000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛娘と4匹のネコ

PR

X

全353件 (353件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

カテゴリ未分類

2018.10.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018年10月22日10時10分、最愛の愛猫くうぅちゃんが旅立ちました。
16歳でした。
私と娘のいっちゃんと看取ることが出来ました。

この日がいつかはくる覚悟はしていたつもりでしたが、一番来てほしくないとずっと思っていました。
娘が産まれる前から一緒にいたくうぅちゃんでした。

子猫と思った保護し獣医さんに見て頂いたときは驚きました。
既に一歳超えていて栄養失調のため子猫と同じ大きさになっている
と言われました。

直ぐに保護してご飯をあげたらみるみる大人体系になってしまいましたが、やはり成長期に栄養を取れなかったためでしょうか、ずっと中猫の大きさのままでした。

よく子猫に間違えられました。
捨てられた過去のせいか、愛情を求めて私たち夫婦にとても甘えていました。
可愛くてお利口で、捨てられたくないと思っていたのでしょうか?、何故かいつも必死な姿のくうぅちゃんでした。

やがて娘が産まれました。
娘が産まれたときはやきもちを焼くのではと心配しましたが、そんなことは全くなく、妹を見守る優しいお姉ちゃんのように見守っていました。
また、手もかからなくて、私たちの空気も読む気の利く猫っぽくない猫でした。
猫なんだから猫らしく甘えていいのよと声をかけてなでなでしたけど、一歩下がって譲る猫でした。
もしかしたら赤ちゃんが産まれて捨てられたのかな?と思いました。
時々不安そうに私のそばに来て「うにゃん?」と聞いて来ましたが、「大丈夫よ」と頭なでると安心して娘に私を譲り、少しだけ離れた場所で見守るように見ていました。

娘が少し大きくなったら妹のように優しく遊んだり、一緒に寝っ転がっていたり、過去のブログを見たら沢山の思い出がつまっていました。

とても大きくて素晴らしい何ものにも代え難い15年間でした。
こんな日は訪れないことをずっと願っていました。

でも、その日は予告なしにきました。
前日少しおかしいな?と思ったら翌朝は呼吸も弱くて体温も低くなり、考えたくない光景が目の前にありました。
娘ははじめて学校に嘘をついて休みました。
どうしても看取りたい、小さな姉が旅立つ瞬間を見守りたいと。

一時も離れないで傍にいました。
そして10時10分、旅立ちました。

主人はこの日に限って出張、看取ることも出来ず悔しい思いで後ろ髪をひかれる思いで行きました。
仕事に向かうために家を出ようとしたとき、くうぅちゃんは力を振り絞り頭を起こしましたが崩れました。
私は主人を呼び止めもう一度頭と体を撫でました。
お互いに永遠の別れを惜しむように。
くうぅちゃんにとって我が家で一番大好きだったのは主人でした。

一晩一緒に過ごし、23日お別れの日がきました。
娘は学校に行く前にくうぅちゃんの亡骸を抱っこし泣きながら泣きながら別れを告げて学校へ行きました。

その後、火葬場に出かけるまでの残り7時間、沢山声を掛けました。
抱っこして、くうぅちゃんの重さ感覚をしっかり記憶に残したくて。
ふさふさの毛並みの感覚を掌に手の甲に残しながら。
出棺前に綺麗な箱に入ったくうぅちゃんを運び、庭や部屋のすべてをめぐり、そこの場所であった思い出をくうぅちゃんにはなしかけながら連れて行きました。
箱には沢山のお花を入れました。

泣きながら泣きながら。

いよいよ出棺の時間になり、箱のふたを開けたまま玄関に出て外に出て家の全景を見せました。
「生まれ変われることができたら絶対にこの家に帰ってきて」
と泣きながら言いました。

箱を閉めて車の助手席にくうぅちゃんを載せて一時間ちょっとの火葬場に向かいました。
何度か助手席に病院に行くと時、キャリーバックに入れて近くの病院へ連れて行ったことがありましたが、その時は ぎゃおんぎゃおん 鳴きました。
あんな近い場所でほんのチョコっとのドライブ(笑)
でも、この日はとても悲しい初めてのロングドライブになりました。

運転しながらくうぅちゃんの入った箱に声をかけながら、そして泣きながら泣きながら涙をふきながら向かいました。

とうとうお別れの時間になりました。
炉の前で最後のお別れの時間をもらえました。
主人に電話しました。
仕事で出られない状況でない事を祈りながら。
電話に出ました。
「これが最後のお別れだから音声大きくしてONにするからくうぅちゃんに声かけてあげて」
と伝えてら、主人は泣きながら沢山くうぅちゃんにお別れを言いました。

一番傍にいて送ってあげたいのに、遠くに行く羽目になって、そんなくうぅちゃんがもっともっと二度と会えない場所に行ってしまうなんて、ダメなパパでごめんな
って泣いて言いました。

