047161 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆Walking in Jesus☆

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

お勧めのCD&本、etc...

2007年06月08日
XML

こんにちは~大笑い

前回の日記から一週間くらいたっちゃいましたびっくり

なるべく頻繁に書こう書こうと思ってるけど、ついつい感覚があいちゃってます。

こんな感じですが、今後ともどうぞよろしくお願いしますウィンク

   

さてさて、おとといですが、横浜にあるライフセンターというキリスト教書店でCDDVDを買いました音符

ミクタムの新しいCDDVDです。

これがそうです↓

070608_04480001


CDDVDのジャケットです。

書いてあるとおりなんですが、今年でミクタムは30周年きらきらりぼん

ミクタムの存在って、日本のキリスト教界の中でもの凄く大きいと思います。

キリスト教界の中で賛美に影響をかなり与えただろうって思います。

個人的には十数年前に行われたジェリコジャパンとかマーチフォージーザスとか、とても印象的でした。

  

で、CDDVDなんですが、とってもいいですよ~音符ちょき

”His Grace”っていうタイトルだけあって、聞いているとイエス様の恵み深さをじんわりと感じてきます。

選曲もとってもいいです。

バランスが取れてて曲の運びもいいし、流れもとってもいい。

聞いていて主の臨在に浸り、とっても恵まれます。

  
  

    全てが新しい

悲しみの代わりに喜びの油を注ぎ

憂いの心から感謝と賛美へ導く

主イエスの名を呼ぶ者は暗闇から光りへ

古いものは過ぎ去って 今全てが新しい

ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ

主の名をたたえよう 主の名をたたえよう



賛美はいいですよね~音符音符音符

今日も主の御名を崇め、賛美して、礼拝する一日となりますように四つ葉

ではではウィンクバイバイ



  


=================================== 

※いつもありがとうございます。
今、「スィーツバイブル」というメールマガジンを発行しています。新約聖書ヨハネによる福音書からのバイブルメッセージを毎週金曜日にお送りしてます。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト

上のメールマガジン発行サイトの名前をクリックして、そこの登録フォームにご自身のメールアドレスを入力して登録してください。
ぜひぜひご登録してくださればと心から願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

またお友達や教会の方にも紹介してくださるととってもうれしいです。

 

また同じ内容をスィーツバイブルというブログでもやってます。

ここです。

是非お越しください☆

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>   








最終更新日  2007年06月08日 05時24分43秒
コメント(2) | コメントを書く


2007年05月19日

こんにちは~大笑い

今日は天気が良くて暖かいっていうか、暑いぐらいの一日でした音符

天気晴れがいいとやっぱり気持ちいいスマイル

ホッとしますハート(手書き)

でも不思議ですね。

天気のが良いかどうかで気分が違うんですからねウィンク音符

   

さてさて、今日は夕方まで出かけてて、夕方からDVDを見ました。

ザ・ホープっていうDVDです。

070519_19010001

  

これなんですが、教会の牧師から、これ見てみてって言われて借りたんです。

見終わった後、学びとか伝道とかで使えるかどうか教えて欲しいと言われて。

  

で、見たんですけど、とってもよかったです☆

これ、創世記1章から使徒の働きまでを80分という時間でまとめた内容です。

で、ナレーターが、神様が聖書全体のストーリーについて語り、見る人が聖書とは何かがわかるようになっている形です。

天地創造、サタンについて、アダムとエバの罪についてを最初に語られ、その後、その罪からの解放のために神様がどんなことをされたのかを聖書に書いてあることをそのまま語ることで紹介しているのです。

そしてナレーターに合わせて、その場面の内容の映画が映し出されているのです。

ビジュアル的にもとっても良かったです。

ヒストリーチャンネルとかの番組に出てきそうな感じのDVDでした。

  

これ、見ていて感じたんですが、アダムとエバが罪を犯し、それが伝染病のように代々続いて今日に至ったんですが、その罪からの解放の道をあの最初の人アダムたちが犯したその時から用意されていたんだなって感じました。

彼らが罪を犯したとき、最初に気付いたのは二人が裸だったこと。

神様はそれを隠すために、動物の皮を裂いて衣を作り、彼らに与えました。

その時に血が流されたんですが、これこそがイエス様の十字架の絵だったんです。

  

