1478271 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つまずく石も縁の端くれ

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2010年08月12日
XML
カテゴリ:
祇園閣.jpg

京の夏の旅の特別公開。今まで公開時期にうまく合わず、今回ようやく念願が叶い、拝観することができた。

この祇園閣は、大倉喜八郎が昭和初期に建てたもの。祇園の鉾をかたどった造りとなっている。34メートルの3階建て。

虎ノ門の大倉集古館同様、伊藤忠太設計の建物なので、どこかおどろおどろしさが漂う。特に内部の怪獣の灯など忠太ファンにはたまらない。蓮の花をかたどった照明は美しい。

祇園閣壁画.jpg
(リーフレットから)

内部一面に描かれたの仏画は、敦煌の壁画の模写。こちらは昭和62年に描かれたもの。とにかくスゴイ!の一言。入り口から展望台に至るまでびしっと仏画で埋め尽くされている。狭い階段を上っていくので、本当の洞窟を歩いているような気もする。

京都一望.jpg

最上階の見晴らし台からは、京都市中が一望できて、楽しむことができた。東山三十六峰が間近に見える。吹き抜ける風が心地よい。

隣にある書院も伊藤忠太の設計とのこと。見た感じは純日本風の建物で、奇をてらった感じはないのだが、パンフレットによると八角形状の応接室などが特徴とのこと。こちらは非公開。






最終更新日  2010年08月14日 11時54分56秒
コメント(2) | コメントを書く


2009年12月06日
カテゴリ:
RIMG0057


紅葉はほぼ終わりとなったが、まだ庭園は紅く、楽しむ
ことはできた。

青蓮院を訪れるのは、記憶にある限りでは3度目である。
学生時代に、寺院の庭園をちょこっとかじったときに
小堀遠州作のこの庭園を見に来たのが最初であった。
あともう一回はいつだったか忘れたが、入り口の大きな
クスノキが印象に残っている。

さて、今回のお目当ては、日本三不動のひとつ、秘仏の
青不動二童子図を見るため。

と言うのも、今年の春、サントリー美術館での国宝三井寺
展で、国宝黄不動像を見たからである。

どうも日本三大○○とかに弱いミーハーな自分としては、
あとは高野山の赤不動が残るばかりと、御開帳を期待して
いる。

青不動像、展覧会場のガラスケース越しに見るより、
お寺の境内に展示されていた方が、ありがたみが異なる。
心から拝もうという気持ちになる。ひとりひとり願い事を
書くお札もうまい演出だと思いつつ、私もしっかりと現生
利益を願う。

青不動は、意外にもかなりの彩色が残っていて、特に背後の
火炎光背となっている三毒を焼き尽くすという迦楼羅
(かるら)のあでやかさには目を見張った。

「むさぼる心 憎しみの心 怒りの心に負けず
感謝の心と 人への思いやりを忘れず・・・」という言葉が
掲げられていて、一時は敬虔な気持ちになるが、日常生活に
戻るとそんなことはすっかり忘れてしまうのである。

RIMG0028


RIMG0040






最終更新日  2009年12月07日 04時42分16秒
コメント(5) | コメントを書く
2009年10月25日
カテゴリ:
あぶくま洞の光景。
大自然のアート。

RIMG0075.JPG

赤いカエデも見ごろだった。

RIMG0080.JPG






最終更新日  2009年10月25日 20時39分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年08月23日
カテゴリ:
この土日は、職場の函館旅行だった。

そこで、函館ベスト3

1位 活イカ丼
朝市で食べたどんぶり。物珍しさで注文。
わさび醤油をかけるとゲソが踊る。
しかし、イカ一杯はさすがに飽きた。しばらく
イカは見たくない。

RIMG0184
RIMG0184 posted by (C)一村雨

2位 ハリストス正教会
山下りんのイコンを見に行く。
ちょうど日曜日のミサの最中。
「敬虔」という言葉を実感する。

RIMG0264
RIMG0264 posted by (C)一村雨

3位 夜景
函館といったら、やはり夜景。
定番ながらも、美しさは抜群。
津軽海峡と函館湾に挟まれた土地は、いちばん
狭いところでわずか1キロとのこと。

RIMG0178
RIMG0178 posted by (C)一村雨








最終更新日  2009年08月25日 00時56分20秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年08月18日
カテゴリ:

日本の秘仏は、全国の秘仏を写真とともに
紹介した本である。この本を眺めていると、何と東京の
都心にも美しい秘仏があることが分かった。人形町にある
大観音寺の「観音菩薩像頭部」である。

