1421632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元代表の穴

PR

X

Calendar

Profile


かとう あきら

Freepage List

Archives

Headline News

Rakuten Card

Category

日記

(5867)

入院中

(29)

号外

(52)

Keyword Search

▼キーワード検索

2021/06/14
XML
カテゴリ:日記
2021/05/28
佐々部清監督「大綱引きの恋」(2020)

2020年3月に急逝した佐々部清監督の遺作。合掌。おれは三浦貴大さんの主演ってことで観に行った。そして大綱引にも興味があった。
とてもいい作品だった。
手堅い作品と言ってしまうと何となくネガティブに聞こえるかもしれないけれど、最大限のいい意味で手堅い作品と言えると思う。この途方もないお祭りと人間ドラマをうまく絡めて誰もが楽しめるように面白く仕上げるってことは、まず職人的手堅い手腕がなければ達成できない。
とにかく大綱引がもの凄くて驚愕する。圧巻の描写だった。手に汗握る。

主人公(三浦貴大さん)のビルドゥングスロマンとしても面白く仕上がってる。とてもよかった。韓国人の研修医(知英さん)とのロマンスもいい感じ。そこに主人公の姉のロマンスも絡んでくる(ちょっとロミジュリっぽい状態)。そして更に家族の問題(母親の病気)、幼なじみとの関係といった感じで広がる。広げようと思えば更にいくらでも広げられるだろうが、この辺のお祭りとドラマのバランスの按配がよかった。

地域の人間関係が「お祭りを軸に」丁寧に描かれているのもよかった。

川内、行ってみたいなって思うよね。

三浦貴大さん、最高だった。
一番太鼓を打ち鳴らす勇ましい姿は圧巻。

松本若菜さんが超魅力的。
「この道」でも素敵だったが、これまた素晴らしかった。
この作品では主人公の幼なじみで男まさりのバツイチ子持ちとゆー役どころ。こーゆーのいいよなー。
比嘉愛未さんの出演はうれしい。
知英さん、かわいかった。
石野真子さん最高。
お父さん役の西田聖志郎さんはこの作品のプロデューサーでもある。九州出身で、九州が舞台の作品を他にもプロデュースしているようだ。方言指導とかもやるらしい。九州愛。
同じ佐々部監督で西田さん製作の
六月燈の三姉妹」
はキャストもいい感じだし
興味ある。
観てみたいと思う。


久々に山小屋でランチ
ポークカレー、白身魚フライ 旨!









Last updated  2021/06/14 10:47:16 PM



© Rakuten Group, Inc.