その後、ノアの洪水がありましたが、これも実はイエス様の十字架の救いの絵です。

ノアの造った箱船に入ることで、ノア一家と動物たちが洪水から救われました。

同じようにイエス様の十字架の救いを受け入れることで、救いの箱船に入れるんです。

  

その後アブラハムが出てきて、神様がアブラハムに、彼の子孫が海の砂くらいになるということを語られました。

そしてその子孫こそがイエス様です。

そしてついに生まれた息子イサク。

神様はアブラハムにイサクをささげるように命じました。

アブラハムはイサクをささげるために山に連れて行き、イサクにナイフを刺そうと振り上げたその時、神様はアブラハムにそれを止めさせました。

その代わりに雄羊がそこにいて、それを屠ってささげました。

これこそイエス様の十字架の姿です。

  

その後出エジプトました。そのきっかけとなったのが過越しと言われた出来事です。

神様がモーセにイスラエル人たちをエジプトから脱出させるためにあらゆる奇跡を行われましたが、最後にそこに住んでいる初子は全員死ぬという奇跡を行われました。

でもその時、羊を屠って、家の鴨居にその血を塗った家の初子は助かる。その血の鴨居を神様は過ぎ越されると約束して、実際そうなったのです。

これはイエス様の十字架そのものの絵です。

イエス様の十字架、それは罪のない神であられるお方であるイエス様が人間となり、御自身が罪赦されるためのささげものの羊となり、十字架にかかったのです。そしてその流された血とささげられたイエス様を見て、父なる神様は罪を赦し、無いものとしてくださったのです。

そして出エジプト、その後律法が与えられ、動物のささげものによる罪の赦しが律法で決められました。

そしてイエス様の誕生、十字架、復活です。

その後ペンテコステと進んでいきます。

その流れがナレーターの語りでビンビンと伝わってきます☆

  

070519_19030001

 

ちょっと読みづらいんですが、これがDVDのパッケージの裏に書いてあった説明。

とても励まされたし、神様がどんなに私たちを愛してくださっているのかが伝わってきました。

聖書に興味がある方とか、救われたばかりの方にお勧めです。

もちろんクリスチャンのベテランさんもですよグッド

皆さんの教会や個人、また伝道や学び会等で使えます。

  

改めて感じましたが、聖書はいいですね~ハート

  

これ、出所がどうやらバプテスト宣教団、バプテストメディアセンターというところの様です。

最初どこから入手したんだか良くわかんなかったんですが、DVDの最後でバプテスト宣教団と書いてあったので、多分その中にメディアセンターがあるから、そこで作成されたのだろうと思います。

直接問い合わせてみてください。

  

明日は礼拝ですね☆

それぞれの教会の礼拝が恵みに満ちた時となりますように四つ葉

ではでは大笑いバイバイ

  

=================================== 

※いつもありがとうございます。
今、「スィーツバイブル」というメールマガジンを発行しています。新約聖書ヨハネによる福音書からのバイブルメッセージを毎週金曜日にお送りしてます。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト

上のメールマガジン発行サイトの名前をクリックして、そこの登録フォームにご自身のメールアドレスを入力して登録してください。
ぜひぜひご登録してくださればと心から願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

またお友達や教会の方にも紹介してくださるととってもうれしいです。

  

また同じ内容をスィーツバイブルというブログでもやってます。

ここです。

是非お越しください☆

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>   







最終更新日  2007年05月20日 00時16分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月19日

こんにちは~スマイル

今日も朝から寒かったですね~。

とっても天気は良かったんですが、風がとっても冷たかったです。。。

まだ後数日、こんな天気が続くみたい。

体調には気を付けなくっちゃですねウィンク

 

さてさて、日曜日は午後から教会で「エレミヤ」っていう映画を見ました。

この映画、いろんなことを考えさせられました。

 

エレミヤは旧約聖書のエレミヤ書の著者。

彼は「涙の預言者」って言われる程に最悪の状況で預言をした人です。

 

エレミヤが預言をした場所はエルサレムがあるユダという王国。南イスラエルです。

そこで彼がまだまだ若かった頃に神様から「預言するように」と命じられました。

最初「まだ若いから」って言って断ったんですが、それでも神様は彼の唇に触れられ、エレミヤに必要な言葉を授けました。

 