この像は毎月17日に拝観することができる。ちょうど
今日、よしとばかりに出かけてきた。

日比谷線、人形町駅を降りる。この駅前通り、商店が軒並み
並んでとても賑やか。こんな街があったことはまったく
知らなかった。江戸の昔を思い起こす街並み。

さて、水天宮方向に向かうと、大観音寺の幟旗が見える。
ビルの中の作られたお寺で、階段の上に本堂が見える。
階段下には「本日ご縁日 本尊開扉」の立て看板がある。

大観音寺1.jpg

大観音寺2.jpg

さっそく本堂に参る。ここで衝撃の事実。
「日本の秘仏」の冊子では、御本尊の全体が見える
わけではない。お前立ちの観音像の影に隠れて見えるだけ。
この本の写真を信じて、双眼鏡を持ってこなかったのが失敗。
お顔だけなので、高さも思ったより高くない。それでも、
優美なお顔の雰囲気は感じられる。

観音頭部.jpg
(日本の秘仏 平凡社より)

この像は、鎌倉時代の鋳鉄の観音像。頭だけ埋もれて
いたのが、彫りだされ、明治時代にこちらのお寺の本尊と
なったそう。大仏にしろ、鎌倉の仏には今だによく分から
ないことが多い。

人形町という地名の通り、傍らには供養のお人形が、
たくさん置かれていた。東京の街中に、こんな秘仏が
あったことにいちばん驚いた。10月の17日の土曜日に、
また出かけてみたい。






最終更新日  2009年08月18日 06時36分46秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年03月05日
カテゴリ:
2月3月と行われているのだが、普段は有料で、
1回2万円で実施されているそうだ。

開始時間前に観光客がどんどん集まってくる。
これでは鹿寄せではなく、人寄せだなぁと思って
いるうちにはっぴ姿のお兄さん登場。

sika1.jpg

お兄さんがホルンを吹くと彼方から鹿の群れが
走り寄ってくる。「鹿男あをによし」の冒頭の
シーンに出てきた光景。

sika2.jpg

ならまちを歩くと、家の格子窓から鹿がのぞき
込んでいるポスターが貼ってある。果たして、
鹿がこんな街中まで歩いてくるのかどうか、
尋ねてみようと思いながらも忘れてしまった。







最終更新日  2009年03月05日 20時47分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月03日
カテゴリ:
さて室生寺を訪ねた後、どこに出かけようか
具体的には考えていなかった。長谷寺や、聖林寺、
安倍文殊院あたりは、前の旅行で出かけたので、
学生の時以来の談山神社などどうかと思ったが、
冬の多武峰は行くものではないという情報もあり、
結局、行きの新幹線の中で読んだ「奈良の仏像」
紺野敏文(アスキー新書)に出てくる長岳寺と
いうお寺に出かけることにした。



実はこのお寺、この本を読むまでは、まったく
ノーチェックだった。平安後期の阿弥陀三尊像が
ある。それも日本最古の玉眼入りの像で、平安
時代から鎌倉仏に変わる節目の仏像だとのこと。

山の辺の道ハイキングを楽しもうかとも思ったの
だが、それは断念して、桜井からバスで柳本に
向かう。桜井からは何人も乗ったバスも柳本近くに
なると乗っているのは自分ひとりだった。

この辺りも古墳群となっている。長岳寺の隣は
崇神天皇陵であるし、昨年見ていたドラマ「鹿男
あをによし」の舞台ともなった黒塚古墳展示館で、
あの三角縁神獣鏡も見ることができることが分かり、
これはラッキーだったと思う。

この長岳寺。いかにも奈良らしい古刹で、他の
拝観者は数名程度。しかしながら風情のある
見どころの多い寺であった。

入口の大きなしめ縄のある門をくぐり、重要文化財の
旧地蔵院は、書院造りであり、鶴亀の庭園が美しい。
回廊の天井をよく見ると手の指の跡や足跡が
見える「血天井」となっている。

血天井.jpg

長岳寺.jpg

日本最古の鐘楼門をくぐり、浄土式庭園の池の前に
立つ本堂の中に目指す阿弥陀三尊像がある。

阿弥陀仏の脇侍の観音・勢至菩薩は、それぞれ
左右の足を降ろした半伽椅座像となっている。
動きがあって面白いし、構図的にもめりはりがある。

阿弥陀如来像も鷹揚とした感覚の平等院や三千院の
ものと比べると、より人間的でもあり、なるほど、
運慶の円成寺大日如来像に近いものを感じる。

多聞天・増長天も当時の色彩が残っており、なか
なか見応えがある。

石仏.jpg

また庭園には石仏も多く、ほのぼのとした気分も
味わうことができ、ツツジか紅葉の季節にまた
訪れたいと思うお寺であった。

このあと、崇神天皇陵、黒塚古墳とまわって奈良駅に
戻った。






最終更新日  2009年03月04日 00時44分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年03月02日
カテゴリ:
この土日と奈良に出かけた。まずは一路、室生寺を
目指す。

