N郎♪音汰。(楽天ブログ)

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

バンド備忘録

2007/09/06
XML
カテゴリ:バンド備忘録

ウチのバンドのライブの日程が決まったので告知しておくよ~

アウフヘーベンライブ日程
2007年10月6日(Sat.) 本八幡ルート14(市川)

OPEN/START 夕方(詳細は後日) adv\1,500/door\1,700 (予定)
交通:JR総武線本八幡駅、京成八幡駅、都営新宿本八幡駅 ホームページ

コメント: 5バンドブッキング、出演順未定(9/1現在)。『あなたとは争う意味がない』待望の演奏。その他、バンドのプライドを賭けたハード・ロックな曲の数々。ライブ後、呑み会あり。参加者募集。

~演るぜこの曲!!~
ネオ・イリュージョン・2007(2007)
ロックの力(1996.8 入間市産業文化センター)






Last updated  2007/09/07 01:30:46 AM
コメント(6) | コメントを書く


2007/03/24
カテゴリ:バンド備忘録

土曜日はバンドのリハーサル日。戸田公園のリハーサルスタジオに行く前、新大宮バイパス沿いのファミレスでキャプテンと待ち合わせ、バンドの話など情報交換をする。バンドを続けていくうえでの諸々のことやライブハウスの場所選定など、話は尽きず。ライブの情報、キャプテンありがとう!!

で、ファミレスからこちらの車に場所を移し、自作曲や昔のバンドのライブ録音などキャプテンに聴いてもらう。今日のリハーサルでは、前回のライブでリクエストのあった昔の曲をいくつか復活させようということで、昔のカセットテープの山のなかからいくつか適当にピックアップして持ってくる。車の中で10年ぐらい前に録音されたそれらを聴きながら、スゲーなーと思い、愕然とする。下の音源リンクは1996年、入間市で行われたロックフェスティバルに参加した時のライブの模様。

●MP3音源リンク:ロックの力(1996.8 入間市産業文化センター)

この時のライブをたまたま聴き直してみて、上の曲以外もいろいろスゲーことやってることを知り、ライブの模様を全曲CD-Rにでも焼き直そうと思う。CD-Rを欲しい方には実費で郵送しますので、ご連絡下さい。

キャプテンと別れた後、新大宮バイパスを南下して戸田公園のスタジオへ。2月のライブで演奏した曲を合わせつつ、新しい曲(昔の曲)も少しセッションしてみる。それらの新曲はCD-Rに焼いてメンバーに郵送することにし、次回のセッションで本格的に練習することとする。

070324.jpg

リハーサルの後のミーティーング。ローズちゃんなどから質問のきている、気になる次のライブ日程だが、6月か7月にはやれるのではないかと思う。場所はキャプテンからビラをもらった上野公園の水上音楽堂が有力候補。野外だし、上野という都内で交通の便がよいところがポイントが高い。他の場所の候補もあり。日程と場所が正式決定したら当ブログでも告知するので、ヨロシク!!






Last updated  2007/03/25 01:10:56 PM
コメント(2) | コメントを書く
2007/02/25
カテゴリ:バンド備忘録

・ライブで一番楽しいのはなんと言ってもライブの後の打ち上げ。ライブに来てくれたお客さん中心に、お店から3度も注意されるほど話が盛り上がった。「はなの舞」越谷西口店さま本当にごめんなさい!!。お客さんから、なんでこの盛り上がりをライブの時に出せなかったのか、思い切ってはじければよかったという後悔の弁も出て(笑)、次のライブではリベンジして大ブレイクしたいという意見あり(笑)。

・お客さんから野外ライブはどうか?という話が出る。俺も夏は野外でロックをやりたいな~。秩父ミューズパークという話が出たけれど、夏の夕暮れ時に秩父ミューズパークでガンガンハードロックの演奏できたら最高だろうな~。日比谷野音、上野水上公園、代々木公園、フジロック(笑)などの話も出て、どっかの野外ライブイベント、参加したいな~。

