5543663 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

社交ダンスA級への道

2021/11/20
XML
テーマ:社交ダンス(6760)
カテゴリ:アニメのはなし
池袋の都市伝説デュラララ!!の続編が2015年から2016年にかけて放送されました。

デュラララ!!×2の承・転・結、それぞれ12話ずつのお話です。

第一期は各話タイトルが四字熟語でしたが、第二期は『百聞は一見に如かず』のようなことわざになっていました。

モスクワは涙を信じない(泣いたところで誰も助けてはくれない)とか、人の踊るときは踊れ(皆がするときは自分も一緒にせよ)なんていうのは聞いたことがなかったので、勉強になりました。





池袋を舞台に巻き起こったカオスは一応収束して半年が経ちました。

ネット上で作られたダラーズというチームは増殖を続けています。

創始者である真面目な高校生ミカドの許容範囲を超えるワルたちも参入してきて、仲の良いお友達サークルではなくなってしまったことにミカドは憂いていました。





そんなミカドの心の隙間をつく形で、元ブルースクエアーというカラーギャングたちが彼を持ち上げ、ダラーズの粛清にかかるんですね。

ヤクザも絡んできたりしてミカドは次第に行き場を失っていきます。





カラーギャング黄巾賊のリーダーだったマサオミは、学校を離れ元カノと身を隠していました。

しかし親友のミカドがとんでもない状況に追い込まれているのを知って、池袋に戻ってくるんです。





切り裂き魔事件で妖刀『罪歌』の餌食となった民衆はその宿主の支配下におかれ、ゾンビのように池袋の街を徘徊するようになります。

この妖刀使いは複数いて、後から切ったものが支配者になるようなんです。

ミカドとマサオミが好意を寄せていた同級生のアンリも妖刀使いの一人で、街に溢れた赤目の人々の暴走を止めようと奔走します。





不死身で無敵だった首なしライダーのセルティにも凄腕の白バイ隊員という天敵が登場します。

さらに罪歌の使い手の一人、クジラギという女性にも、同棲するシンラを取られそうになって人間の形を留められないほど動揺したり。





池袋最強のシズオにはロシア美人の後輩ができます。

しかし彼女の最大の目的はシズオとの一騎討ちでした。

高校の時からの宿敵オリハラと、ついに雌雄を決する時が訪れます。





あっちもこっちもぐちゃぐちゃで、八方塞がりの池袋でした。

埼玉の暴走族やら、ヤクザやら、赤目のゾンビやら。

ダラーズのお目付役だった門田もひき逃げされて意識不明、デュラハンのセルティも黒い雲みたいなものになってしまうし。





原作は、成田良悟によるライトノベル。

『罪歌』に斬られたグレーな人々のその後が、ちょっと気になりました。







Last updated  2021/11/23 08:34:25 AM
コメント(2) | コメントを書く
[アニメのはなし] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Category

Profile


StarTrees

Calendar


© Rakuten Group, Inc.