに行った時のことを中心に書いています。

★「国際平和展/コソボ」の第1回から第12回までのことは、

http://www.space-ao.com の中の 「国際平和展」に詳細を書いていますのでご覧いただければ幸いです。)



コソボの思い出の写真です。。。



20080219コソボ独立1

コソボの首都・プリシュティナのイスラム寺院

コソボのアルバニア人が通っています。こうした寺院がいたる所に建っています。

アルバニア人は、どちらかというとアラブ系の顔をしていて、セルビア人は西洋系の顔をしていますので、わたしたち日本人が見てもすぐ分かります。

お話をしていて、それぞれ気質も違うように感じました。。。





20080219コソボ独立2

コソボの中に建つ 雨に煙るセルビア正教の教会

この当時でも、門前には連合軍の兵士が銃も持って立ち、教会をアルバニア人が襲わないように見張りをしていました。
私達はアルバニア人も含めて、セルビア人夫婦と一緒でしたので中に入ることが出来ました。

セルビア正教の聖地がコソボ内にあるので、セルビア人はコソボをアルバニア人には渡せないと、今でも抵抗を緩めていないのです。

しかし、現在のコソボの90パーセントはアルバニア人なのです。






20080219コソボ独立3

コソボの北部のミトロビツァの川、この川の写真の左側がアルバニア人居住区で、右側がセルビア人居住区で、この先がセルビアに続いています。

この川では大変な争いが続き、橋の欄干のコンクリートには生々しい銃痕が無数埋まっていました。

この危険な地域に入った日本人は今でも少ないとのことです。
[国際平和展」をこの地で開いたので、入ることが出来ました。

18日の読売新聞によりますと、ミトロビツァのEUと国連の建物の2箇所に手榴弾が投げ込まれ、炸裂する事件があったとのことです。





20080219コソボ独立4

ミトロビツァのセルビア人の住む家々

コソボの皆様が、無事でいらっしゃいますように心よりお祈りしています。。。


又[国際平和展]で、コソボのアルバニア人とセルビア人の画家の絵を一緒に展示出来る日が来ることを心よりお祈りしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR 国立駅南口前・「たましん収蔵作品展」には、只今、堀本惠美子屏風状作品が展示されています。



         [ たましん収蔵作品展]

      2008年1月8日(火)ー3月16日(日)(入館は5時30分まで)

              月曜日・祝日休館

          入館料 100円 (中学生以下無料)

             たましん歴史・美術館

    〒186-8686 東京都国立市中 1-9-52 (JR国立駅南口駅前)

             TEL  042-572-1360

            http://www.tamashin.or.jp


20080126たましん収蔵作品展

詳細は1月20日のブログをどうぞご覧頂ければ幸いです。

3月16日まで開催されていますので、東京方面の方是非見ていただければ幸いです。


浮世絵の葛飾北斎や鳥居清長の江戸・玉川や多摩川にちなんだ名品も展示されています。

............................................................................

いつもご覧頂きありがとうございます。「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

★ ↓ 一日一回クリックしていただけるとうれしいです。皆様の応援で、多くの方々へ見ていただくことが出来ますのでよろしく御願いいたします。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけると幸いです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。ありがとうございます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ



  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ










最終更新日  2008.02.18 22:54:16
コメント(14) | コメントを書く
2008.01.07
皆様からたくさんのお祝いのお言葉をありがとうございました。