・バラード「ハート」が終わり、次の曲がはじまるそのつなぎがカッチョよかったという意見あり。これはもうライブ冥利につきる意見で、俺らもそのつなぎがカッチョイイと思っていたから、嬉しい限り。

・そのバラードの後の曲の曲名は「ニュートラル・ドライヴィング」。オリジナル曲としては最期の演奏となったこの曲はバンドのセッションの中から作った曲で、盛り上がりやすい曲。詞の中に「国道4号線を南へ下り走る」とか「武蔵野線の下をくぐり抜けて」とか、地元の固有名詞を織りこんでいるのが特徴。「武蔵野線」という名称が出てきた時はウケたという意見があり、これまた作詞冥利につきる(笑)。俺、結構詞の中に埼玉の地名出すんだよね~。「日曜日には大宮へ行こう~」とか(笑)。サザンオールスターズの歌詞には横浜や湘南の地名がよく出てくるけれど、埼玉だって負けちゃいないぜ!!(笑)。

LIVE20070224.JPG

・N郎♪的にこのライブで一番よかったことは、詞をFIXできたこと。今回3曲ばかり詞を考えたのだが、最期の最期までFIXできず、でも火事場のクソ力でFIXすることが出来た。特に「アライブ・イン・ザ・セイム・タイム」という曲では自分自身納得のいく詞が書けたことは個人的に一番よかったこと。でも作詞ってホント時間と頭を使うね~。ブログを書く50倍ぐらい大変だと思う。

・昔ライブをやっていた時に来てくれたお客さんから、「XXの曲はやらないのか?」とか、「△△の曲を期待していたのに・・・」とか、思いがけずもそんな意見がいろいろ出て、これはもう本当に有り難い意見だった。自分らが昔作って演奏していた曲を覚えていてくれるなんて・・・。21歳のころに書いた曲で「ロックの力」という曲があるのだが、かつてライブをやっていたころ、「ロックの力」を最期の曲としてよく演奏していた。詞が青い(笑)ということもあって、近年練習すらしていなかったのだが、最期は「ロックの力」が来ると思っていたのに・・・とか、そんな意見を聞くと、次にライブをやるときはかつて演奏していた曲を復活させ、よりパワーアップさせて演奏したいと思わされた。

・今回のライブは「ロックンロール・オマージュ」と題し、洋楽ロックの名曲とバンドの曲とを半々ぐらいで演奏したのだが、カヴァーもいいがやっぱりもっとオリジナルをやってもらいたかったという意見もあり。一方、照明や音響を担当してもらったライブハウスのスタッフの方からは、好きなロックだったので自分たちも楽しめたという有り難い意見をいただくこともできた。そのせいか照明もよく演出してくれていたようで、このライブハウスでは20分程度直前のリハーサルでしか合わせていないという話を聞いてびっくりしていた人もいた。普通のライブハウスだとセッティング込みで45分程度の持ち時間しかないが、今回演奏した場所は単独企画がやりやすいので、越谷のこの場所では内容をさらに充実させ、演奏曲も増やして是非もう一度やってみたい。そんな企画であれば、オリジナルもオマージュも双方出来るし、バラードをもう1曲ぐらいやれると思う。

・ドラムのスネアの音がよかったという意見あり。これまたドラム冥利につきる意見だと思う。というのはドラムのヨコチンの音に対するこだわりが素晴らしいからだ。ヨコチンが絶好調の時は本当に素晴らしいドラムプレイをするのだが、あのうねりを、バンドとしてライブの中で出すことがこれからの目標。

・打ち上げに参加してくれた人のなかで、尺八を演奏される方がおり、尺八とロックとのコラボレーションも面白そうではないかという話が出る。是非実現させたい。剣玉(ケンダマ)なら任せとけ!という人もいたが、剣玉とロック・・・・合うかも知れない(笑)

・南浦和まで一緒に武蔵野線に乗って帰った方から、自分もバンドをやりたくなったという話が出る。確かにバンド演奏ってホントおもしろいんだよね~。今だにバンドをやれていることをつくづく有り難いことだと思わされた。みんなもチャレンジしよう!!