彼が預言した時代背景ですが、ユダ王国は最悪の状態。国は堕落しきっていて、神殿はあるのですが、偶像礼拝をしたり、姦淫が横行したり、盗みや殺人などもありました。

また国自体も不安定で、エジプトと同盟状態でかろうじて国として維持出来ているような状態でした。

敵国バビロンからはいつも脅威にさらされていて、いつバビロン軍によって責められてもおかしくない状態でした。

でもユダ王国はエジプトと同盟国だから大丈夫だと信じていました。

 

しかし神様の計画は逆で、バビロン軍を使ってユダ王国を滅ぼそうとしていました。

それは意地悪で潰すんじゃなくて、余りにもこの国が堕落しきって、神様を無視して自分勝手に生活し、その中身たるや乱れきっている状態だったので、一度潰し、再び御自身の方法によって建て直すという計画だったのです。

ただしユダ王国が心から悔い改めて、神様の前に立ち返るならば、滅びることはない。

そしてバビロンに降伏することだと伝えました。

  

エレミヤにそれを当時の王様であるゼデキヤ王に伝えるように神様は命じたのです。

エレミヤはゼデキヤ王に、そして民に伝えました。

しかしそれを聞いた王や周りにいた人たちは怒りに燃えました。

そして違う預言者たちが出てきて、「『ユダ王国は永遠に滅ぼされない。エジプトが守るから大丈夫だ。心配することはない』と主は仰せられる」と王に言いました。

王もエレミヤ以外の王を信じると言ったのです。

 

エレミヤはその結果、牢屋に何度も入れられたり、泥だらけの洞穴に入れられたりして、さんざん苦しめられました。

それでも彼は預言することを止めず、王に、そして民に悔い改めて神様に立ち返るよう命じました。

 

エレミヤが王に言った言葉がとっても印象的でした。

王はいつも民や同盟国エジプトの事ばかり気にして、その顔色をいつもいつも伺っていました。

その結果偶像を作ることを許可し、偶像礼拝が当たり前の状態となり、姦淫も日常茶飯事、国全体が乱れてしまいました。

王はエジプトによって守られているとはいえ、実はバビロンがもの凄く怖く、自分が彼らに殺されるのではないかという恐れに満たされていました。

エレミヤはそのゼデキヤ王にこう言ったのです。「周りの民やエジプトやバビロンを見るのではなく、真の神様だけを見なさい」って。

 

ほんとそうですよね。神様は真実なお方。このお方ほど頼りになるお方はないです。

ところが人を恐れちゃったり、周りの影響を恐れて、人の意見とか目を気にして、周りの状況に合わせちゃうんですよね。
  

 

そしてエレミヤの預言通り、バビロンが責めて来たのです!

その最中、エレミヤはこんな預言をしました。

  

わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。

イスラエルよ。おののくない。

見よ。わたしが、あなたを遠くから、あなたの子孫を補囚の地から、救うからだ。

ヤコブは帰って来て、平穏に安らかに生き、おびえさせる者はだれもいない。

わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。

ー主の御告げー

わたしがあなたとともにいるからだ。

わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。

わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。

公儀によって、あなたを懲らしめ、あなたを罰せずにおくことは決してないが。

(エレミヤ書47章27~28節)

 

これが神様のご計画なんですね。

神様の方法を見るとき、その時はわからなくても、神様はいつも最善を尽くされているんだなって思わされます。

そしてこれが神様の愛なんだなって思いました。

  

結局ユダ王国は滅び、エルサレムの神殿は見事に滅び、民は補囚としてバビロンに連れて行かれました。

エルサレムはかつての荘厳さはみじんもなく、全くの焼け野原となりました。

ところがエレミヤはそういう中で助かったんです。

その時牢に入れられていたんですが、バビロン軍が助け、自由の身となったのです。

まさに自分の預言通りとなりましたね。

  

最後、エレミヤが焼け野原のエルサレムを見て、こんなことを言いました。

「ここに再び神殿が再建する。そして人々の心にも造られる」

  

映画を見終わって、暫くみんなで感想を話しました。

みんなの一致した感想は、神様を第一とすることです。

預言者の難しさということも話に出ましたね。

エレミヤ書をこの機会、もう一度読んでみようっていう人もいました。

  

