056344 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆★☆エンタ道場★☆★

PR

全216件 (216件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

2011.06.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

2011年の4歳馬は最強世代と言われている。

 

まず2011年6月25日現在でG1を勝っている牡馬は以下の6頭。

◆ローズキングダム 朝日FS、ジャパンカップ、他重賞2勝

◆ヴィクトワールピサ 皐月賞、有馬記念、ドバイWC、他重賞3勝

◆ダノンシャンティ NHKマイル、他重賞1勝

◆エイシンフラッシュ 日本ダービー、他重賞1勝

◆ビッグウィーク 菊花賞

◆ヒルノダムール 天皇賞(春)、他重賞1勝

雨の中で距離の長い菊花賞を制したビッグウィークと

マイル専用のダノンシャンティを除く、

4頭のうちいずれかが最強世代での最強馬となる可能性は高い。

個人的には去年の年末にハナ差ではあるがブエナビスタに勝ち、

海外G1も獲っているヴィクトワールピサを推したい。

今年凱旋門賞で勝ったら引退となるようだが、少し早すぎて残念な気もする。

 

ところで、この世代にはG1に勝っていなくても可能性を感じる馬が少なくない。

その代表馬がこの3頭。

◆ルーラーシップ G1未勝利、重賞3勝

◆ペルーサ G1未勝利、重賞1勝

◆トゥザグローリー G1未勝利、重賞3勝

良血のルーラーシップ、青葉賞をぶっちぎったペルーサ、

そして安定感と貫禄さえ感じさせるトゥザグローリー。

いずれも大化けしそうな予感のする馬だ。

 

それに加え、牝馬にはクラシック3冠馬のアパパネがいる。

◆アパパネ 阪神JF、桜花賞、オークス、秋華賞、ヴィクトリアマイル

長い距離はまだ未知数だが、秋のG1戦線でどういう走りをするかは見ものである。

G1馬という意味では、アパパネとオークスで同着だったサンテミリオンがいるが、

その後の成績は芳しくない。

◆サンテミリオン オークス、他重賞1勝

 

これらの4歳馬が一堂に会するハンデなしのレースがあったら、

競馬ファンのボルテージは最高潮に達するだろう。

できれば去年のエリザベス女王杯を圧勝したスノーフェアリーも

海外の4歳馬代表として招待してほしい。

◆スノーフェアリー 英オークス、愛オークス、エリ女、香港C

2000m・東京だとしたらどんな馬券を買いますかね。考えただけでもワクワクする。







Last updated  2011.06.25 12:41:20
コメント(0) | コメントを書く


2009.08.09
カテゴリ:カテゴリ未分類

松井秀が今年の6月末頃(?)に草野仁のインタビューで、

現役ベスト9を選ぶという企画があったきらきら

そして松井秀が選んだ選手は以下の通り。


ピッチャー:ロイ・ハラデイ

キャッチャー:ジョー・マウアー

ファースト:アルバート・プホルス

セカンド:ダスティン・ペドロイア

サード:アレックス・ロドリゲス

ショート:デレク・ジーター

外野:ジェイソン・ベイ

外野:マニー・ラミレス

外野:イチロー



実際に戦っているだけあって納得のいく選手たちばかりですグッド

本当はここに松井自身が入るように大活躍してほしいのですが。

ちなみに私の考えるベスト9はこんな感じかな。


ピッチャー:ヨハン・サンタナ

キャッチャー:ジョー・マウアー

ファースト:アルバート・プホルス

セカンド:チェース・アットリー

サード:アレックス・ロドリゲス

ショート:ヘインリー・ラミレス

外野:ライアン・ブラウン

外野:カール・クロフォード

外野:イチロー



やや最近の成績を重視したベスト9ですちょき

三塁手についてはミゲル・カブレラデビッド・ライトなども候補ですが、

(薬物使用を無視して)実績のあるA-RODを選びました。

こうやって選んでみると、最近は内野手に好打者が多いですね。

かなり悩みましたショック

外野手はポジション柄か若手が多く、ずっとコンスタントに成績を残していて

さらに今年も活躍しているようなベテラン選手は少ないですね。

それを考えるとイチローは凄い!

今年は久しぶりに本塁打を2桁に乗せてほしいです上向き矢印上向き矢印






Last updated  2009.08.09 10:53:31
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.09
カテゴリ:カテゴリ未分類


ティム・バートンは、チャーリーとチョコレート工場にしても、

猿の惑星 -planet of the apes-にしても

最近の作品はどうも自分に合わない気がする。

シザー・ハンズからスリーピー・ホロウまでは比較的好きだったんだけど。

この作品も悪くはないけど、途中だれて眠くなってしまった。

スティーヴ・ブシェミとかダニー・デヴィートとか脇役は豪華で個性派ぞろい。

その辺は見どころありかな。







Last updated  2009.06.10 00:12:41
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.02
カテゴリ:カテゴリ未分類


