2004.07.07

AERA特集「ブログの時代がやってきた」でカレン社長Blog紹介

カテゴリ:ブログ道
今週発売のAERA 2004/7/12号の特集記事(P.16~)
「ブログの時代がやってきた」に、

私が社外取締役を勤めているカレンのWEBサイトと、
山内善行社長のブログ(BLOG=ウェブログ)が紹介されています。




その記事のタイトル・コピー・リードが判りやすくて素晴らしいので
ご紹介させていただきますと.....

─────────────────────────────────
【ブログの時代がやってきた】 ビジネスに生かす
               ライフスタイルを変える
─────────────────────────────────
  相手の「顔」が見える。だから変な誹謗・中傷がはびこらない。
  しかも、ホームページをつくるよりずっと簡単。
  ビジネスに。新しいライフスタイルに。
  米国で爆発した「ブログ」が日本も変えるのか。
───────────────────────────────── 


また、WEBサイトには、こんな目次も....

─────────────────────────────────
 ブログライフの時代が来た
 さらば2ちゃんねる
 西村管理人激白「誰かに譲ってもいい」
─────────────────────────────────

昨年の暮れから、月に一度の取締役会のたびに、
ブログ・ブログと呪文のように繰り返してきた私ですが....

今どき、ホームページをリニューアルしただけで
カレンのサイトが、日経本紙に取り上げられたのは、
ブログという「まだよくわからないキーワード」のおかげでしょう。

そして、今回は、社長のベストメッセージングBlogが、
AERAにも紹介されて、大変、ありがたいことです。

近い将来、企業経営者が、ブログを使って、

CR(顧客向け)
PR(社会向け)
IR(投資家向け)
ER(従業員向け)
RR(入社希望者向け)

に、一度に情報発信をするスタイルが、
半ば常識になるでしょう。

ニコッと笑った写真つきの「社長ごあいさつ」ページだけ、
社長室長にでも作らせてお終いというわけにはいかなくなるのです。

BLOGは、経営者のみならず、政治家、コンサルタント、大学教授、
タレントなど、世のあらゆるオピニオンリーダーにとって、
半ば名刺代わり、半ばファンクラブ会報がわりになるでしょう。

ところが、ただ、BLOGを書けばいいというわけではありません。

メールならば、作法の世界で済ますことこともできたでしょう。
しかし、BLOGでは、大げさに言えば、全人格と生き様が問われます。

ご迷惑がかかるので、公言できませんが....あるキーマンの
「日本の社長にBLOGに耐えうる人がどれだけいるか?」という
発言が、本当かどうか証明されるのは、あと3~5年後。

「社長ブログ必須時代」では、株価までもがブログで動くでしょう。


 ▼AERA
  http://www3.asahi.com/opendoors/zasshi/aera/

 ▼カレン
  http://www.current.co.jp/


久米 信行縁尋奇妙
http://kume.jp
http://t-galaxy.com/news/
http://jentle.co.jp/
http://t-galaxy.com/





TWITTER

Last updated  2004.07.07 14:57:21