・今回打ち上げでいろいろな意見を聞いて、このバンドは、もちろんN郎♪だけのものではなく、そしてバンドメンバーだけのものでもないとつくづく思わされた。バンドはライブに来てくれて楽しんでくれるみんなの共有財産であり、これからはみんなで企画し、みんなで実行していくのがあるべき姿なんだろうな・・・そう思わずにはいられなかった。そうなった時、その娯楽イベントはもはや「文化」と呼んでもいいのかもしれない。その「文化」は大企業やマスメディアとはまったく無縁のところで存在しているわけであり、それ故にマスメディアではありえないような表現も可能であって、やり様によってはいくらでも創造的な表現が可能な場となるのではないかと思う。まさに「ニュートラル・ドライビング」。恐るべき可能性を秘めているような気がしてならない。

まぁ、みんなと握手し、「次のライブも絶対行きます!!」って言う言葉がたくさん聞けて、越谷の夜はいい気分だったよ(笑)。次のライブがおもしろくなりそう~。

●リンク:キャプテンのブログ/ライブレポート in 越谷!

おまけ ライブのMCの中で当ブログに先がけて「未来戦隊タイムレンジャー」についてちょっと話しました(笑)。タイムレンジャー特集、やる予定なんで戦隊ファンの皆様、お楽しみに。






Last updated  2007/02/25 11:28:06 PM
コメント(4) | コメントを書く
2007/02/24
カテゴリ:バンド備忘録
本日のライブ終わりました。もちろん細かいミスや失敗点もありましたが、まぁ、おおむね上手くいったと思います。あんなカゼの強い中、わざわざ来て下さった皆様、本当にありがとうございました。心より感謝いたします。ライブの模様はキャプテンキーンさんがレポートしてくれています。キャプテン、ありがとう!!

●リンク:キャプテンのブログ

そして、当ブログに応援メッセージなど寄せてくださった皆様!!ありがとうございました。こまかい話はまた別途。ありがとうございました。






Last updated  2007/02/25 01:36:17 AM
コメント(4) | コメントを書く
2007/02/17
カテゴリ:バンド備忘録

土曜日、バンドのリハーサル日。前回の修正点を確認し、通して演奏する。さすがに2回も演るともうクタクタ(笑)。だけど、自分でいうのもなんだけど、素晴らしい曲順、ライブ構成だと思う。もし、俺がお客さんだったら超喜ぶと思うな~・・・ってそうなるような選曲をしたんだけどね(笑)。ツェッペリンなんかの洋楽ロックの名曲とバンドの曲とのバランスもよく、今度のライブは「音」に集中したい。ライブハウスだとドラムのタムまわしもいい音で響くから、ヨコチンのドラムもきっと絶好調で全開してくれるって思う。ああ~マジで客として観にいきたい(笑)まあ、ライブに来られる方はお楽しみに。

2月24日(土)越谷メンフィス(東武伊勢崎線・越谷駅西口 MACS大野楽器越谷店 地図
OPEN 18:30/START 19:00  CHARGE \1,300+1Drink


・・・時間は一度しか流れないから美しい。

で、また日曜日の『仮面ライダー電王』第4話がこれまたもう絶妙におもしろかった。小林靖子の脚本が冴えまくり。素晴らしい。

この回の主役であるストリートミュージシャンの山越には悔やみきれない過去があった。約一年前、バンドの将来に白黒の決着を付けるオーディションの日、山越はオーディション会場に向かう途中で道端で泣いている女の子に出合ってしまう。女の子を交番に連れていったりしているうちにオーディションはパーになり、バンドは解散。メンバーも故郷に帰ってしまった。山越は借金をして自費でCDを出すも、うまくいかず、金さえあれば・・・と破滅の道を走ってゆく。

山越の中にあるオーディションの日の後悔の念にカメレオンイマジンはつけこみ、山越の体と一体化してオーディションの日の一年前まで過去を遡ってしまう。一年前の世界で破壊の限りをつくそうとするカメレオンイマジンと、それを阻止しようとする良太郎&電王。両者が闘っている間に、ハナは道端で泣いている女の子を山越から預り、山越は急いでオーディション会場へと向かった・・・・