今まで私的なことはあまり書かなかったので、以外と思われる方も多く失礼いたしました。

娘たちとは別の所に住んでおりますので、しばらくは行き来が多くなると思いますので、いつもとは違った日記のペースとなっていますがどうぞよろしくお願いいたします。

私たちの子育てのころとは違って、実感として今はとても子供を育てるのが難しい時代になってきたように思われます。

心の荒廃もひどくなり、真に正しい教育が必要な時代にもなってきました。

そして、日本では生命的には、かなり乳児や子供の命も助かるようになってきましたが、世界を見渡すとまだまだといったところです。

子供や孫を持つと言うことは、自分を超えて生きていく命を実感するので、この宇宙の中の地球のあらゆる環境にもとても敏感になります。

そして、世界の争いがなくなるようにと言う願いも、言葉だけではなく、実行していくことで、子供や孫の世代に責任がとれるということです。

生活に根を下ろしたところからの、『宇宙の愛のメッセージ』の絵画制作、『国際平和展』をこれからも、一歩一歩やっていきたいと願います。

年頭から教示されたような1年の出発となりました。

今年はおりしも子年、出発の時です。


ところで、元旦の日の新聞に、『コソボ2月独立へ』の記事が載っていました。


この5年あまり『国際平和展・コソボ』を、コソボ、フランス、日本で12回 開いてきましたが、いよいよコソボの独立が実現するのはとても感慨ぶかいものがあります。

独立が間近かになり、ますますアルバニア人とセルビア人の争いも最終段階に入った感がします。

『国際平和展・コソボ』の折、コソボへ訪問した時の写真です。


ミトロビッツァの町

コソボの中で一番危険な地域のミトロビツァ この町に平和が訪れますように

橋には、無数の弾丸跡が生々しく残っています。


ミトロビッツァ コソボ側

『平和』を願う垂れ幕が、、、本当に平和が訪れますように。




ミトロビッツァ文化センター

『国際平和展・コソボ』が開かれた、紛争地帯にあるミトロビツァ文化センター
この危険な地域で、平和を願って、『国際平和展・コソボ 堀本惠美子展』を開いたということで、このミトロビツァの危険な橋をアルバニア側からセルビア側へ渡らせてただけ、セルビア人ともお会いできました。


コソボの画家1

コソボでの少数民族セルビア人の画家とセルビア聖教のイコン画。





コソボの画家2

コソボのアルバニア人の画家のアトリエ。紛争のひどい時には他国へ避難していました。





コソボの画家3

コソボのプリズレンに住むトルコ人の画家。トルコにもアトリエを持っています。





コソボでの展覧会 「国際平和展・コソボ」

『国際平和展・コソボ』での堀本惠美子作品





コソボでお展覧会「国際平和展・コソボ」

第12回『国際平和展・コソボ』のオープニングセレモニーの会場



第12回『国際平和展・コソボ』では、コソボのアルバニア人、セルビア人の画家の作品が一緒に展示された画期的な展覧会となりました。

再び、一緒に作品が展示される日が来ることを心より祈ります。

芸術は、民族や各宗教や言語や文化を超えて、世界がひとつに繋がる手段の一つと実感した展覧会でした。

又次の展覧会を準備中です。




『国際平和展・コソボ』の展覧会の詳細は下記をご覧いただければ幸いです。


堀本惠美子の日記の 「home 」の中の 「カテゴリ」の中の『国際平和展・コソボ』をご覧頂ければ幸いです。
コソボへ行った時のことをいろいろ記事にしています。

又、ホームページ http://www.space-ao.com  では、『国際平和展・コソボ』 の
詳細を記録していますのでこちらもご覧いただければ幸いです。


1月の展覧会では、『国際平和展・コソボ』の資料も展示しています。

コソボへ、世界へ平和が少しでも訪れることを祈っています。

皆様とお会いするのを楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

展覧会名   スペース青の会・2008展

場所     東急スクエア 第2ギャラリー(11F)(JR八王子駅北口前)
       tel.042-646-5611

期間     2008年1月9日(水)-14日(月) 10:00 a.m. ―7:00p.m.

(9日(水)は12:00-7:00 14日(月・祝)は10:00-4:00)

主宰     かわぐちアートオフィス

会場はJR八王子駅北口前にありますので、遠方からも便利なところです。

  連絡先 かわぐちアートオフィス tel.042-654-5825
      E-mail info@space-ao.com
      Web:http://space-ao.com

スペース青の会展』には、初日は全日、そのほかは午後1時から5時頃までおりますのでよろしく御願いいたします。


皆様とお会いできるのを楽しみにしています。


20071205スペース青の会2008展

............................................................................