沢山沢山二人でお別れを言いました。
虹色のカーネーション「感謝」お花を添えました。
しして炉に入ってしまったくうぅちゃん
もう触ることも抱っこすることも出来ない。

あの子は特別な子でした。
嫌だよ。
別れたくないよ。
もう会えないなんて絶対にいやだよ。

お骨になって家に帰ってきたくうぅちゃんを抱きしめ、泣いて泣いて泣いて
残像求めて、家中探し回り、名前を呼んでしまう私。

こっちゃんやミーちゃんのお別れもとても辛かったけどこんなに辛くて辛くて悲しくて。
泣いてる時間が長くて、寝ても泣きながら目が覚めてしまいます。

自分の気持ちをブログに書いたり沢山泣いて泣きまくった方が良いとネットに書いてあったので、くうぅちゃんの思い出も残したいから書きました。
もう、悲しくて苦しくて胸の奥が潰れてしまいそうなくらい痛くて。

考えてみればシグナルはありました。
何故か、いつも危なっかしい場所にたたずんでいます。
踏んでしまいそうな場所にわざわざいたり、階段の踏みそうな場所にいたり、その都度危ないとしかりました。
もしかしたら、自分を気にかけてほしかったのかなと?
老猫で少しボケが入ってしまった為か、本来の甘えの猫になっていたのかも。
なのに、気が付いてあげられなくて。

もっと優しくしてあげたらよかった。
もっと抱っこしてあげればよかった。
もっとそばにいてあげたら良かった。

もっと、もっと、もっと、もっと・・・・・・・
自分を責めて責めて責めて
くうぅちゃんに謝って謝って謝って・・・
許してほしくて苦しくて苦しくて。

壊れてしまいそうになる。
このまま立ち直れることが出来るの自信が無くて。

業をしょってまた生きていくのも辛くて。
飼い主失格でもうもうもう、自分が嫌で嫌で辛いです。

くうぅちゃんに謝りたい。
逢いたい。









Last updated  2018.11.14 08:13:48
コメント(1) | コメントを書く


2017.08.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日8月17日、午後1時38分
ミーちゃんが旅立ちました。

20歳でした。
小さいころから今日までの思い出が沢山ありすぎて、涙があふれてとまりません。

生前、若くて元気だった頃のまんまるミーちゃんに、たくさんのコメントを頂き本当にありがとうございます。

ミーちゃん、大好き。
本当に今日までありがとう。
頑張ったね。

また、いつの日か生まれ変わったときは私たちの家族になってください。







Last updated  2018.11.14 08:09:58
コメント(3) | コメントを書く
2012.10.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

あまりにも久々な更新・・・

 ぎゃー

使い方完全に憶えていません。

 お友達になりたいねこちゃん

可愛く撮れたのに

画像が載せられない・・・

 要領が内容で昔の画像を消したいのですが消し方を完全に忘れた~

凄くカワイク撮れたのに(TT)

全く分からない

 やり方分かんない~~~

 いっちゃん、元気です^^

 AKBかドクターヘリのお医者さんになるのが将来の夢です。

共通点なし・・・意味が分からない

わっくん元気です。

昔の悩みはなんやら・・・

やんちゃすぎて40代の母にはもう付いてけません><

髪の毛切る前は年中女のこの間違われていましたがやっと

男の子に見られました・・・

娘の学校は今秋休みです。

私の子供の頃はそんなものなかったのに・・・

なので最終日明日から2日間旅行に行ってきます。

写真の削除(あまりしたくないのですが・・・)

やり方教えてください。

本当に憶えていない。

前はちゃんと出来たのに~~~

 明日は私が運転しま~す

伊豆に行きます^^

では、いってきま~~~す!!







Last updated  2012.10.08 23:16:41
コメント(6) | コメントを書く
2011.09.20
カテゴリ:カテゴリ未分類

本当に何年ぶりに書いたんでしょうか?

今日、悲しい出来事がありました。

役14年間一緒に過ごしたこっちゃんが天国に旅立ちました。

家族同然で過ごしていましたが、出産後殆どそばに来てはもらえず私には家庭内野良猫状態でした。

今日、天国に旅立ちました。

赤ちゃんの頃から知っていた、頭の良い、美人で賢くて他の3匹たちのママみたいなん猫でした。

 こっちゃん、14年間一緒に同じ屋根の下で暮らしてくれて有難う。

最後の数日間、病院へ連れて行って怖い思いをさせてしまってごめんね。

怖い思いをさせちゃっらからもっともっと嫌われちゃったよね。

でも、もっと早く気が付いていたらもっともっと生きれたかもしれないね。

死んでしまった今日、本当に何年ぶりに抱っこしました。

まだぬくもりが残っていて、胸が張り裂けそうなくらい苦しくなりました。

涙が止まらなくて、自分を責めて責めて・・・

もっと、仲良くしたかった。

今日のこの思いを忘れたくないから更新しました。

ありがとう。こっちゃん。

本当にありがとう。

どうか、安らかに眠ってください。

そして、みーちゃん・くうぅちゃん・クロクロと私の家族を見守ってあげてください。

本当に有難う。

 