神様の前に自分はどうだろうって思わされます。

神様は常に変わらず愛に満ちておられるお方。

そして映画の最後のシーンのセリフ、「人々の心の中にも造られる」

まさに今、イエス様が十字架にかかられたことによって、神様との関係が回復し、ぼくたちの内側には神殿が出来ています。

聖書は私たちの体が神殿だって掻いてありますね。

その私たちの内にはイエス様がおられます。

このお方との関係をもっともっと深めていきたいなって思わされました。

そして神様にいつも信頼する者でありたいですね。

神様の愛の中にいつも留まっていたいです。

  

このエレミヤ、ま、映画なので若干着色がありましたが、この映画を通して多くのことを教えられました。

神様の愛、私たちは時に「何で???」って思わされる事、ありますよね。

映画でもユダの王の側近たちが「神様が特別に選び愛されているこの国を御自身が滅ぼすなど絶対にありえない。だからエレミヤは偽預言者だ!」って言って、心を頑なにして反発しました。

これと同じような状況ってありますね。

でも神様は私たちを本当に深く愛されているから、時にそういう状況に置かれ、造り直そうとされているんだなって、今回教えられました。

ここに神様の愛があるんですね☆

  

そんなことを今回教えられました☆

エレミヤ、内側の深い部分で考えさせられた映画です(^o^)

ただ残念なことに、このビデオ、もう絶品だそうです。

う~~~ん。。。

やっぱり聖書はいいですね☆

  

ではでは大笑いバイバイ

  

=================================== 

※いつもありがとうございます。
今、「スィーツバイブル」というメールマガジンを発行しています。新約聖書ヨハネによる福音書からのバイブルメッセージを毎週金曜日にお送りしてます。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト

上のメールマガジン発行サイトの名前をクリックして、そこの登録フォームにご自身のメールアドレスを入力して登録してください。
ぜひぜひご登録してくださればと心から願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

またお友達や教会の方にも紹介してくださるととってもうれしいです。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>   







最終更新日  2007年03月20日 07時58分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月02日

こんにちは~ スマイル

今日は土曜日、一日予定が入っていなかったので家でDVDを見てました。

何のDVDかと言うと、「十字架ーイエスは中国におられるー」というDVDです。

これ、すご~~~~~~くインパクトのある内容のDVDでした。

    

中国はご存じの通り、毛沢東の文化大革命以来、宗教への弾圧、特にキリスト教への弾圧がもの凄いです。

一応対外的に良く見せる為に三時愛教会という政府公認の教会はあります。

しかし多くの人はそこに席を置くことを拒否しています。

それは一つには政教分離(政治と教会とを分離すること)に乗っ取ってということ、

そしてもう一つは三時愛教会教会は完全に国家が支配している教会で、神様の上に政府があるという状態で、そこの牧師の信仰自体も霊的に死んだような状態だそうです。

それで中国のクリスチャンの多くはそこには登録しません。

    

ではどうしているのかというと、「家の教会」と言われている形で礼拝を守っています。

彼らは密かな場所で礼拝をしています。

そのドキュメンタリーがDVDの内容でした。

こちらでサンプルが見れますので、どうぞ見てみてくださいグッド

それとご購入はこちらからどうぞ♪

    

このビデオ4本セットで、中国で今何が起きているのかを紹介しています。

そして彼らがどのようにしてイエス様と出会ったか、どのような信仰なのか、今どう変えられているのかということを、その人自身の証しという形で紹介しています。

そして彼らの賛美や礼拝のシーンも映し出されていますが、一人一人心から喜んで礼拝しているんです。

顔を見ればわかります。みんな生き生きしてるんです。

    

でも実際はとんでもなく大変な中を通っています。

中国は三自愛教会の会員以外のキリスト教活動は違法行為と見なし、伝道など以ての外です。

その為、家の教会のリーダーたちは何度となく逮捕され、15~20年以上も牢屋の中に入れられ、強制労働をさせられることとなってしまっています。

また警察の暴力も酷く、体中のあらゆるところを殴られたり、電気の棒でたたかれたりしたそうです。

しかも男だけじゃなくて、女性もです!