約2か月ぶりの日記更新です上向き矢印

その後の迷いインコは家にもすっかり慣れてしまって、

今では家長のような態度の大きさで、

我がもの顔で空を飛びまわり、

図々しくご飯を食べ散らかして

パソコンとか洗濯物とか場所を選ばず糞を落として

挙句の果てには私の指に噛みついて・・・

それも手加減なく・・・

まぁ、そんなところがたまらなく可愛いんですけどね目がハート

chanp

妻はドイツから無農薬の枝やらおもちゃやら取り寄せるし、

餌もこだわったものを通販で大量に買い込んでるし、

出費はかなりかさんでます雫

良い意味でも悪い意味でも、インコちゃんのおかげで生活は一変しました。

でも今まで共通の趣味がほとんどなかった妻と

インコのお世話という共同作業をおこなうことで

家庭に笑いは増えたし、以前より楽しい毎日になったかな、って思いますウィンク

べつに倦怠期だったわけではないですよ。

ピーちゃん(まだ仮名)は私たちに笑顔と元気と大きな幸せを

運んできてくれた黄色い鳥、いや今や立派な家族の一員になりましたきらきら







Last updated  2009.06.03 01:14:31
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

こういうファンタジー系は嫌いじゃないけど、

この作品は駄作と言わざるを得ない。

魅せ方が下手というか、臭すぎる。

ストーリーも説明不足で、兄弟以外の登場人物のつながりも浅いし。

子供が見るには丁度良いレベルかもね。






Last updated  2009.04.05 09:05:35
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.31
カテゴリ:カテゴリ未分類

先日、日記に書いた迷いインコですが、

マンションなどに貼り紙をしましたが、

結局飼い主現れず、家で飼うことになりました。

妻もおもちゃや餌などたくさん買いそろえて溺愛してます雫

ピーちゃん

青菜を食べるピーちゃん(仮の名前)はかわいいですね。

でも昼間に誰もいない部屋でストレスを感じているのか、

僕らが帰ると籠から出せアピールがもの凄いです。

それはもう狂ったように・・・。

あと生活スタイルが完全に夜型になってしまってます。

できれば昼間に一緒にいてあげたいんだけど。

ごめんね下向き矢印






Last updated  2009.03.31 08:34:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.25
カテゴリ:カテゴリ未分類

侍ジャパン、2連覇おめでとう!

原監督岩隈稲葉小笠原岩村もみんな素晴らしい!

 

唯一ダルビッシュを準決勝と決勝の抑えとして起用したことは

少し腑に落ちないが、まぁ結果オーライってことで。

当初の方程式、藤川馬原も安定感という点では少し欠けているので、

昨日は杉内続投か韓国キラー渡辺俊に任せてれば9回ですんなり勝ってたような・・・。

そもそもメンバー選出の際「内海岩田よりも和田の方が使えるのでは?」とか

内川山口は去年は活躍したが、1年だけのラッキーボーイでは?」とか

自分自身、色々と思う(怪しむ)ところはあった。

しかし、蓋を開けてみると、まさかの優勝。2連覇。

開催直前の予想で2次リーグ敗退と書いていた自分が恥ずかしい限りです。

そんなことは水に流して、とにかく宿敵・韓国に勝っての優勝は最高でしたね。

個人的な意見でのMVPは杉内城島内川あたりです。

 

その準優勝チーム・韓国も素晴らしいプレーを見せてくれました。

特に3番キム・ヒョンス、4番キム・テギョン、5番チュ・シンス

6番イ・ボムホと並ぶ強力打線の破壊力は凄まじいですね。

これに途中出場のイ・デホが全開で巨人のイ・スンヨプもいたらと考えると

これから4年間、日本も油断していられません。

投手陣も各投手に個性があるので、なかなか1回目の対戦で、

アジャストするのは難しいですね。

層も厚いし、今後もしばらくは日本のライバルとなるでしょうね。

 

そしてベスト4の米国ベネズエラ、善戦したプエルトリコですが、

各チームともメジャーリーグの有名選手を擁し、

パワー野球で魅了してくれました。

しかし、投手陣が精彩を欠き、守備の乱れなどもあって次々と敗退。

これらのチームは主力選手が多数出場していないのというのも確かだが、

それは何の言い訳にもならないあっかんべー

次回は今大回の結果に奮起して「打倒アジア野球」を果たすべく、

一からの出直しを図ってほしいものだ。

 

話を日本に戻すと、次回の主力選手は投手で言えばダル田中将

野手なら青木内川中島川崎栗原あたりでしょう。

それにベテランの松坂村田杉内岩村などが加わるのでしょうかね。

さらに超ベテランとなるイチロー松井秀がいたらまさに鬼に金棒!?

そして次代のスーパースターとなる若手が現れてくれれば、

3連覇は遠い夢だが、叶わぬ夢ではないのかもしれない。

世界経済は不況の出口はまだ見えていないが、

日本の野球界の将来は明るく輝いているきらきら







Last updated  2009.03.25 16:48:18
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.23
カテゴリ:カテゴリ未分類


昨日の東京は午後から嵐になりました。

外に出るのも億劫なので、WBC韓国VSベネズエラ戦を観ていると、

ベランダに黄色の物体がひらひらと飛んできた。

季節はずれの銀杏の葉でも落ちたのかなと思って目をやると、

そこには綺麗な黄色いセキセイインコが・・・びっくり

うちはマンションの5階で他は一軒家だらけなのにどこから?