Last updated  2011.09.21 00:22:32
コメント(6) | コメントを書く
2010.09.03
カテゴリ:カテゴリ未分類

お恥ずがしながら・・・

どうか、スルーしてください

愚痴です

単なる愚痴です

 

今、とても酔っ払っています。

 大丈夫

育児放棄はしていません

ちゃんと、わっくんもいっちゃんのお世話は出来るレベルです。

 

最近、とても疲れてしまって

イライラとストレスがたまって

自分の時間も当然無いし、

かと言って、母は当の昔に他界

親戚は遠い地域で

頼れる身内は全然いないから

産後ずっとずっと

私の馬鹿な知識ではあるけど、

もちろん、勉強だって学生の頃から全然出来なかった馬鹿娘だけど

学歴も資格も何も無い馬鹿な母親だけど

私は私なりに頑張ってきたつもりでした。

頼れる親も居ないで

相談も出来ないいで

二人の可愛い子供を育ててきたけど

なんだか

たった一言がきっかけで

私の生き方が全面否定された気分で

悔しくて悲しくて憎くて思いっきり泣いてしまいました。

怒りの気持ちが顔にでていたのでしょう・・・

いっちゃんもわっくんも私を見て泣いてしまいました。

 

その時泣いていた時は私一人だけで

子供に自分の姿を見られて泣かせてしまうなんてなんてなさけないんでしょう・・・

母親として情けないです。

どんな思いで私の姿が子供の目に映っていたんだろうと思うと

情けなくて・・・

確かに最近疲れています。

毎晩殆ど眠っていません

でも、毎日毎晩頑張ってきました。

でも、悔しいです。

私以外の家族(親族)ははっきり言って子供や孫の可愛いすがたしかみていません。

それはどこの家も当然

 川崎病だって、転んで舌を切って大怪我した姿のいっちゃんやNICUで可愛そうな姿をしていたわっくんをずっと見ていた、見てきたのは結局私だけだった。

私以外の身内は可愛い姿の孫や子供の姿だけ。

見ていただけで

何一つ協力してくれない身内と家族

だったら、ほっといてほしい。

いつも頑張っているのに、私は私なりで精一杯頑張っていたつもりなのに

知らないくせに何も知らないくせに何でそんな風に

 

でも一番悲しいのは、泣いている姿をいっちゃんに見られたこと

そして、そんな私を見ていっちゃんが泣いてしまったこと。

 

最低だよね・・・

今日も私は本当にだめな母親です。

不器用で馬鹿で駄目な母親です。

情けないです。

 

私の言葉や考えははすべて否定されるみたいだね。

私は何なんだろうね。

今日はとても疲れてしまいまいした。

 

 愚痴を聞いてくれてくれたあなた・・・

 

ありがとうございます。

 

 







Last updated  2010.09.04 00:05:18
コメント(3) | コメントを書く
2010.07.10
カテゴリ:カテゴリ未分類

お久しぶりです

実はずっと更新しようと頑張っていましたが

今まで使っていたパソコンがずいぶん前に壊れてしまい

主人から譲り受けたWindows7なのですが

どうしてもうまく使えなくて

更新の途中で消えたり、勝手に前の画面になったり飛んだりで

ぜんぜん操作できません。

画像の貼り付けもこれが限度で

 またいつ、この画面が消えるか怖い状態です。

主人に言ったのですが

『俺のときはこんな事は無いからわからん』

との事で、

ただ単に私と相性が悪いだけなのでしょうか?

誰か知っていたら教えてください。

 

じつは今更なのですがブログをやめようと思います。

どうしてもパソ君がうまく扱えなくて時間もかかり

赤ちゃんのお世話でとても時間がありません。

 

せめて前のパソコンのように扱えれば良いのですが・・・

 今まで遊んで頂き、励まして頂き本当に有難うございました。

時々遊びに行ったり、足跡をつけたりしますが

その時は遊んでくださいね^^

 

いっちゃんとわっくんはとても仲良しで

よく歌ったり踊ったりしてわっくんを笑わせてくれて

家事の忙しい時間とてもたすかっています。

120-1.jpg

310-1.jpg

猫もみんな元気です。

ただ、写真をぜんぜん撮らせてくれません(TT)

クロクロは相変わらずですが少しは距離が近づいたかな?