いつもご覧頂きありがとうございます。「堀本惠美子の日記」はブログ人気ランキングに登録しています。

★ ↓ 下記のボタンを一日一回クリックしていただけるとうれしいです。皆様の応援で、多くの方々へ見ていただくことが出来ますのでよろしく御願いいたします。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけると幸いです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。ありがとうございます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ



  にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ








最終更新日  2008.01.07 23:04:14
コメント(10) | コメントを書く
2007.09.02
9月に入ると、日本では「新学期」ですね。

又新たな意欲を燃やして、「今学期は頑張ろう」という子も多いことと思います。

心を新たにする1日でもありますね。

そのような神聖な気持ちになって希望に燃えるはずの日を、苦しみで迎える子たちがいます。

学校でいじめにあっている子ども達です。

日本では「いじめ」が問題になって久しくなりますが、未だに「いじめられる子にも問題がある」という論調が絶えません。

確かに私達が、子どもの頃はその程度のいじめでしたが、今の日本のいじめは、大人の世界では、「犯罪」として罰せられるような内容のことが行われているそうです。

書くのも、はばかれますが、窃盗、傷害、脅し、暴行、女子暴行・・・とても聞くに堪えない内容です。

学校は治外法権になっていて、学校や教育委員会が表ざたにしたくない体質が、いじめをよりり増長させてしまったようです。

いじめられる子は、転校か自殺に追いやられているのが現状です。

これらは、大人の社会の反映でもあるのですが、もうほっておくことは出来ない所まで来ているようです。

大人たちが、守ってあげなければならない時がきたようです。

私は、縁あって、品川区立荏原文化センターの 「いじめは克服出来る夢は必ず実現する!」
の シンポジウム in 品川 にお手伝いで行ってきました。


20070991いじめシンポin品川

(シンポの講演会の保育室)


宮本延春先生の講演と、パネルトークです。

宮本先生は、『オール1の落ちこぼれ、教師になる』の著書で一躍有名になった愛知県の母校私立豊川高校の教諭になった方です。

今、いじめにあっていても、落ちこぼれでいても、強い夢は必ず実現するという、子ども達に夢を与えるお話です。

私が、お手伝いをしながらもれ聞こえてきた話で、とても印象に残った言葉がありました。

経済学者で、このシンポのアドバイザーでもある鈴木真実哉先生の言葉でした。

「国の教育の失政は、50年100年後、子や孫の代になって影響が出てくる」という言葉でした。

私は、本当にその通りだと身に沁みて思いました。

私は、この5年間に『国際平和展/コソボ』を12回コソボ・フランス・日本と開いてきて、とても強く感じてきたのは、各国の子どもの教育のことだったからです。

特に、コソボでは、紛争地帯にもかかわらずとても教育が熱心でした。

学校が、爆弾で破壊されているので、学校の数が足りず、朝、昼、夕方と3部制です。

こどもたちは、小学生も毎日、片道8kmの道のりを歩いていきます。

そして、特に数学などをびっしりと学んでいるそうです。
コソボの子供たちの目は輝いていました。

のんびり出来る授業が少ないので、その中での、『図画工作』は、心が開放できる唯一の授業で、とても人気があるのだそうです。

コソボに住む人の数からして、あまりにも画家の数が多い理由が理解できた気がしました。

コソボの平均年齢は、28歳だそうです。(平均寿命ではありません)

つまり、それだけ子どもの数が圧倒的に多いということです。

外国に避難している人たちも多いですが、危険な中、残っている人たちは愛国心にとても燃えています。

そして、子どもの教育や様子を見て、コソボの未来は明るく思えました。

20070902コソボの子供たち

(コソボに寄付金を送った学校3校を訪問。一番貧しい学校の生徒達。校門の入り口で私達を待っていてくれました)




