452217 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

drop of water

2020.01.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
気候変動などによって、将来、今の生活レベルより50%ぐらい不便になるのなら、

今のうちから15%ぐらい不便をしておき、それ以上不便にならないようにしたらどうだろう?

・・・という発想で「不便の党」が設立されて選挙に立候補したら、

変なカルト集団みたいな政党よりも票が入って、地方や国の議員が誕生したりしないでしょうか?

将来のためにコツコツ貯金したり、保険に入って万が一に備える発想があるのなら、不便の党に投票するのもアリではないでしょうか?

地球温暖化対策の話になるとよく聞く、「今の生活レベルを落とさずに」という決まり文句を今だに使える人は、相当鈍いです。

自然災害に遭わなければ人生は安泰かもしれませんが、もし被害に遭えば、少なくとも人生の3割ぐらいは台無しになります。

そして、そういう被害に遭う人がどんどん増えていくと、世の中全体に悪影響が浸透していきます。

今、15%の不便をあえて受け入れることで、そうなるのを遅らせたり食い止めたりできる可能性は、もしかするとあるかもしれません。






Last updated  2020.01.20 20:27:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.