004.JPG

わっくんも元気になって大きくなりました。

顔もふっくらして離乳食大好きな子です。

胃逆位の事も検査後問題なく、

脾臓も小さいのがたくさん在るタイプで

特に問題が無いとの事で元気で安心しています。

あまりの食欲で胃逆位の事を忘れてしまうほどです。

 

わっくんはよく『パパにそっくり』と

ご近所や幼稚園のママに言われます。

今6ヶ月になりました。

0ヶ月の頃は2人ともなんとなく顔が似ていたのですが

今はぜんぜん違います^^

 

それでは

また、もし時間に余裕ができたらまた始めてみたいなと思っています。

 

それでは毎日暑いですがお元気にお過ごしてください。

長い間有難うございました。

 

 

 







Last updated  2010.07.10 11:49:20
コメント(18) | コメントを書く
2010.01.24
カテゴリ:カテゴリ未分類

おそくなりましたが、1月22日金曜日に

わっくんが我が家にやってきました。

外泊扱いの退院?です。

まだもう少し先になると思っていたのですが

水曜あたりにお話がきて、主人も金曜なら都合が良いので

 一人でお迎えとかは大変なので急遽金曜日に決定しました。

なのでこの水・木曜の2日間は

わっくんを迎ええる為の掃除や片付けや買い足りないものなど

色々とバタバタして大変でした。

そして22日NICUを退院しました。

今後は小児科扱いの病棟になりますが、

こども医療センターから検査のお知らせがきたので

2月8日に小児科を退院する事になります。

翌日9日にいよいよ精密検査に行きますが、どのように勧めていくのか

全くわからないので不安です。

 

5年半ぶりの赤ちゃんの育児・・・

覚悟はしていましたがやはり大変です。

2人目なのでいっちゃんの時よりは落ち着いてはいますが

寝不足でフラフラです。

わっくんが眠った時に一緒にお昼ね・・・と言いたいですが

寝たと思ったら待っていたかのようにいっちゃんが遊ぼうと言います。

なのでここの所毎日の睡眠時間が3~5時間くらいです。

でも、待ちに待った4人家族の生活。

クタクタですが頑張っています。

 明日からいっちゃんは幼稚園なので

午前中はわっくんと一緒に寝ようとおもっています。

 

出産して4週間ぶりに直接対面したいっちゃん。

幼稚園バスから跳んで降りてパパと帰ってきました。

どうなるかドキドキでしたが

弟との生活を楽しみにしていたらしく、喜んでくれたので安心しました。

 それどころか、ミルクや沐浴をやりたがって困っています。

勝手に抱っこしようとしていた時は本気でビックリしました。

『く・・・首がー!!!』

って思わず叫んでしまいましたが

抱っこする前だったので大丈夫でした。

 

それから猫たちですが

こっちゃんは警戒して相変わらずの家庭内野良猫状態です。

 クロクロは階段でオドオドしています。

くうぅちゃんはそれほど気にしていませんが私の気を引けなくなってしまったようで

寂しそうにしてる感じがします。

でも、大丈夫そうです。

みーちゃんは、わっくんが寝ている時に来たので、その時は赤ちゃんが

部屋に居る事に気がついていなかったらしく、

わっくんが大声で泣き出した瞬間に

『事の重大さに今更気がついた』

って顔をしてとんで行ってしまいましたが、直に普通の生活に戻っていました。

間抜けなのか何なのか・・・相変わらず面白い猫です。

 

まだまだ育児になれなくて睡眠不足でフラフラですが

落ち着いてきた頃にまた更新します。

 

なかよし.JPG

カメラ目線頂きました!!やはり似ていると思います。

じ~.JPG

おねえちゃんが気になるらしくてじ~・・・とずっと見つめていました。

やはりにてる.JPG

しぐさも似ている・・・

自分を「おねえちゃんなのよ」としきりにわっくんに言ったり、

「可愛い~」と言って優しくしてくれるので安心しました。

わっくんもいっちゃんが傍にいると安心するらしく

泣き止んだり、じ~っとずっつ見つめています。

 







Last updated  2010.01.24 15:28:52
コメント(7) | コメントを書く
2010.01.18
カテゴリ:カテゴリ未分類

いつも暖かいお言葉と励ましの言葉をかけてくれてありがとう御座います。

また、お返事を書くのも遅くなってしまった上に、

ブログへの訪問や足跡すらつけられなくて本当にすみません。

毎日の午前午後の面会と

午後の面会後のいっちゃんの幼稚園への延長保育後のお迎えと

その後の買い物と家事でクタクタで眠るの時間も足りなくて

更新も訪問もなかなかできません。

落ち着いたり時間が取れたときには是非訪問させてた抱きたいと思っています。

本当にごめんなさい。

 

わっくんなのですが、前回のブログで

『検査結果に退院のメドが着く』とお話を書いたと思いますが

残念ながら退院はまだ先になってしまいました。

まだ、鼻がつまり気味で痰もたまに出るらしく

看護師さんによるチューブによる吸引がまだ必要の可能性がある為

もう一週間経過観察したいと言われました。

 