20070902コソボの子どもー3

(コソボの中流家庭の子ども達が多い学校。左は女性の校長先生。真ん中は、堀本が平和の折り鶴の折り方を生徒達に教えている所)



20070902コソボの子供たちー2


(一番裕福な子ども達の多い学校。学校の壁に壁画が沢山描かれていた学校(前述の日記のコソボのページをご覧下さい)の生徒。「絵が好きですか」の質問に手を上げる生徒達)



この特殊な国に行ってみて、初めて日本は随分と甘く生きている、油断だらけで生きれる国なのだと実感しました。

厳しい情況にならないと、必死で生きられないというのでは、淋しすぎます。

日本にいても、すばらしい人間になるようにと、すばらしい家族になるようにと、すばらしい国になるようにと、すばらしい世界になるようにと生きたいと願いました。

いろいろ考えさせられた1日でした。


20070902つた



20070902hana

1.24時間いじめ相談ダイヤル

   0570-0-78310(なやみを言おう)
   文部科学省が設置したいじめの相談窓口


2. 子どもの人権110番

   0120-007-110
   (平日午前8時30分ー午後5時15分)

   全国の法務局・地法法務局および人権相談窓口


3. 警察の少年相談窓口

   各都道府県の県警本部にお問い合わせ下さい。


4. 弁護士会の相談窓口

   地元の弁護士会にお問い合わせ下さい。


5. 子ども・保育者「いじめ相談」窓口

  kodomo@mamoro.org


★ ↓ 一日一回クリックしていただけると幸いです。更新の励みになります。。。♪

★ 1日に1回、「絵画」、「マクロビオティック」で、それぞれワンクリックしていただけるとうれしいです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。

  にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ







最終更新日  2007.09.03 10:08:56
コメント(12) | コメントを書く
2007.07.08
昨日は、2007年7月7日、ぞろ目の10年に一度の777の日でした。
私のブログのネームも恵美子777です。
7は、なぜか子どもの頃から、好きな数字でした。7月生まれも関係しているかもしれません。

7月7日は、織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)の1年に1度会う、神秘の日です。東京の夜の空では、10時ごろ一瞬見えたそうです。

この神秘的な夢のある話は、私たちが国際平和展でコソボの小・中学校を訪問した折(2005年秋―ブログでも国際平和展の欄 2006年11月9日の日記にご紹介しています)、七夕の絵の描いてある、「風呂敷」を学校にプレゼントしてお話しました。

日本からのプレゼントー七夕の絵のちりめんの風呂敷

更新の励みになります。。。♪ いつも見てくださりありがとうございます。
↓一日一回クリックしていただけると幸いです。
★ 1日に1回、絵画、風景、マクロビオティックで、それぞれワンクリックしていただけるとうれしいです。

クリックしましたら、画面の左上にある"戻る"をクリックしてくださると、この画面に戻れます。

  にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ







最終更新日  2007.07.08 22:45:22
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.03
コソボのコソボナショナルアートギャラリーの館長・ルアンさんの来日が延期されていると思っていたところ、新聞でコソボのニュースを久しぶりに読みました。

国連は、コソボの”実質独立”案を提示したとのことです。
それに対し、セルビアは反発していると言うニュースです。

コソボの独立が現実のものになったのかと思って、ルアンさんたちアルバニア人の方々の喜んでいる顔が浮かびましたが、各新聞の記事を良く読んでみると、そう喜べる内容ではなさそうでした。

やはり、コソボに敵対するセルビア政府が反対しているようです。

今までのパターンと変わりません。

これから又、コソボ独立に反対するセルビア人の暴動が心配な雲行きです。


私たちがコソボへ行った時(2005年10月)には一時落ち着いていたコソボのミトロビッツァの町。
ここが、一番の紛争地帯になっているところです。コソボの中のセルビア人住居があるところです。
ここへは、アルバニア人はその当時でも危なくて入れませんでした。