で、ここからだ。山越はオーディションに間に合った。しかし結局山越のバンドはオーディションで上手くいかず、やはりバンドは解散、過去が変わっても同じように山越は一人でストリートミュージシャンをすることに。

歴史への影響はなかったものの、ハナと良太郎が山越を助け、過去を変えたことにオーナー(歴史の運行をしきっている人)は苦言を呈す。・・・だが一つだけ歴史が変わったことがあった。ストリートミュージシャンを続ける山越は、カネの力ではなく、自分の力で夢を追うことを決心したのであった。

ハナと良太郎に苦言を呈したオーナーはこう言って席を立つ。
・・・時間は一度しか流れないから美しい。

2007年2月の今日という日も同じように。

●過去ログ:「仮面ライダー電王」 俺、参上!







Last updated  2007/02/20 07:44:19 PM
コメント(6) | コメントを書く
2007/02/10
カテゴリ:バンド備忘録

土曜日、バンドリハーサル日。24日のライブで演奏する曲について、前回のリハーサルの後に考えたアイデアをメンバーに伝え、その部分を集中的に練習する。ギターもドラムもベースも口で伝えただけで直ぐにやれるからスゴイ。

で、音が薄いからそこの部分、キーボードを入れてくれという話になり、キーボード担当(俺だぜ!!(笑))もそこで音を合わせることに。でも、ドラムのタム回しのあとに、音を入れる部分がよくわからず何度かしくじる。休憩タイムに

「・・・合わせられる?」

と心配する声。

「(一瞬間)・・・大丈夫、大丈夫(笑汗)」

と、俺。

練習再開後はうまくいった。人から指摘されると気合と集中力が増すからおもしろい。

ライブで演奏する曲を通してやった後、時間がきたのでリハーサル終了。リハーサル後、演奏した曲をミーティングスペースで振り返り、4人でチェックをする。1曲1曲順番に、あの部分はしっかり合わせたほうがいい~とか、XX月にやった時のようなドラムの盛り上がりを出したいとか意見を出し合う。なかなか充実したミィーティングとなった。スタジオに入ってなくても音楽的に充実したミィーティングが出来るっていいことだと思う。そんな積み重ねがバンドとしていいパフォーマンスを生み出す結果となるんだろうね。


■ライブ告知■
2月24日(土)越谷メンフィス(東武伊勢崎線・越谷駅西口 MACS大野楽器越谷店 地図
OPEN 18:30/START 19:00  CHARGE \1,300+1Drink


前回の練習はスタジオが狭く、他の楽器に負けて不本意なボーカルとなってしまった。が、今回の練習はモニターを有効活用したおかげで、録音したものを後から聞き直してみても、我ながらなかなかいいボーカルとなった。ボーカルの質には更にこだわりたい。

・・・

ミーティングの前、ギターのケンちゃんと仮面ライダー談義に花が咲く。ケンちゃんの意見では「仮面ライダー龍騎」と「仮面ライダー555」が面白かったという。電王は観ていないというので、ススメておいた。小林靖子が脚本を書いていると伝えると、それなら期待が持てると話していた。この場は重要な情報交換の場でもあるのだ(笑)。


abared.JPG


ミーティングが終わった後、ドラムのヨコチンがアバレレッドと仮面ライダーブレイドの30センチぐらいのソフビを持ってくる。以前一緒にバンドをやっていたSさんが俺のために持ってきてくれたというのだ。
~そういえば俺、Sさんがいた時も戦隊の魅力を語ってたっけ・・・(笑)

アバレレッドはいただき、ブレイドはケンちゃん譲った・・・ケンちゃん、自分のものにすると言って本当に喜んでいた。
Sさんありがとう!!






