1366069 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

PR

プロフィール


一村雨

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

一村雨@ wheatgrassさん お久しぶりです。ずっと美術展には出かけ…
wheatgrass@ Re:木島櫻谷展  泉屋博古館分館(02/13) ご無沙汰しております。お元気でいらっし…
Caillou@ はじめまして。こんにちは。 韓国で日本の美術の授業を受けている学生…
一村雨@ mashenkaさん お返事遅くなってすみません。 今年もよろ…
一村雨@ yumiさん お久しぶりです。 パソコン壊れたり、仕事…
yumi@ Re:会田誠展 天才でごめんなさい 森美術館(01/14) おひさしぶりでございます 覚えていただて…
mashenka@ Re:茶道具と丸山派の絵画 三井記念美術館(01/22) こちらのブログに復活されていたんですね…
はるる!@ 2012大地の芸術祭 脱皮する家では、廊下の隅や柱、天井の梁…
一村雨@ wheatgrassさん 私も学生時代、このあたりに友人が多く住…

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2007年07月28日
XML
カテゴリ:アート
「一目でわかる!日本の美術この100年」とチラシにあるよう
に、1907年の文展から、帝展、新文展、そして戦後の日展と
100年間の日本画、洋画、彫刻、工芸品、書の出展作品約170
点を展示しており、見応え充分。

ちょうど、東京国立近代美術館の常設展を一回りした後に、出
かけたので、普段は竹橋にあるはずのものが、こちら六本木で
展示されている作品があったり、竹橋で見たばかりの作家の別
の作品が展示されていたりして、いやはや、近代の日本美術を
十二分に堪能した一日となった。(だが、本当に疲れた。)

上村松園の「花がたみ」で始まるこの展覧会。有名どころの作
家はもちろん、過去に何回か出会った作品も多かったが、逆に
初めて名前を知る作家の作品もあり、新しい発見も多く楽しめ
た。

とにかく170人あまりの作家の優れた作品それぞれにコメント
したいのだが、今回初めて知った作家の作品で印象に残るもの
をいくつか取り上げる。

美人読詩.jpg

まず、文展時代の作家では、石橋和訓の「美人読詩」島根県立
美術館蔵。黒い衣装と白い顔や手が印象に残る。本当に美人で、
見ていてうっとりとしてしまう。イギリスから出品された作品
とのこと。

しぐれ来る瀞峡.jpg

帝展時代の作品では、山元春挙の「しぐれ来る瀞峡」滋賀県立
近代美術館蔵。山水画をきれいに着色したような作品。エメラ
ルドグリーンの渓谷に引き込まれそう。てっきり中国の情景か
と思ったのだが、三重、和歌山、奈良の県境の瀞渓とのこと。
(以前、ここを船で遡ったことがある。)

春.jpg

新文展時代の作品では、朝井閑右衛門の「春」京都市美術館蔵。
パステルカラーの花々に囲まれた水色と白の洋服の子ども。驚
いたのは、昭和18年の戦時中によくぞこのような作品を描き、
それが入選していたということ。メルヘンの世界に遊ぶ。

夏の印象.jpg

今も続く日展。山口逢春の「夏の印象」。ああ、この画家は知っ
ていた。朝顔の額縁の中に貝殻と夏の帽子。今の季節にはちょ
うどぴったりの絵。ここのところの暑さの中での清涼剤となる。






最終更新日  2007年07月30日 00時44分39秒
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.