ミトロビッツァの町角-1


ここが紛争の一番激しい地点。当時は道路工事も進んでいましたが。。。
私たちも緊張の中、仏軍のコソボ平和維持部隊の方と訪問しました。

危険なミトロビッツァで、平和の為に展覧会”宇宙の愛のメッセージ・国際平和展”を開いてくれたと言うことで、軍関係者の方が特別に私(同行の一行も)を案内してくださいました。
今は危険でおそらく行けないと思います。
(以前のブログ記事[home のページのカテゴリーの中のコソボ]を参照ください)


ミトロビッツァの町ー2


早く双方の民族が手を取り合う日が来ることを心より祈るばかりです。

国際平和展/コソボに、アルバニア人画家達の中にセルビア人画家が参加してくださったように、(ブログ記事の中の”コソボ”参照ください)わたしたち画家や彫刻家などが心をひとつにして、世界の平和の為にろうそくの一灯を灯し続けることが出来たならと心から願っています。


☆カウントされると励みになりますのでよろしくお願いいたします。

↓バナーへクリックお願いします☆
クリックしましたら、画面の左上にある”戻る”をクリックして下さると、この画面に戻れます。

  にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ









最終更新日  2007.02.04 18:00:21
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.14
コソボではどんな食事をしているのだろうかと、玄米菜食(マクロビオティシャン)の私は、はじめから気になっていました。

食事療法をしているので、動物製品は食べられないことを初めから伝えてありました。

コソボへ着いてすぐの夕方、ホテルの野外レストランで乾杯から始まりました。
皆アルコールには強いようです。

コソボ滞在中、本当に立派なレストランばかりに連れて行ってくださいました。
給料は、日本の10分の1ぐらいですが、物価は余り日本と変わりません。
レストランの食事代も日本並です。
どうして生活が出来ているかと不思議でしたが、国連の援助があるのでどうにか生活できているようでした。

高級そうなレストランばかりに連れって行って下さるので恐縮していると、他のところは安全な食事かどうか分からないので、大丈夫な所に案内してくださっているとのことでした。
そのお心使いにまたまた恐縮してしまいました。

私は肉はだめでしたが、コソボでチーズ類を食べないとほとんど食べられるものがないので、かなりチーズ類は戴きました。
とってもおいしいチーズでした。

一皿の量もとっても多いです。

毎回たくさんのご馳走をして下さり、私たちへの歓迎が痛いほど伝わってきました。

最後のお別れパーティーの開かれた会場は、私たちが泊まっているホテルでした。私たち以外にはあまり泊り客もいないようなホテルでこの後すぐ取り壊されることになっているようでした。
いつも私たちの貸しきり状態でレストランのサービスはとても良かったです。
壊されるホテルでしたので、部屋のあちこちには、不備が生じていましたが、、、、、。

たくさんの思い出とともに、名残惜しいお別れパーティーでした。
次には、日本で是非お迎えしたいと強く願いました。

コソボアートギャラリーのルアンさんが1月に来日予定と聞いて楽しみにしている所です。



コソボに到着して初めてのホテルの野外レストラン (関係者の方々と)
コソボ到着初めてのレストラン



山の頂上のレストランでの食事
DSCF0572.JPG



断食の時期に入っても、多くの人たちは食事やお酒を飲んでいるとのこと
DSCF0767.JPG



お別れパティーのホテルのレストラン
コソボアートギャラリイーで発行した画集に堀本の作品が掲載され、サインをしてプレゼントをしてくださるところ
画集にサインをお願いする



今回の貴重なプレゼント(コソボアートギャラリーの館長のルアンさんが自費で出版)
GAKの画集に掲載



コソボ出発間際にプリシュティナの市場を散策
DSCF0770.JPG



種類は少ないが、色とりどりのたくさんの野菜や果物たち
コソボの市場-2


コソボの平和を心から願っています。。。。。。。。。。。。













最終更新日  2006.11.15 11:02:22
コメント(2) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.