   

でも彼らは決して信仰を捨てることはしません。逆に強められ、どんな苦しいところであっても主に祈り、主から力を得ています。

そして今家の教会は中国中にあり、10万人以上の人たちが救われてクリスチャンとなっています。

彼らの信仰は命がけであり、主への信頼が深いです。

涙を流しながら、中国の祝福を祈っている姿が印象的でした。

   

10回も11回も逮捕されている人はざらです。

でもその中でイエス様の十字架を実体験し、その捕まえた公安の人たちや政府のために日々祈っていると言っていました。

どの人も公安や政府を恨んだり怒ったりしてないし、彼らはイエス様を知らないから誤解してこのようなことをしていると言っていました。

   

このDVD、以前から興味があったのですが、昨日急に翌日の土曜日、つまり今日見たい!っていう思いが来て、午前中に出先から携帯でライフセンターというキリスト教書店に電話して、翌日着で取り寄せたんです。

そして見て正解でした。

いろんなことを考えさせられました。

そして自分の信仰はどうなのかって本当に深く考えさせられました。

   

彼らは聖書の使徒行伝の現代版みたいでした。

洗礼式が川でなされていて、受けるために何十人と行列してたんです。

その並んでる表情、受けた時の表情は何とも言えない穏やかで喜びに満ちた表情です。

   

一つのみことばを思いました。

それはルカによる福音書9章23節です。

わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。

自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである。(ルカ9:23~24)

  

DVDを見て、このみことばが心に来ました。

彼らはこのみことばを実践しているんだって感じました。

   

このDVDを見て強く感じたのは、中国と同じように日本もそうなんだなっていうことです。

中国はキリスト教を弾圧し、経済が発展して物に溢れている状態です。

人々がお金が全て状態でいます。

愛が冷えて、麻薬やお酒やたばこにおぼれていく人、風俗などで欲求を満たす人々、そういう状態だそうです。

彼らに必要なのは神様の愛です。

その愛の種がその人の内側に蒔かれた時、それが成長し、大河を流れる川となってその人の内側からいのちの水が流れ出ていくのです。

多くの人はその経験をし、イエス様を信じてクリスチャンとなった後は、もう麻薬もお酒もたばこからも解放され、もう手を出さななくなりました。

そして夫婦の関係が回復し、本当に麗しい夫婦愛で満ちています。

   

同じ事が日本にも必要なんだなって強く感じました。

今朝の新聞のトップ記事に16歳の少年が1年前に自分の両親を殺害し、結果実刑となったと書いてありました。

少年は幼い頃から愛を感じられず、未熟なままで15歳という年齢に達してしまったとのこと、

その結果が両親殺害です。

考えさせられてしまいます。。。。

いじめの問題もそうですよね。

政府はどうにかしようとやっきになっていますが、本当に必要なものは神様の愛なんですよね。

日本人にしろ中国人にしろ、この神様の愛の種が蒔かれた時、その種が彼らの内側で生長し、いのちの水で溢れ流れていく。

今の日本に本当に必要なものこそこれだって痛感しました。

   

そしてぼくたちクリスチャンは農夫なんだなって感じました。

神様の愛という種を蒔いて、必要な肥料を与えて育てていく。

でも成長させるのは神様。

クリスチャンとはお百姓さんなんだって感じました。

   

その他にもいろいろと感じました。

祈りとか、みことばへの態度とか、いろんなことを思わされ、祈らされています。

   

ともかくお勧めです。

ぜひ一度見てみたらいいと思います。

今日はそんな土曜日でしたスマイル   

ではではウィンクバイバイ

   

※いつもありがとうございます。
 今、「スィーツバイブル」というメールマガジンを発行しています。新約聖書ヨハネによる福音書からのバイブルメッセージを毎週金曜日にお送りしてます。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト

上のメールマガジン発行サイトの名前をクリックして、そこの登録フォームにご自身のメールアドレスを入力して登録してください。
ぜひぜひご登録してくださればと心から願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

またお友達や教会の方にも紹介してくださるととってもうれしいです。どうぞよろしくお願いします<(_ _)>   







最終更新日  2006年12月03日 00時51分02秒
コメント(10) | コメントを書く
2006年05月03日

こんにちはスマイル
今週の月曜日の夕方過ぎ、横浜駅近くの「ライフセンター」というキリスト教の専門書店に行きました。

それはリックウォーレンという人の書いた「人生を導く5つの目的」(The Purpose Driven)という本を買おうと思ってです。

この本自体はもう3年ぐらいにアメリカで出版され、その後日本語にも訳された本で、その当時ベストセラーとなった本です。

アメリカで強盗犯の人がある女性の家に忍び込み、その女性を人質に逃げ込んだところ、ちょうどその女性がこの本を読んでいて、犯人が何気なく置いてあったこの本をパラパラと読んでいる内に悔い改めて自首をしたそうです。