ちょっとガッカリしましたが、常夏のような病院の環境から

冬の我が家に帰ってきて、鼻をズビズビさせているわっくんを見て

オロオロするよりも、完全看護で信頼出来るスタッフに囲まれている上に

環境のいい空間に居る方が安心かと思ったので入院の延長を承諾しました。

 

まだ書いてはいませんでしたが、産まれてすぐのころ

先生に検査の前から言われていたのですが

レントゲン写真を見ると胃が他の人と違って逆に写っていました。

マレにいるそうで、会社の健康診断や成人になっても気がつかなかった人もいるそうで

ただ単に逆について産まれたっというパターンも少なくないらしく

たまたまわっくんの場合は今回の事情によってレントゲン撮影により分かったのです。

ただ、その胃の固定が悪くて『パタン』と反対に回転してしまって逆になっている場合も

あるので、その場合は母乳やミルクの流れが悪くなって悪影響が出るため

胃の流れを見る為、食道から胃へ→胃から十二指腸への流れが出来ているか

を見る為、木曜の午後ミルクにバリウムを混ぜて飲ませて

胃の流れを調べる検査を急遽始めました。

結果はなんとも無く流れていたので、胃が逆向きについていたのだろうとなたのですが

その胃の為、脾臓と言う臓器が見つからなかったのです。

CT・MRIでも見つけられなくて、普通の胃ならばレントゲンで見えるのに

脾臓が胃の裏にある為、写らなかったのか無いのかがわからないのです。

また、胃が逆と言う事は、他にも万が一臓器に異常や奇形が無いともいえないので

専門の病院で精密検査を受ける事になりました。

よくテレビでやっている『こども医療センター』です。

そこで検査をして問題がなければ今の病院で月1回くらいの通院となります。

なので、退院してしまうと、もし何かあった時、小児科から初めから手続きしなければ

いけないので、こども医療センターへの紹介所を送った後(既に送っていますが)

病院にベットの席だけ残すという形で、

こども医療センターから連絡がくるまで外泊扱いにすることになりました。

こども医療センターといえば重症化した子供が多い病院でよくテレビでみます。

まさか、自分の子供が関わるなんておもいもしなかったので

私も主人もショックでした。

また、行った事もないので場所も把握できていないし、

主人が仕事で休めそうjもないので多分私一人でいく事になりそうです。

主人の会社も、もっと人間的に理解と配慮をしてもらえないものかと

とても不満と苛立ちを感じています。

散々私の入院と出産で休んだ分、3月末まで仕事ギッチリで日曜さえ当てにならず

わっくんの初めての外泊の日も出来れば新生児を連れて帰る日だけは

一緒にいて欲しかったのですが、私だけ迎えに行くことになりそうです。

まして、こども医療センターは産後2ヶ月経っていればいいのですが、

未だまだ1ヶ月も経っていないのに、

ただせさえ不安なのに、もっと不安の要素増えてしまい

また疲れが溜まってきてしまっています。

一体どうなるのだろうか、いつになったら普通に赤ちゃんと生活ができるのか

わっくんの体は大丈夫なのか・・・

悩みは尽きません。

 

でも、うじうじしていたら、いっちゃんやわっくんに伝わってしまいますよね。

とにかく前向きに考えて頑張っていかないと・・・と、

考えるように考えていけるように努力していこうと思っています。

 

 

まだまだ忙しくて、落ち着きませんが、

本当に優しいお言葉と励ましの言葉をありがとう御座います。

 

また、なにか分かったら時間ができたら(多分早朝)報告しようと思っています。

meme.JPG

目がパッチリ開くようになってきましたピンクハート 

ぱ.JPG

なんとなく笑い顔(親ばか)

にてる?.JPG にてる.JPG

横の写真はいっちゃんの赤ちゃんの頃です。看護師さん達から似ていると言われます。

ぎゃ~.JPG グググ.JPG

お腹がすくと本当に激しいです。

でも抱っこすれば大丈夫ですピンクハート

 







Last updated  2010.01.18 08:54:00
コメント(5) | コメントを書く
2010.01.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

沢山の暖かい言葉を本当にありがとう御座いました。

本当に励まされました。

また、とても救われました。

 

わっくんは、おかげさまでとても順調に回復しています。

7日の朝、わっくんの所へ行ったら、胃につながっていた鼻にあったチューブが

無くなって、スッキリした顔になっていました。

そして、保育器の酸素も点滴もとれていました。

そして、この日の朝、2分程度でしたが保育器のタオルシーツを変えている間でしたが

10日ぶりに抱っこが出来ました。

とても嬉しくて嬉しくて感動しました。

 午前中の面会時間の間、私の顔はずっと笑顔のまま、

わっくんを見つめていたと思います。

タオルがすき~.JPG

そして、午後の面会に行ったらわっくんは保育器から出ていました。

コットという赤ちゃん用のベットの中にいました。

そして哺乳瓶で直接ミルクを与える事ができました。

おいし~.JPG

このまま順調なら、翌日は沐浴とおっぱいからの授乳を始めてみる事に。

午前と午後の展開に、またまた嬉しくて私はどんな顔をしていたんでしょうか・・・ぽっ

 