Last updated  2007/02/12 03:26:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
2007/01/27
カテゴリ:バンド備忘録

土曜日の夜、バンドの日。ライブでやる予定の曲を合わせて、あやふやな部分を詰め、なかなか中身のある練習となった。バンド独自の曲とともに、ツェッペリンやクイーンなど70年代・80年代のお気に入りロックの名曲を演奏する予定で、ロックン・ロールに対するオマージュ的な内容となると思う。

バンド独自の曲では初おひろめとなる歌詞が3曲あるのだが、これまで散々バンドで合わせておきながら、これといった詞の方向性が決まっておらず、いつも適当な言葉を並べてお茶を濁していた。が、ようやくこれだ!!と思えるような歌詞の方向性を決めることが出来た。

何故歌詞を作るのが難しいのか?・・・ちょっと考えてみた。曲のほうが先にあって、その曲調にふさわしい歌詞はどういった歌詞なのか選択するに迷う(選択の幅が無限にある)、過去の作品とダブさせたくない、これだ!と思えるような表現になってない・・・とか、いろいろあると思う。個人の作品では、はじめにこれこれこういった歌詞を書きたいという明確な意志があり、その歌詞に合わせて曲調を決めればよいのだが、バンドで共同で作った曲に歌詞をのせる場合、歌詞についてはいつも満足のいく完成度とはならず四苦八苦する。こんなふうなのがいいだろうと思って決めた歌詞でも、歌っていて自分自身がのめりこめず、もの足りなさを感じてしまうというような・・・。

多分、もっと自分を出すなり、個人的な作品を書くぐらいのふっきれた気持ちがあればいいのかもしれない。曲に対してももっと愛情が必要なのだろう。

・・・とまぁ、書きながら思考は整理されていく。いつだって最高傑作の歌詞を書きたいと思っているのだ。今作っている歌詞が、これまでにない最高傑作となるであろうことは確信している・・・多分(笑)。

まぁ、気楽に安くロックを楽しめそうな場所のようなので、”生N郎♪”に興味がある人は遊びにきてね(笑)

2月24日(土)越谷メンフィス(東武伊勢崎線・越谷駅西口 MACS大野楽器越谷店 地図
18:30 OPEN 19:00 START







Last updated  2007/01/29 12:39:52 AM
コメント(4) | コメントを書く
2006/12/09
カテゴリ:バンド備忘録

別冊宝島 『昭和・平成日本「怪死」事件史』について書いてる途中だけれど、土曜日はバンドの練習だったんで一時中断。パークサイド、混んでたな~。秋の学園際シーズンも混んでたけれど、12月ってバンドをやるシーズンなのかな・・・。となりのスタジオで練習していたファンキーのバンド、かっこよかった。ジェームス・ブラウンやってたのかな・・・・。ファンキーやりたくなっちゃいました(笑)。

で、前回書いたドラムのヨコちんもとりあえず落ち着いてホッとしてます。やるだけのことはやったとのこと。ドラムのプレイも力強かった。ライブの予定は延期になったけれど、まぁ来年の2月か3月には出来そうな感じなんで、楽しみにしている皆さんには顔向けできそうでよかった~。

バンドではどういった系統の曲をやっているかというと、70年代ロックに近いような感じかな~。ギターのケンちゃんはツェッペリン好きだし。演奏予定の曲はだいたい決まっていて、そんなロックな曲が大半を占める中、鍵盤弾き語りのバラードも一曲やることに。これ、楽しみにしていてね(笑)

あとは詞だね。これからは作詞の季節になると思う。自分のプロフィールには「歌詞とボーカルにはうるさい」って書いているから、実力をフルに発揮し、真剣に書くよ。勝負だね。






Last updated  2006/12/11 01:15:26 AM
コメント(6) | コメントを書く
2006/11/11
カテゴリ:バンド備忘録

ガオレンジャーについて書いているけど、土曜の夜はバンドの日だったんで一時中断。

戸田公園のスタジオに車で行く時、いつもは国道17号か新大宮バイパス経由で行くんだけれど、今回は東大宮方面の第二産業道路沿のお店に用事があったため、用を済ませてから第二産業道路をそのまま南下。川口に入ってから298号経由で戸田に向かうことにした。

行きの車のなかでは例によって戦隊ソングを大音量でかける。マジレンジャーのテーマソングを久しぶりに大音量で聴いたけれど、オープニングで思わず感涙。この曲ってマジレンジャー本編を思い出して泣いちゃうんだよね。それにしても5つのエレメントが登場する歌詞はよく出来てるよな~っと改めて感心。

