4800854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

社交ダンスA級への道

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

アートのはなし

2021/01/02
XML
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
ところざわサクラタウンに行ってきました。





KADOKAWAによる日本初のコンテンツモールが埼玉県の東所沢に2020年グランドオープン。

建物自体もかっこいいんです。




ホテルや劇場、ミュージアムなどを含む複合施設になっています。





日本のアニメ文化をクールに演出。

仏像になったウルトラ兄弟に子供がかぶりついてました。





紅白 … [続きを読む >>]





Last updated  2021/01/03 10:51:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/12/20
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
パリのルーブル美術館で、他の絵画よりもより厳重に守られて展示されているレオナルド・ダ・ヴィンチの傑作『モナリザ』は、なぜイタリアではなくフランスにいるのでしょうか。

モナリザといえばルーブルという感じでこれまで何の違和感も持ってなかったんですが、イタリア・ルネッサンスの巨匠ダ・ヴィンチの代表作がパリにあるのは確かに変ですね。





毎週楽しみ … [続きを読む >>]





Last updated  2020/12/20 03:22:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/10
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
<昭和モダン>

えびすや旅館は、昭和3年創業の老舗旅館です。

大正ロマンに続き、昭和モダンと呼ばれた時代。





少しずつ新しい時代の波を取り入れつつ当時の面影を色濃く残した佇まいをご紹介します。

こちらはお食事どころ。





柱や天井の風合いがいいですね。障子に書かれた絵はとても斬新です。





食事中には緩やかなジャズが流れ、 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/11/11 08:36:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/01
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
サントリー美術館で開催されているリニューアル・オープン記念展『日本美術の裏の裏』を見てきました。

この美術館に来るのは初めてなんですが、1961年開館とのことでした。

所蔵品も素晴らしいです。





ザ・リッツ・・カールトン東京と同じ六本木の東京ミッドタウンのガレリア3階にあります。





今回のテーマは日本ならではの美意識ということで、現 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/11/03 11:07:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/08
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
『帝国の推移』(The Course of Empire)は、アメリカの画家トマス・コールの作品です。

アメリカの画家は全然知りませんでしたが、先週テレビで紹介されていていい絵だなあと思いました。

音楽でも絵画でも連作ものは大好きなので、特にこのシリーズには魅力を感じましたね。

1833~1836年に描かれた5枚の連作で、未開の地から始まり文明が栄えてやがて廃墟と化すま … [続きを読む >>]





Last updated  2020/10/09 08:12:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/03
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
ショッピングモールのイベント会場で開催されている茨城県伝統工芸品展に行ってきました。

笠間焼や結城紬、真壁石のほかにも多くの工芸品が茨城にはあるんですね。

最近美術館に行く機会がなくて心が乾いていたんですが、美しい品々を見てすっかり満たされました。





開催期間は10月1日から4日までと短いんです。

ミニ下駄のストラップ作り、杉線香作り、 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/10/04 08:04:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/13
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
カール・ラーションは、スウェーデンの国民的画家です。

1853年にストックホルムで生まれ、小学校の先生に勧められたことがきっかけで絵の道へ進みます。

もともと絵が好きだったんだとは思いますが、子供の頃に才能を見出されて後世に名を残すまでに成長するというのはとても実りある人生ですね。

スウェーデンの画家にはまったく馴染みがなかったので、数週間前にな … [続きを読む >>]





Last updated  2020/09/13 11:09:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/07
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
海に浮かぶ小さな島の中央に幾本かの糸杉が黒くまっすぐに空を貫いています。

白い棺を乗せた小舟が暗い海を進み、そこには全く音が存在しないかのよう。

一度見たら忘れられないような印象深い絵です。

『アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~』で先週取り上げられたのは、スイス出身の画家アルノルト・ ベックリン(1827年~1901年)の代表作『死の島』でした。
… [続きを読む >>]





Last updated  2020/08/08 09:46:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/26
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
江戸時代末期、まだ文明開化より前のお話です。

レオナルド・ダ・ヴィンチが用いた空気遠近法のような背景に、オランダ黄金期を思わせるような写実的な花を描く画家がいたことを知りませんでした。


重要文化財「不忍池図」(小田野直武 18世紀)秋田県立近代美術館蔵



「アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~」で昨日取り上げられたのは、東洋の感性と西洋の … [続きを読む >>]





Last updated  2020/07/27 07:18:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/05
テーマ:社交ダンス(6094)
カテゴリ:アートのはなし
印象派を代表するモネとルノワールは若い頃から仲良しでした。

モネは1840年11月14日生まれ、ルノワールは1841年2月25日生まれと、日本で言ったら同学年です。

二人の出会いは22歳の時、パリで無料の画塾を開いていたシャルル・グレールの教室でした。

まだ売れない画家だった二人は、サロンに出展しても入選と落選を繰り返すような状態で、どちらかというとまだマシ … [続きを読む >>]





Last updated  2020/07/05 12:17:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.