8日の午前に、病院へ行ったらわっくんはスッキリした顔になっていました。

わっくんにとって産まれて初めての沐浴を看護師さんにしてもらえました。

そして11日ぶりにおっぱいによる授乳。

ちょっと痛かったけど、嬉しかったです。

わっくんも私もまだヘタッピでぎこちなかったですが、少しずつ練習して行こうと言う事になり、片方5分ずつ2クールで赤ちゃんが疲れない程度にして、その後ミルクをあげましたが量が50ccなっていたのには驚きました。

わずか1日をはさんで倍に量が増えているなんてビックリでしたが普通に考えたら

ごく普通の量だったのですね^^;

 

9日の午前も授乳、なかなか上手に飲めません。

そして、午後は看護師さんに沐浴のやり方を教えてもらいました。

沐浴前に『やってみる?』って聞かれましたが5年半ぶりなので

まずは見学させてもらう事にしました。

明日はいよいよ私がやりますが・・・ドキドキです。

 

10日の午前の面会、看護師さんから自立授乳に切り替えると言われました。

1日8回の授乳から5回に変える事になりました。

入院中にキツイ時期を終わらせてもらっちゃったんですね。。。

一気に80ccタップリの量を簡単にのんでしまいます。

母乳はやはり少しずつしか飲めません。

毎日搾乳した母乳を持って行っていてるのを授乳時間に粉ミルクに

混ぜてもらっているので便秘はしていないと言われたので

安心しています。

搾乳量も日々増えていっていますが、やはり赤ちゃんにしっかり吸ってもらうのが

一番良いのですが・・・練習練習・・・雫

午後、5年半ぶりに赤ちゃんの沐浴をしました。

看護師さんがそばにいてくれたので心強かったですが、ぎこちなかったせいか

わっくんに泣かれてしまいました雫

わっくんごめんね~失敗

また、12日の午後、退院に向けての検査をすると言われました。

結果後、問題がなければ今週末に退院となる事になりました。

思っていたよりも早い展開で嬉しかったですピンクハート

グッスリ.JPG

 

11日、午前はいつものように母乳と哺乳をしました。

毎回この1時間半はあっという間に授乳と哺乳と飲み残っている母乳の搾乳で

面会時間が終わってしまいまいます。

午後の面会、母乳の量は10gですが最高記録雫の量を飲みました。

その後ミルクも全部のんでしまったので全部で90ccのみました。

お腹いっぱいで気持ちよかったのか

沐浴も気持良さそうな顔をしてもらいながら出、来ました。

そして、あっと言う間にグッスリ眠ってしまいました^^

zzz.JPG

そして今日12日からいっちゃんは幼稚園始業式です。

わっくんと私の入院中はパパが冬休みだったので

いっちゃんは自分の家に居ることができたのと

わっくんが入院中もパパやおじいちゃんに見てもらったので

私も病院へ毎日通う事もできました。

 

12日・13日は幼稚園は午前中なので病院は午後は行けません。

また、今日12日の午後は、いよいよわっくんの検査なのでお見舞いにいっても

病室にはずっといない状態ですので来ない方が良いと言われたので

午後は私が切迫早産で入院してしまった為にキャンセルしてしまった

季節性インフルエンザの予防接種を受ける事になっています。

入院中にうけたかったのですが、季節性のワクチンは既に在庫が無いと言われ、

恥ずかしながら今頃受ける事になりました。

13日の午後はいっちゃんがまだ新型インフルエンザの予防摂取を

受けていないので注射をする為、わっくんの面会は午前だけです。

小児科の先生に『今頃けるんですか???』って怒られてしまいましたが

切迫早産と出産で時間が取れなかったのと、やはり0歳児がいるから

家族が予防接種を受けておく方が安心とNICUでも言われたので受ける事になりました。

今日の検査結果は明日か明後日に分かります。

木・金は幼稚園は1日保育なので追加料金の延長保育をお願いして午前午後に

NICUに通う事にしていますが、

『おかあさん、退院したらずっとあえるんですから、今のうちに体を万全にした方がいいですよ・・・。まだパジャマの生活の時期なんですから無理しないでください』

っと、注意を受けてしまいました・・・

そういえば・・・最近目眩もするなぁ・・・

たしかに、家事も普通にしてるし、パジャマ生活なんて全然してないし、

主人にも怒られてしまいました。

 

今日と明日の午後は大した注射以外は大した用事もないので

ゆっくりいっちゃんと過ごそうとおもっています。

 