今度の日曜日は渋谷のオンエアイーストでライブイベント「スーパー戦隊“魂”2」が行われる。マジレン組の岩崎貴文とSister MAYO も出演するらしい。残念ながら行くことはできないけれど、ライブの光景をイメージしながらマジレンのテーマを繰り返し聴く。ゴージャスなオーケストラサウンドに、ライブではこれどうやって再現するだろうと興味津々。盛り上がるだろうな~。

「呪文降臨~マジカル・フォース」も演奏されるんだろうけれど、多分今回のライブのクライマックスになるんではないかって思う。この曲が流れてくると本当に一日が終わっていくようなイメージがあるから不思議だ。

マジレン2曲を大音量で流した後は、お約束でガオレンジャーとタイムレンジャーのテーマ曲を流す。この2曲はやっぱり大音量で聴かないとよさはわからないよな~と思いながら、タイムレンジャーのギターソロにあらためて聞き惚れる。

で、次は「The Galactic Warriors Gingaman」と「Naked Mind」。希砂未竜のボーカルに合わせて、運転しながら思いっきり歌う。もう298号に入っている。スタジオに入る前のボーカルのウォーミングアップとして、この2曲は最高にいい。

おかでげで今回のバンド練習はいつになくボーカルが絶好調だった。次回からも「The Galactic Warriors Gingaman」と「Naked Mind」でウォーミングアップして行こう(笑)

ドラムのYさんは農家でいちご栽培をやっている。出来るだけ農薬を使用しない栽培をしているんだけれど、今年はいつになく伝染病が流行り、7割枯れてしまったと嘆いていた。

音楽自体のことより、音楽の周辺のところでいろいろと考えされられた練習日だった。でも、ボーカルは絶好調で、なんとかな~って思いながら帰途についた。






Last updated  2006/11/14 03:29:59 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/10/17
カテゴリ:バンド備忘録

土曜の夜はバンドの日。学園祭シーズンのせいか、パークサイドの駐車場は満杯だった。相変わらず前回の練習をCD-Rに焼いて送るという約束が果たせず。カセットテープに録音しているのだが、それをCD-Rにするまでの道のりが険しい。実は大したことではないのだが、そういった煩雑な作業をやりとげるまでが大変。これは気力の問題なのか。ちょっと分析してみよう。

だいたいいつもの行動パターンはこういう感じだ。

1.土曜の深夜にバンドの練習をやる。3時間ぐらい。
2.家に帰ってくるのは日曜の午前2時ぐらい。
3.家に帰ってくるまでは気力に満ちているが、家にたどりついてPCをいじり出した時点でもう眠くなる。
4.日曜日は上半身が筋肉痛。特に横隔膜を使う筋肉(背筋や側筋)に疲労蓄積=眠くなる(本当に眠くなる)。でも日曜日はやらなければならないことが多いから眠っているわけにもいかず、あれこれ無理をしながら日曜日が過ぎていく。
5.いつの間にか月曜日がきて、金曜までのウィークデーサイクルに戻る。
6.再び土曜日がやってくるが、あわただしい1週間が過ぎて、1週間前のことはすっかり忘れてしまっている。

これが悪循環のサイクル。仕事が忙しくなるとあっという間に1ヶ月が過ぎてしまい、そして毎度このパターンに。そうは言ってもお前、戦隊シリーズ観てる時間があるじゃんか・・・・ごもっとも。そう考えると時間の問題というよりも、気力の問題なのかもしれない。
煩雑でちまちました作業は気分が全然乗らないんだよね・・・。

こんなことを考えていると例によって方法論の話となってしまう。少しずつやるとか、習慣にしてしまうとか・・・やっぱ方法論って必須なのかな~。だたひとつ言えることは、気分に忠実であってはならないということ(笑)。気分なんてあてにならないものとは決別しよう。だって、ちまちました作業は・・・

明日早起きしてやろ!!(笑)






Last updated  2006/10/18 01:08:46 AM
コメント(6) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.