1389019 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

2008年11月02日
XML
カテゴリ:アート
モーリス・ルイス.jpg

モーリス・ルイスという抽象画家。はじめて名前を聞く
画家だと思っていたのだが、実は川村や東京都現代美
術館で何度も作品を眺めていた画家だった。

創作時期により、ヴェール、アンファールド、ストラ
イプという3つのスタイルの作品を描いている。

まずヴェールと呼ばれる作品群。上部にかすかに、絵
の具の原色が覗くが、中央は混じり合ってくすんでい
る。一見、濁ってしまっていて美しくないなぁと思っ
たのだが、じっと眺めているとこの部分が、カーテン
の向こうに景色が見えるように、なぜか心が温かくな
ってくる。

アンファールドと呼ばれる作品群に移行する時期の
「ヌン」「アンビ2」という2作品が特にすばらしかった。

「ヌン」はヴェールの作品群とは異なり、絵の具の原
色が画面に現れてくる。暖色と寒色が左右対称に配置
され、絵の具の重なる部分が微妙なグラデーションに
なっていて、見ていて飽きることがない。ほんわかと
した気持ちになる。

「アンビ2」の方は、上下から絵の具を流して、その
流れが画面の途中で止まる。下部は黒い絵の具、上部
はカラフルな絵の具の流れとなっている。よく見ると
それぞれの流れの横からせん毛のように細かな線が出
ている。剣山に活けた花々のようにも感じられる。ダ
イナミックである。こちらも見ていて飽きない。

アンファールドの作品群。画面の端に斜めに流れる絵
の具。サム・フランシスの作品にも似ている。

ストライプの混じり合わない、隙間の無い作品も美しい。

狭いアトリエの中で、どうやって絵の具を流し、キャ
ンパスを上下させたのかは誰も分からない。創作の場
のアトリエには、妻も入れてもらえなかったとのこと。
「奥さんに隠してまで何していたの。」というコピーに
は笑えた。






最終更新日  2008年11月02日 22時52分15秒
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.