いっちゃんもやはり、不安なのかな・・・

甘えん坊になってきています。

甘えてきても、そうでなくても『こっちにおいで』と言って

『赤ちゃんが産まれたらいっぱい抱っこしてあげられるからね』

の、約束をしたお話をした後、約束通り抱っこしてあげています。

1年前に比べて重くなったなぁ~って本当に感じました。

 

さて、検査結果はどうなるかまだ分かりませんが

今月中に家族4人の生活がスタートするといいなぁ・・・と思っています。

 







Last updated  2010.01.12 08:00:31
コメント(12) | コメントを書く
2010.01.06
カテゴリ:カテゴリ未分類

12月26日に退院の報告の更新が終わってから

2日後の夜、やたらとお腹が張り、変な微妙な鈍痛が頻繁に続くので

今夜なのかなぁ・・・でも、予定日は来年の12日だし・・・

と、思っていたのですが、おしるしの量と張りと軽い前駆陣痛が

15分~20分おきになってきたのですが

陣痛ってもっと痛かったからこんな軽いものじゃないと思いつつ不安なので

夜中の12時過ぎに一応病院に連絡したら

『一時間様子を見て電話してください』と言われてパパには仮眠をとってもらい

一時間後、あまり変わらないし、どうしようかなぁ・・・と、考えていて胡坐をかいたら

いきなり破水してしまいビックリ!!

破水の経験が無かったのであわてて

病院へ連絡したら激しい陣痛が始まり声がうまく出せなくなってしまいました。

パパを起こしていっちゃんを起こしに行ったらいっちゃんは爆睡中なのでとりあえず

病院は車で5分程度の所なのでとりあえず留守番させて

大至急病院へ・・・

病院に着いたけど歩くのも辛くて車椅子に乗るのも苦しくてやっとの思いで陣痛室へ。

2時半過ぎに病院へついて1時間くらい陣痛室に居た後、直に分娩室に移動して

12月29日午前4時32分に2,580gの男の子を出産しました。

2時間ばかり赤ちゃんと横になって過ごし軽く抱っことマネっぽい授乳をしたあと

赤ちゃんとバイバイして31日の授乳指導にむけて体を休ませる事に。

でも、そこからが辛い日々になりました。

30日の午後、小児科の先生がきてお話があると言われ、

もの凄い不安が走りました。

話は新生児呼吸障害・・・の疑い。

とりあえず保育器に入って様子を見て改善すれば普通に母乳

と言うことになりました。

「心配はない」とは言われましたが、その場は聞いていただけでしたが

授乳時間に他のママたちが赤ちゃんに母乳をあげている姿を見ながら

保育器の中の赤ちゃんに哺乳瓶であげている自分が悲しくなってしまいました。

先生の説明も不安でベットに戻った後、自分を責めて泣きました。

翌日、レントゲンで肺に羊水を確認。

再度小児科の先生からお話があり

『新生児室から小児科のNICUへ移動します』

と、伝えられて私の赤ちゃんは新生児室からいなくなってしまいました。

それから私の涙腺が壊れちゃったのか声が出せなくなりました。

看護師さん来て食事の量とか体温とか毎回聞きに来るのですが

何を聞かれても答えようとすると涙が出て声がちゃんとした声が

出せなくなってしまうのです。

また、私の部屋の隣が新生児室なので、授乳時間になると

赤ちゃんとママの声がとてもよく聞こえてくるので

辛くて、そんな自分が情けなくてまる一日泣きっぱなしでした。

NICUに移動した日、1時に赤ちゃんに面会しに行ったら

ミルクを飲むと気管支に入り、気管支炎や肺炎を起こす可能性があるため

鼻からチューブが入り、胃に直接流れるようになっていて

痰が出るため、抗生物質の点滴と心音とか常に聞く為のパルス計みたいなもの

4つが付いていました。

呼吸を楽にする為、保育器の中の酸素を高くする処置がしていました。

良くなるどころか1日づつ悪くなり、付属されるものが増えていく姿に

可哀想でまた自分を責めました。

『お母さんのせいではないのよ』と言われても、無理。

狭い産道を通って産まれて来る時、肺に入っている羊水が搾り出されて

出てくるものなのですが、まれに私の赤ちゃんのように産まれてくる事があるそうです。

でも、なんでそのまれな状態に産んでしまったんだろう・・・と責めました。

産科の部屋に戻ると授乳室の新生児室の声が夜も夜中も聞こえます。

とうとう眠れないのと、まともに話せないので安定剤と睡眠薬を処方してもたいました。

薬のおかげで泣くのも抑えられて、夜も眠れました。

ただ、この薬を飲んでから24時間はおっぱいは使えないと言われました。

搾乳して、赤ちゃんのミルクに混ぜるという事でした。

母乳をあげてる皆の部屋で私だけ一人混ざって搾乳?