室生口大野からの室生寺行きのバスは超満員。
こんな経験は初めて。やはり、JR東海の「うまし
うるわし 奈良」で室生寺が取り上げられたこと。
金堂特別拝観の最終日を控えていることが、
大きな理由だろう。

かくいう私も、この金堂の特別拝観が目的で、
はるばる室生寺までやってきたのである。この
特別拝観は、通常入堂できない外陣まで入って、
内陣の仏像を間近で見ることができるのである。

普段は外側の縁側のようなところ(礼堂)から
しか、中を覗けない。そのため、奥の蔵王権現や、
大日如来などは、暗くてよく見えないのだが、
今回はしっかりと眺めることができた。

手前の十二神なぞは、目前にありすぎて、かえって
有難味が無いくらいだ。

中央の本尊「薬師如来立像」。これは釈迦如来だと
ばかり思っていたのだが、実は「薬師」だという
こと。室生寺のホームページは「釈迦」のまま。
書物によっても、それぞれ異なる。いったいどちら
なのか。

それはともかく、板光背に描かれた絵の美しさと、
黒漆を塗られたすっきりとした顔立ちが、素敵で
ある。

十一面観音.jpg

そして、金堂の目玉はやはり「十一面観音像」。
このモチモチとした頬や、かわいい唇を間近で
見ることができるのがうれしい。双眼鏡で眺めると、
背景の板光背の丸い装飾の中に、まん丸のお顔が
双眼鏡の視野にぴったりと重なり、何とも言えない
美しさであった。

なお室生寺のホームページによると、次の外陣
からの特別拝観は今年の6月1日~9月31日
まで行われるとのこと。

なぜか、多くのお客さんは左手の弥勒堂や本堂には
立ち寄らず、五重塔を見て帰るようだ。

弥勒堂の国宝「釈迦如来座像」。私はどうもこの
螺髪のない、ツルツルの頭に違和感を覚えて
しまうのである。

室生寺を後にして、大野寺に立ち寄る。今の季節は
ロウバイも終わり、しだれ桜のつぼみも見当たら
ない。対岸の磨崖仏を見るだけなので、境内に
入らなくてもよかったように思う。






最終更新日  2009年03月02日 21時04分29秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年02月01日
カテゴリ:
職場の旅行で喜多方へ。
ラーメン&日本酒の旅。

駅.JPG

この蔵では仕込みの樽にモーツァルトを聞かせている。
交響曲の40番だった。スピーカーはBOSEがいちばんとのこと。

RIMG0154.JPG

相変らずラーメン店の多さには驚く。よく無くならないものだ。

ラーメン.JPG

泊まった宿からの光景。水墨画のように写したかったのだが・・・・

墨絵.jpg







最終更新日  2009年02月02日 04時27分55秒
コメント(14) | コメントを書く
2008年12月12日
カテゴリ:
ほぼ40年振りに国会を見学した。国会周辺は社会
科見学の小中学生、修学旅行の高校生で取り囲まれ
ているようであった。衆議院の裏庭も地下の参観者
ホール内も学生で溢れかえっている。

案内の地元選出議員秘書の方によると、今日はいつ
に無く大混雑とのこと。途中で日程が合わずに、国
会見学を断念して帰る団体もあった。聞けば、江戸
東京博物館で昼食を予約してあるとのこと。せっか
く1時間も並んだのに、かわいそうに。

こちらも、1時間以上待って、やっと見学を始める
ことができた。自分たちの後ろにも多くの団体が並
んでいたが、午後から本会議が始まるため、見学を
断られるところもあるだろうとのことだった。

さて、衆議院本会議場。まさに劇場を上から見下ろ
しているような感じ。重厚感に溢れる。昭和11年
完成ということで、庭園美術館の朝香宮邸とだいたい
同じ頃の建物。

御休所.jpg

もうひとつの見どころは、天皇の御休所。ヨーロッ
パの宮殿と同じような部屋がある。建物全体の建設
費の1割を使っているとのこと。絢爛豪華という言
葉がぴったり。もちろんこの椅子には天皇しか座る
ことができない。

中央広場で、伊藤博文、板垣退助、大隈重信の三人
の銅像の話を聞いたとき、そういえばはるか昔、同
じような話を聞きながら、銅像を眺めた思い出がふ
と蘇る。

うしろの小学生の団体の列に突然、そこの地元選出の
国会議員が現れて、名刺を配りはじめた。小学生たちが
○○だぁと名前を呼び捨てにしながら、嬉々として
受け取っていたのに、笑ってしまった。






最終更新日  2008年12月12日 23時47分34秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.