濡れてて寒そうだったので、とりあえず家の中に。

そしていいタイミングで妻が帰ってきたので、段ボールに網をかぶせて暖房をつけて、

雨風が吹き荒ぶ中、近くのホームセンターへ走った雨

ちょっと狭くて可哀想だけど、その場しのぎの籠と餌を購入。

inko2

ピンボケしていますが、なかなか綺麗な羽根でしょう?

かわいい声も出します目がハート

持ち主が現れるまでうちで保護してあげようと思ってます。

それにしてもどうやって逃げてきたのだろう?

暇を見つけて「インコを預かってます」ってな貼り紙でも出そうかなひよこ







Last updated  2009.03.23 07:11:28
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.22
カテゴリ:カテゴリ未分類

第1試合 ベネズエラVS韓国

先発はカルロス・シルバと尹錫ミンとなるでしょう。

どちらも今大会は絶好調。簡単には打ち崩せないでしょうね。

中国戦以来先発で出ていない尹錫ミンの立ち上がりはやや不安ですが。

打線は迫力としてはベネズエラに分がある。

アブレイユ、カブレラ、オルドネスのクリーンナップに加え、

ギーエン、モーラ、ロペスなど脇を固める選手層も厚い。

一方の韓国は機動力と持前の勝負強さでどれくらい太刀打ちできるか!?

そしてこの試合はとにかく先制点をとってイニシアチブを握ること、これが大事!

ベネズエラは絶対的守護神、フランシスコ・ロドリゲスが後に控えているので、

彼を出させないような試合展開に韓国が持っていけるかがポイント。

アジアの緻密な野球VS豪快なMLBベースボールの第1ラウンドから目が離せない!


第2戦 日本VSアメリカ

こちらは先発が松坂大輔とロイ・オズワルトとなる。

今大会で絶不調のピービは外されましたね。

しかしこのオズワルトもなかなか手強い投手。

メジャーではデビュー以来8年間連続で二桁勝利を挙げており、

04、05年は20勝、昨年も17勝で通算129勝64敗と凄い成績を残している。

かなり安定感のある投手ですね。

となると、好不調の波の激しい松坂の出来次第で試合が転ぶでしょう。

打線は先日も書きましたが、チッパー・ジョーンズとダスティン・ペドロイヤが抜け、

さらにケビン・ヨーキリスまでも怪我で離脱しました。

これはかなり日本にとって追い風です。

起死回生のサヨナラ男、デービット・ライトとアダム・ダンの一発には注意が必要ですが、

あとは小兵ばかりですぺろり

緻密な野球合戦になれば、日本の方が力は上のはず。

あとは松坂を信じて、安心して応援しましょう!






Last updated  2009.03.22 10:11:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は昨日と一昨日に比べると気持ち的にはだいぶ余裕のある試合だったが、

よくぞ宿敵・韓国に勝利してくれました大笑い

今日の最大のポイントは内川の同点弾と青木のセーフティバントでしょうか。

若い二人がやってくれましたきらきら

調子のよさそうな相手投手から鼻っぱしをへし折る本塁打は久々に興奮しましたね。

そして慣れない代打での稲葉小笠原の働きも素晴らしかった。

好調な城島内川の代わりで出場するのは相当なプレッシャーがあったはず。

それをサラッとやってのけるベテラン二人の働きには脱帽です。

投手陣では去年のパ・リーグ新人王、小松(オリックス)でしょう。

あのピンチを切り抜けたカーブ(?)は絶妙でした!!



そしていよいよ23日朝(日本時間)は米国戦

正直、会社に行きたくない・・・。

前回大会では相手の刺客(ボブ・デービッドソン主審)にやられましたが、

今回は後味の良い試合展開に持ち込んで、完勝してほしいです。

米国チームは、中心選手であるチッパー・ジョーンズ

ダスティン・ペドロイヤが負傷で戦列を離れているので打線は大したことはない。

一方の日本も主砲の村田が負傷退場したが、

栗原が緊急招集されているのでさほどの痛手ではないでしょうグッド



そうなると投手陣次第ということになってくるが、

おそらく先発は松坂VSピービのエース対決となるでしょう。

どちらも状態がいい時は手がつけられない超ハイレベルな投手ですが、

好不調が激しいのでこの二人の調子が大きく勝負を分けることになりそうびっくり

ヘタすると、序盤で勝負が決するなんてことも・・・。

優れた左打者を多数抱えている日本がやや有利にも思えますがね。



とにかくあと二つ、みんなで応援しましょう星







Last updated  2009.03.20 17:12:48
コメント(0) | コメントを書く

全216件 (216件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


© Rakuten Group, Inc.