N郎♪音汰。(楽天ブログ)

Profile


N郎♪

2006/06/18
XML



■マジレンジャーて何?

マジレンジャーを知らない人のために、改めてマジレンジャーを紹介。
『魔法戦隊マジレンジャー』はテレビ朝日系列で毎週日曜日の朝7時30分から放送しているスーパー戦隊シリーズの一つで、昨年の2月から今年の2月までの1年間放映していました。
スーパー戦隊シリーズはゴレンジャーから始まるといわれ、マジレンジャーもゴレンジャーのように赤・黄・青・桃・緑とそれぞれの色をもつ5人が主役で活躍しますが、マジレンジャーの5人は兄弟姉妹という設定です。1年を通してそのテーマはぶれることが無く、困難な状況に立ち向かっていく「勇気」や「家族の絆」をテーマとしており、放送時には、号泣したという意見が公式サイトに多数寄せられ、ネット上のいたるところでもそんな意見を見ることが出来ました。

おもしろくて良質なドラマを観たいと思っている人には絶対おススメです。N郎♪に騙されたと思って、DVDを購入するなり、借りてくるなりして是非一度観てみて下さい。
これだけ毎回テンションが高く感動的なドラマが放送されていたってことはちょっと感激でした。近年のスーパー戦隊シリーズの中でもズバ抜けていいと思います。

魔法戦隊マジレンジャー/テレビ朝日公式サイト


■今巻 VOL.11 に収録されているストーリの位置付け

ストーリーも終盤となり、激戦・冥府十神編はいよいよ佳境に突入。

ドレイクとシャインの対決、そして戒律を破って出てきたスレイプニルに兄弟はやられそうになるが、絶対神ン・マを封印している父が助けに現れ、スレイプニルとともに地底冥府へ落ちていく。
マジレンジャー兄弟はニセマジレンジャーと戦いながらもトードから母を取り戻し、母親を含めた6人のファミリーパワーでトードを撃破。最後は父が地底冥府でタゴンにヤラれ、絶対神ン・マの魂は奪われてしまう。マジレンのお父さんは家族を守るために何度地獄を見ることか。親父はつらいよ。

DVDは次の巻でいよいよ最後となり、復活したン・マとの最終決戦に突入していく。テレビ放送時は、息もつかせぬ展開と号泣号泣の連続で大評判のマジレンジャー。今巻はそんなファイナルストーリの真っ只中!!

■N郎♪的視点(その1)

マジレンジャーのお母さんマジマザーは第2話でウルザードにやられて消えてしまうが、この巻に収録されている第44話「母さんの匂い」でようやく5人の子供たちのもとへ帰ってくる。年間を通したストーリー構成がよく出来てるよな~って思うけれど、このストーリの枠組みは一体いつ考えられたんだろう。デカレンジャー放送中に既にマジレンジャーの年間の構成は出来上がっていたってことだと思うけど、第44話が感動的だっただけに、作り手側の戦略・計算には本当に感心する。

■N郎♪的視点(その2)

マジレンジャーでは各回の主役が持ちまわり制となっている。冥府十神編では二人がセットになって主役を持ちまわりしており、前巻では「狙い撃ち」での翼・薪人のセット、「あべこべ姉弟」での芳香・魁のセットとなっていた。今巻では「先生の先生」での魁・ヒカル先生のセット、そして「茨の園」での麗・翼のセットとなっている。次巻では薪人・芳香のセットの話となるが、主役持ち回り制を最後まで貫いたところに感心。そのおかげで視聴者は兄弟一人一人に思い入れが出来たんじゃないかと思う。

脚本家の分担や全体としての構成を決定するのは誰の役割なんだろ、興味があるところだ。

■N郎♪的視点(その3)

今巻の脚本家は以下となっている。

「先生の先生」「対決!二極神」・・・前川淳
「茨の園」「母さんの匂い」・・・・・荒川稔久

前者のストーリーは前川脚本らしく、頭で不可能と思っていることでも実際に行動してみれば打開できることもあるっていうテーマ。まぁ、考えこむ前に行動せよ!!ってことだけれど、アバレンジャーで前川淳が初めて脚本を担当した第9話『目覚めよ!アバレサバイバー』と共通しているものがあると思う。テーマが明確なこの手の話は、いわゆる説教臭いと言われる危険性もはらんでいるけど、好きだ。傑作の条件だと思う。

■DVDのポイント

このDVD、例えマジレンジャーの本編をビデオで録画していたとしても、DVD単独商品としてレンタルなり購入なりする価値があるって思う。”てるこの部屋”など映像特典がいい!!

今回の”てるこの部屋”はついにマジマザー役の渡辺梓さんがゲスト。子供の話など面白かった(笑)。最終巻は父親役の磯辺さんということね。


それにしてもこれだけ質が高く、感動を生んだ傑作『魔法戦隊マジレンジャー』がこのまま終わっていくっていうのももったいないって思う。先週ブログで取り上げた『超忍者隊イナズマ』もいいけれど、これまでの戦隊モノのルールを打ち破り、来年はマジレンジャー2を是非やってもらえないものだろうか。



DVD 魔法戦隊マジレンジャー VOL.11 紹介

収録話数

Stage41 ■ 先生の先生~ゴール・ゴル・マジュール~
Stage42 ■ 対決!二極神~ゴール・ルーマ・ゴル・ゴンガ~
Stage43 ■ 茨の園~マジ・マジ・ゴジカ~
Stage44 ■ 母さんの匂い ~ジルマ・ジルマ・ゴンガ~

映像特典

てるこの部屋/今回のゲストはマジマザー役の渡辺梓さん。渡辺さんの5歳のお子様もマジレンジャーファンとのこと。テレビに出ているマジレンジャーのお母さんを見た後、横で一緒に見ている実際の自分のお母さんと見比べて、首を傾げるとのこと(笑)。あとお母さんには対抗できないから、マジマザーの人形をポイっと投げ捨てて報復するとか(笑)。だけど、スーパーなんかでよその子供がマジレンジャーのお菓子のところでたまっていると、後ろを通りながら「僕のお母さんはマジマザーなんだ~」とさらりと言うのを見たことがあると話していた(笑)

マジカル美術館/デザイン担当の人のコメントが面白い。スノウジェルの戦闘モードの格好が、設定自体に無理があり、唯一こころ残りのあるデザインだと後悔を書いていた(笑)。トードのスゴロク地図にはおたまじゃくしのデザインがされているなど、こだわりを感じさせてくれる。それだけこだわりを持って作られているからこそ、質の高い作品となるんだろな~。どこの世界でも一緒だと思う。

マジカルトーク/今回はイッチーことヒカル先生役の市川さんが席の中心。イッチーの話は自分の話が中心になりがちで、ぶっちゃけいつも面白くない(イッチー及びイッチーファンのみなさんゴメンナサイね)。撮影で使ったケーキ屋さんとイッチーのおさななじみの勤めている会社が偶然取引があって、何年かぶりでおさななじみと再会したとか・・・・超ローカル(笑)

イッチーが話し出すとアニキはウツロな瞳で黙りこくっちゃうし。これからイッチーがどういう道に進むかわからないけれど、芸人を続けるのなら、芸人として職業意識を持って仕事に取り組んで欲しいな~。がんばって!!イッチー!!

DVD 公式サイト







Last updated  2006/06/21 01:02:30 AM
コメント(11) | コメントを書く


PR

Calendar

Category

Favorite Blog

寝落ちまくった日で… New! saruninkoさん

階段解禁 New! サンダーキャプテンさん

ヤハヤハ筋肉元気体… New! 星野遙さん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.