000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

engawanekoのぽてぽて日記

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

事故

2007年08月24日
XML
カテゴリ:事故
四つ葉
昨年の8月25日に福岡市の『海の中道大橋』で起きた
幼児3人が両親の必死の救出活動にもかかわらず亡くなった事故

皆さんの記憶にも
まだ
残っていらっしゃることと思います

事故を起こしたのは当時福岡市職員だった
今林 大(ふとし)被告(23)
事件後救出活動を手伝うどころか
そのまま逃げ
友人に水を持ってこさせがぶ飲みし血中アルコール度を下げ
酒気帯び程度になってから出頭しました

自分のことしか考えていない人間の愚行ですムカッ


それから約1年後の今日
またもや
福岡市職員が飲酒運転事故を起こしました

事故を起こしたのは
福岡市早良区役所入部(いるべ)出張所市民係の
糸川琢磨(たくま)職員(42)

出張所での勤務後
本庁近辺で催された役所の懇親会に出席し
かなりの量の飲酒をしたようです
自宅最寄の駅までは電車に乗り
そこから
たった150円の駐輪代を惜しみ 翌日取りに来るのも面倒臭がり
原付バイクに乗って帰途に着いてしまいました
そして
信号機のない交差点で一時停止を無視して交差点内に進入し
会社員(55)の乗用車に衝突したそうです

不幸中の幸いか
糸川職員は足を骨折したものの
衝突された車の会社員に怪我はなかったそうです


地元では折りしも
大上さんのご家族の事故から丸1年になるのを前に
飲酒運転撲滅への気運も高まり
菩提寺の妙徳禅寺(福岡市東区)で
亡くなった3人のお子さんを偲んで
400人超の地域住民などの寄付金で建立された
3体の地蔵に魂を入れる『開眼供養』が
行われたのだそうです

その日になぜ
このような事故を起こせるのでしょうか

なぜ
「自分だけは…」という気持ちと無責任さが起こるのでしょうか?

そして更に腹が立った怒ってるのは
この事故について記者会見した福岡市市長・吉田 宏氏の発言です

記者会見では
「大変申し訳ございませんでした」
と何度も頭を下げ
「市を挙げて取り組んできたことが一体何だったのか 痛恨の極みだ
 取り組みに甘さがあったと言わざる得ない」
と陳謝していましたがその一方で
「いろいろな偶然が重なった」
「やろうと思ってやったわけではない」
などとも述べています

信じられない発言です!

事故を起こした職員は
当然 懲戒解雇になるのでしょうけれど
こんなことが言える市長にも辞めてもらいたいですバツ


楽天ブログ★アクセスランキング

人気blogランキングへ

↑ 参加しています
   2「ポチッ☆」としてくださると嬉しいですm(_ _)m






最終更新日  2007年08月26日 19時14分56秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年08月20日
カテゴリ:事故
四つ葉

クマ夫くまと2人で続けている
地元の神社への参拝から戻り
落ち着いてからTVテレビをつけると
生中継の映像が
目に飛び込んできました

那覇空港で
到着した中華航空機が爆発炎上
乗客157名 乗務員8人 計163人
全員無事!!


爆発後だったとみえて
黒煙をもくもくと上げて
機体の左側が燃えていました

その後の報道では
10:28に着陸し10:32にターミナルに到着した時に
外にいた整備員が
右主翼から燃料漏れと黒煙を発見
乗員は1分半で乗客を機外に非難させたあと
10:35 機長が操縦席の窓から避難している最中に
大きな爆発が起きた炎
とのことでした

中華航空は
事故が多い航空会社
全員無事だったとはいえ
最新鋭の機体で起きた事故です
原因をしっかりと究明してもらいたいものです


楽天ブログ★アクセスランキング

人気blogランキングへ

↑ 参加しています
   2「ポチッ☆」としてくださると嬉しいですm(_ _)m






最終更新日  2007年08月24日 16時42分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月20日
カテゴリ:事故
四つ葉
渋谷区松濤の女性専用スパの爆発事故
従業員が3人亡くなったようですね

合掌


住宅地の中にある
女性専用の温泉施設

施設側としては
温泉の管理に関して外部に全面的に任せていたようで
ご自分たちでは
温泉についての勉強を
ほとんどしなかったのでしょう

昨日
女性社長などが
血色を失った表情で謝罪会見を行っていましたけど
親会社も含め
補償問題
逃げないでほしいですね


楽天ブログ★アクセスランキング

人気blogランキングへ

↑ 参加しています
   2「ポチッ☆」としてくださると嬉しいですm(_ _)m






最終更新日  2007年06月21日 00時04分57秒
コメント(2) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.