1428388 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

2019年11月07日
XML
カテゴリ:アート



ハプスブルグ王家の栄光と挫折の記録。今回は、中野京子先生の「ハプスブルグ家
12の物語」で予習はばっちり。本の家系図を片手に展覧会を回りました。

圧倒されたのは、ひとつ階段を下がった部屋にあった西洋の甲冑です。西洋の
甲冑ってかっこいいですね。とてもスマートで。銀色に輝くのもGOOd!

ベラスケスの王女マルガリータ、かわいらしい少女ですが、よく見るとフェリペ顔を
しているのですね。血縁の濃さが感られる顔つきです。

中野京子さんの本では、マリーアントワネットのダメさ加減が描かれていましたが
ヴィジェ・ルブランの絵の方でも、赤ら顔の顔つきは傲慢で詰めたそうで今一つ好きに
なれません。

エリザベート皇妃、このウェストの細さは異様です。腕の方が太く感じられます。
美貌を保つために並大抵ではない努力を重ねたのでしょう。肖像画からも
しっかりと窺うことができます。







最終更新日  2019年11月08日 15時29分52秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.