N郎♪音汰。(楽天ブログ)

Profile


N郎♪

2006/10/07
XML

思い出してみれば、生まれてきてから今までの中で、一番孤独で辛いと思ったのは19の時だった。そしてその年が終わり、春が来た時、すべてが終わったと実感し、これから本当にやりたいことをやろうと、走りゆく総武線の中で決めた時のことを思い出した。

その19のころの、誰にも知られぬ自分があったからこそ、その後の自分があり、そしてこれからの自分があるのだと思う。「自分」は一体どこで生まれたのか?・・・まちがいなく19の闇のなかで生まれたのだ。

友達によく「今が最悪で落ち込んでいる」と打ち明けられることがある。そんな時、自分はいつもこう答えている

「よくないことはいいことだ。だって人ってよくないことがなければ物事を真剣に考えないもの。よくないときは普段考えないことを考えるもの。だから、よくない時は自分自身が成長できるチャンスなんだって・・・、よくないことはいいことなんだって・・・・。」


こんなことを口に出来るのも、19のころの経験があって、そしてまた、その後の経験があったからだと思う。20代のころ、辛かった時もあれば、おかしくなりそうな時もあった。だけど、そんな時、いつも一人で口ずさんでいたような気がする。「よくないことはいいことだ・・・」って

好きなソングライターボーカリストに、みのや雅彦という人がいる。北海道で長年がんばっている人なのだが、その人の歌のなかにこんな歌詞がある。好きな歌詞だ。

♪ 降り止まぬ雨はない、虹の橋が掛かるまで
♪ 生きてゆくことは苦しくて、たやすくなんかないけれど
♪ 愛すべき幸せのために、闘うなら、悔いはない

●リンク:今も夢しかなかった~みのや雅彦 Official Web Site

現実の世界には降り止まぬ雨もあるのかもしれない。だけど、それでも人は太陽の輝きを求めて歩き出そうとする。絶望のどん底に立たされたとしても、それでも歩き出そうとするのが人の姿なんだと思う。

今日、この日、君に何を贈ろうか?

君には「言葉」を贈りたい。自分も「言葉」に勇気付けられてきたのだし、そして「言葉」を探してきたのだから・・・。







Last updated  2006/10/07 04:26:00 AM
コメント(10) | コメントを書く


PR

Calendar

Category

Favorite Blog

イカ耳るにゃん=^_^= New! 星野遙さん

おやじバンド大集合 New! サンダーキャプテンさん

寒いですね(T_T) saruninkoさん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.