N郎♪音汰。(楽天ブログ)

Profile


N郎♪

2006/07/01
XML

”アントニオ・カルロス・ジョビン”
この名前を知っている人は日本ではどのぐらいの割合なんだろう?



20世紀最高の作曲家と評され、「イパネマの娘」の作曲をし、「ボサノヴァを創った男」と言われている超グレイトな人なんだけれど、果たしてどれだけの日本人がこの名前を知っていることか・・・。

ビートルズやベートーベンは誰でも知っていると思う。そのぐらい知名度があってもおかしくない人だって思う。知らなかったという人はこの名前、これを機会に覚えておいて損はない。かく言う俺も、この名前を意識したのはそんな昔のことではない(笑)。


N郎♪プロフィールでも”好きな音楽”にこの人の名前を挙げている。
ジョビンは好きだ。どう好きかというと、ジョビンの作曲した曲がとてもしっくりきて、いいって思えるからだ。純粋に彼の作り出した曲が好きだってことで、そんなふうに彼の曲を好きだっていう人が世界中にたくさんいたからこそ世界的にグレイトな作曲家になりえたんだろう。

彼の作り出したメロディやリズム、コード進行が、人種や国境を越えて、音楽を感じる人間のなかにある普遍的な感性に訴えかけるからこそ、そんな音楽としての本質の部分で優れているからこそだと思う。

このアルバムはインストゥルメンタルなんだけれど、まさに癒しというかリラクゼーションというか、夜にBGMとして聴くにしっくりくるようなサウンドだ。

ボサノバっていうと”夏の午後”のイメージって言う人が結構多い。けれど、季節は問わず、リラックスしたい時やトンガっているものを丸くしたい時なんか、最高にピッタリくる音楽だと思う。以前、セルジオ・メンデスとブラジル’66の話のところでも書いたけれど、ボサノバってとっても不思議な音楽で、人類の発明したスゴイ宝モノだと思う。今、このアルバムを聴きながらこの文章を書いているけれど、とてもいい気持ちだ。


簡単にアルバムの背景を紹介。

録音は1963年5月9日と10日にされている。その年の3月にはアストラッド・ジルベルトとジョアン・ジルベルトが歌う「イパネマの娘」が収録されたボサノバの超名盤「ゲッツ/ジルベルト」が誕生している。

プロデュースは「ゲッツ/ジルベルト」と同じクリード・テイラー。編曲はクラウス・オーガマン。ジョビンの作曲した曲に、彼自身のピアノとギターをかぶせて録音されている。

解説書によると、このアルバムは軽音楽史的に重要な意義を持っているとのことで、それまでブラジルには存在しなかった「オーケストレイションによる新しいボサ・ノヴァ表現法」を開発したことがその意義の一つだそうだ。当時としては、このアルバム、音楽的にも画期的なアルバムであったということのようだ。

それにしても1963年に録音したアルバムとは到底思えない。40年以上経っている今でも少しも古く感じない。古く感じないどころか、今、巷で流れている音楽よりもよっぽどオシャレでセンスにあふれ、先を行っているようにも感じてしまう。これは驚異としかいいようがない。

収録されている曲は、なじみのある名曲ばかり。多くの曲でボーカルが入っている版を聴いたことがある。

1. イパネマの娘/Garota De Ipanema
2. 平和な愛/Amor Em Paz
3. おいしい水/Agua de Beber
4. 夢見る人/Vivo Sonhando
5. ファヴェラ/Favela
6. お馬鹿さん/Insentanz
7. コルコヴァード/O Morro Nao Tem Vez
8. ワン・ノート・サンバ/Um Samba De Uma Nota So
9. メディテーション/Meditacao
10. ジャズ・サンバ/So Danco Samba
11. ノー・モア・ブルース/Chega De Saudade
12. デサフィナード/Desafinado

(英語曲目リスト)

1. The Girl From Ipanema
2. Once I Loved
3. Agua De Beber
4. Vivo Sohando (dreamer)
5. O Morro Nao Tem Vez
6. How Insensitive
7. Corcovado
8. Samba De Uma Nota So (one Note Samba)
9. Meditacao
10. So Danco Samba
11. Chega De Saudade
12. Desafinado


昼間の喧騒の中ではなく、夜にしっとりと流す。そんな状況で是非聴いて欲しいアルバムだ。リッチな気持ちになれる・・・よ。


アルバムの一部を試聴出来るサイト/JAZZ the BEST

アントニオ・カルロス・ジョビンについてより詳しく知りたい人は
アントニオ・カルロス・ジョビン - Wikipedia







Last updated  2006/07/02 02:27:52 AM
コメント(6) | コメントを書く


PR

Calendar

Category

Favorite Blog

ポンちゃんの火曜歌… New! マダムQさん

美味しいものが食べ… New! 星野遙さん

ネットする氣力ダウ… saruninkoさん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.