067326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~ママぷ~は専業主婦なのだ。~

PR

Profile


ママのぷ~さん♪

Favorite Blog

ママ友のおうちカフ… にこ♪にこさん

誕生日プレゼント 姉御。さん

ひかるむしの暮らし *hikaru*さん
美酒世界 アコキチさん
***sweet cafe*** ローズ*さん

Calendar

2011.10.14
XML
カテゴリ:ラジオで遊ぼう♪

ツイッター自体は結構前からやっていた
ただ、何しろ新しモノ好きの、飽きっぽいタチなので、こちらもすっかり放置してしまっていたのだ

そう、「あの日」まで

震災が起きて、その日が一番大変だったと思いがちではあるけれど、
(もちろんその日に大変な思いをされた方も多いと思うけど)
本当に深刻だったのはその後の数週間

情報は錯そうするし、本当に欲しい情報はどこにもない
公的な情報機関は麻痺していて、情報を得るために出歩くこともできない

ガソリンが入手できないとか、食料がどこにもないとか

混乱しきった頭で、それでも何とか情報を得ようと開いてみたのが、
ツイッターだった

絶え間なく続く余震
世間から切り離されている恐怖
子どもを守らなければと空回る気負い

出て行けないくせに、
それでも誰かの助けが欲しくて

誰かに「大丈夫だよ」と肩を抱いて欲しくて



「揺れてる!」

書き込む

「大丈夫??」
「こっちも揺れてるよ!!」
「気をつけて!!」

返事がくる


独りじゃないという、心強さ



震災直後の混乱が収まり、何とか普段通りの生活に戻っても、
ツイッターの向こうの誰かとつながるという安心感は、
アタシにとってとても重要なものの一つになった

そして、優しい人達との出逢い

「ツイッター」というものがなかったら、
きっと得られなかっただろうたくさんの贈りもの

ツイッターは所詮ツールの一つだから
いつかは消えるかもしれないけれど、
ツイッターがくれた大切なものは、
ずっと大事に持ち続けていきたいな


今日もおはようから、つぶやいています^^









Last updated  2011.10.14 11:17:24
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.