なんでそんな惨い事を私にさせようとするんだろう

と、思いました。

でも、母乳は赤ちゃんに一番の栄養なので、

いっちゃんの時、吸いが悪くて出も悪くなっていたので

今回もちゃんとしっかり母乳が出る自信も私には無かったのですが

練習がてらでボールをもらい試しの搾乳を自分の部屋のベットでならの条件で

搾乳しましたが、最初はほんの10CC程度。

でも黄色い初乳は一番栄養と免疫があるから沢山出るようになるように

頑張って練習しました。

そして、とても小さい体で一番頑張っているのは本当は私の赤ちゃんなんだと

思い直し、薬を止めて、出た食事は全ておっぱいになるように残さず食べました。

一番皮肉な『おめでとう御座います』と言われて出された

『お祝い善』

これも辛かったですが、赤ちゃんが産まれたことによって用意された

赤ちゃんからの私へのプレゼントだと思い、とても多い量でしたが

全部食べました。

そして薬を止めて24時間後、搾乳を始めました。

授乳室ではやらないで自分のベットで搾乳するという条件で。

だって、情けないですが、やっぱり赤ちゃんを抱っこして母乳あげている姿を見ると

辛くなってしまいますから。

それに、出産したその時に抱っこしたっきりで

あの日以来、一度も抱っこも母乳もあげていないのです。

搾乳の量は練習の頃からちょっとずつ量が増えていきました。

赤ちゃんのミルクの量は一回20CCなので、まずは目標20CCを目指しましたが

なかなか増えません。翌日、20CC出るようになり、もっと上を目指して頑張りましす。

そして入院中、NICUの午前と午後の1時間半の面会時間、

毎日通い、線だらけで頑張っている赤ちゃんの頭や顔、背中やお腹を

撫でたり、トントンしたりしにずっと会いに行きました。

たまに痰を取る吸入に遭遇した時は泣いている赤ちゃんを見て辛かったですが

私も泣かずに頑張ろうと思いました。

そして4日の退院の日、本来ならば赤ちゃんと一緒に退院するのですが

NICUにいる私の赤ちゃんに

『一緒に帰れなくてごめんね』と言って帰りました。

また、ちょっと泣いちゃいましたが・・・

少しずつ酸素の濃度は下がってきていると言われましたが、

まだ肺はあまり変化がないとのことでした。

出産したのですが家に赤ちゃんがいないので実感がわきません。

出産時間は短かったとは言え、あんなに痛かったのに。

出産時間が短い分、一気に来るので痛みも苦しさも体力的にも

もの凄く出産を実感出来ていたのですが

ポッカリ穴が開いてしまった気分です。

毎日赤ちゃんのいる病院へ面会時間に行き、搾乳した母乳を持って行くのですが

産後2~3週間はパジャマで生活と言われていて、

産後は体がキツイから病院へ来るのは無理をしない程度でと言われていますが

今は赤ちゃんが家に居ないし、他のママみたいに大変なお世話もないから

私的には大丈夫と思って退院した翌日車に一人で乗って

搾乳した母乳を届けに行ってしまいました。

やはり会えないのはとても辛くて、会いたくてしょうがなくなってしまいました。

でも、会っていて1時間位したら頭痛が始まってしまいました。

これが産後に関係あるのか分かりませんが、

それでも午後また会いに行ってしまいました。

実は午前中、産まれて約1週間ぶりに哺乳瓶で25CC飲んでみる事になったのです。

それだけでも嬉しかったです。

もの凄い上手な飲みっぷりで、5分で飲みきってしまいました。

午後1時に今度は30CCで飲ませてみると言われたので、どうなったか、

朝のミルクが肺に悪い影響を出していないか気になってしまい、行ってしまいました。

聞いたら30CCを3分で飲んでしまったそうです。

このまま問題なければ胃につながっているチューブを外せるそうです。

肺はまだ変わっていませんが、ほんの少しずつ回復しているように思います。

赤ちゃんが30CCの飲むようになったのならば私も目標30CC以上絞れるようにしないと。

明日からおじいちゃんが3日間来てくれるので午前午後両方行けます。

日・月はパパがお休みなのでこの時も午前午後に行けるし、火曜から

いっちゃんは幼稚園が始まるので今度は気兼ねなく赤ちゃんに会いに行けます。

今は痛々しい姿ですが、退院したら赤ちゃんらしい可愛い姿で

紹介できたらと思っています。

わっくん.JPG

ニックネームがつけずらいのですが『わっくん』でどうでしょうか^^;

愛おしい思い.JPG

早く哺乳器の外でこうやって握って欲しいです。

早く抱っこしたいです。

そしておっぱい飲ませて、声をかけたいな・・・

 







Last updated  2010.01.06 12:20:13
コメント(20) | コメントを書く

全353件 (353件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >


© Rakuten Group, Inc.