その後この本が全米中で大ヒットしたそうで、CNNに著者のリックウォーレンが出演していたのを見ました。

☆★☆★☆★☆★☆★

ぼく自身もこの本の評判についてはその当時から聞いていて、「読んでよかったよ~」っていう何人かの人の話しも聞きました。まだ日本語に訳される前から「アマゾンで買って読んでるんだぁ~」って見せてももらいました。

それで読もう、読もうとは思っていたのですが、気づいてみたら今になってしまったのです。

で、今いろいろと悩み祈っていることがあって、そういうこともあって、月曜日の朝、急に夜横浜に行って買おう!グッドって思い立って買いに行きましたウィンク足跡

それで帰りの電車の中でパラパラ~と見て、昨日、今日と1章ずつ読んだのですが、とっても励まされました。

特に心に残った部分を紹介しますきらきら

キリストにあってのみ、私たちは自分が何者であり、何のために生きているのかを知ることができるのです。私たちが最初にキリストについて聞き、希望を持つようになる遥か昔から、主は私たちに目を留め、私たちに輝かしい生き方を用意しておられました。すなわち、あらゆる事柄の中に、またすべての人の中に働いておられる主の大いなる目的の一部を私たちを担うようにと計画しておられたのです。

ラッセル・ケルファーという人の詩です;

あなたはある理由のために存在しています。
あなたは細かく精密な計画の一部を担っている存在です。
あなたは尊い存在であり、
しかもこの世に二つとないデザインで造られ、
神の目にかけがいのない女性、あるいは男性と呼ばれます。
あなたが今の姿でいるのには理由があります。
私たちの神に失敗はあり得ません。
神はあなたを母の胎の中で育まれました。
あなたは神が望まれた通りの姿をしているのです。

あなたにその両親を選ばれたのは神です。
どう感じようとも、あなたは神が望まれた通りにデザインされ、
主の証印を押されています。

あなたが受けたあの心の傷は決して軽くはありませんでした。
しかし、あなたがその傷に苦しむ度に神も涙を流しておられました。
やがてそれはあなたの心の糧となり、
あなたは成長して神に似た者とされました。

あなたがあなたであるのには理由があります。
あなたは主の鞭によって整えられてきました。
あなたはありのままで愛されています。
そのような神がおられるのです。

 

今、聞け、わたしのしもべヤコブ、わたしの選んだイスラエルよ。
あなたを造り、あなたを助ける主はこう仰せられる。
『恐れるな。わたしのしもべヤコブ、わたしの選んだエシュルンよ』
」(イザヤ書44:1)

御子は、見えない神のかたちであり、造られたすべてのものより先に生まれた方です。
なぜなら、万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです。
」(コロサイ1:15~16)

ぼく自身が主からどのように見られているのか、その愛深さをしみじみと味わっています。
主が与えてくださっているその御計画に忠実に従う者でありたいですね四つ葉

ではではバイバイ







最終更新日  2006年05月03日 13時34分32秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年03月25日
こんばんはスマイル
今日は朝から晴れ、とっても気持ちが良かったです。それと桜さくらもまだ2~3部咲きですが、咲いていましたきらきら

さてさて今日はワーシップCDを注文しました。「テリー・マックアルモン」という人のCDです。

この人はアメリカのワールドプレイヤセンターというところで毎週水曜日のお昼に開かれている礼拝を導いている人で、そのほかにも全米のいろんな教会に招かれているようです。

で、ぼくはこの人のライブCDを全部持っているんですが、とってもいいです。彼のCDを聞いていると、どんどんと引き込まれて、思いが主へと向かっていきます。そして礼拝に導かれ、その回りが主の臨在で満たされます。

で、最近この人のベストアルバムが出たので購入しました。

と言ってもアメリカのワーシップCDやDVDの専門ショップからのネットでの注文ですからうちに届くまで約2週間です。

また届いたら感想を報告しますね。

そう、このCDはここをクリックするとそのCDの購入ページに行きます。それとすべての曲を視聴できますよ♪♪

日本からも簡単にクレジットカードで購入できます。フォームは英語ですが、でも名前と住所と電話番号、Eメールアドレス、クレジットカードの番号を記入するだけですからそんなに難しくないと思います。

お勧めですグッド♪♪♪

ではではバイバイ






最終更新日  2006年03月26日 01時36分44秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.