1250617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

PR

プロフィール


一村雨

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

一村雨@ wheatgrassさん お久しぶりです。ずっと美術展には出かけ…
wheatgrass@ Re:木島櫻谷展  泉屋博古館分館(02/13) ご無沙汰しております。お元気でいらっし…
Caillou@ はじめまして。こんにちは。 韓国で日本の美術の授業を受けている学生…
一村雨@ mashenkaさん お返事遅くなってすみません。 今年もよろ…
一村雨@ yumiさん お久しぶりです。 パソコン壊れたり、仕事…
yumi@ Re:会田誠展 天才でごめんなさい 森美術館(01/14) おひさしぶりでございます 覚えていただて…
mashenka@ Re:茶道具と丸山派の絵画 三井記念美術館(01/22) こちらのブログに復活されていたんですね…
はるる!@ 2012大地の芸術祭 脱皮する家では、廊下の隅や柱、天井の梁…
一村雨@ wheatgrassさん 私も学生時代、このあたりに友人が多く住…

バックナンバー

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2006年12月28日
XML
カテゴリ:アート
美術ファンのブログで、今年のベスト10が花盛りです。負け
じとばかり、私も大掃除そっちのけで考えました。

1 花鳥-愛でる心、彩る技
  半年に渡って、三の丸に通いました。あの情熱は何だったので
 しょうか?若冲のお墓参りも果たしたし、今年はこれがやはり
 一番ですね。

2 若冲と江戸絵画(プライスコレクション)展
  とくれば、2位は、やはりこれ。東京と京都での展示方法の趣
 向の違いも面白かった。九州ではなんと元旦から、始まるので
 すね。

3 ニューヨーク・バーク・コレクション展
  思えば、ここでの若冲や蕭白・蘆雪が、今年の日本画追っかけ
 のプロローグとなったのでした。先日、奈良博で春日曼荼羅を
 見てきました。こちらも、今年はここで観たのが始まりでした。

4 国宝風神雷人図屏風
  出光では伴大納言も忘れられないが、やはり宗達・光琳・抱一
 の揃い踏みは圧巻でした。

5 応挙と蘆雪
  奈良まで2回、通った甲斐がありました。それにしても、仙台
 に行けなかったのは、悔いです。

6 仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り
  国宝十一面観音さま、琵琶湖畔からはるばるお越し頂き、至福
 の時をありがとうございます。前期の国宝如意輪観音さまには、
 今年、京都と東京で2回も出会いました。不思議なご縁です。

7 プラド美術館展
  はじめて、洋物です。意外や意外。皆さんおっしゃるとおり、
 ムリーリョの無原罪の御宿りが最高。ゴヤの魔女の飛翔は、ブ
 ラックな世界がいいです。諸星チックで。

8 スイス・スピリッツ 山に魅せられた画家たち 
  何といっても、セガンティーニのアルプスの真昼ですね。竹橋
 の近代美術館でも、大原美術館蔵のアルプスに出会えて嬉しか
 ったです。

9 ベルギー王立美術館展
  ここのところ、ベルギーの画家に詳しくなりました。マグリッ
 トの「光の帝国」。脳裏に焼きついて離れません。

10 高島野十郎展
  今年はじめて知った画家です。「美の巨人たち」での出会いが強
 烈でした。ググッと惹き込まれました。
 
 番外編
 大絵巻展での鳥獣戯画と大混雑。
 最澄と天台の国宝展での六道絵。
 江戸の誘惑での北斎の名品。
 生誕120年藤田嗣治展での乳白色の絵。
 神坂雪佳展での金魚玉。。。。。そのほか多数。来年も楽しみが続
 きます。






最終更新日  2006年12月29日 18時26分28秒
コメント(17) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.