342562 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

多発性硬化症(MS)とともに・・・

PR

プロフィール


nao−尚−

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

nao−尚−@ Re[1]:めで鯛(01/01) H!LO (*^^*)さん いつもありがとうござい…
H!LO (*^^*)@ Re:めで鯛(01/01) おそくなりましたf(^_^) 今年もよろしく…
nao−尚−@ Re[1]:もう、ここらでやめておけ。(12/13) H!LO(*^^*)さん そうですね…いろんな方が…
H!LO(*^^*)@ こんばんは(*^^*) 程ほどにと言ったらいのかな? 妹さんみた…
nao−尚−@ Re[2]:喫茶店行ったよ!(09/26) H!LO(^-^)さん あら笑 心配かけてしまっ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


高校生の時、不登校・うつになり2年間引きこもりました。

21歳の時には、父を胸部の解離性大動脈瘤で亡くしました。

そして、26歳で多発性硬化症たはつせいこうかしょう(MS)を発病しました。

この病気は特定疾患に指定されている10万人に7,8人の難病です。

日々感じたことを素直に書いていますので、読んでいただければ嬉しいです^ ^



2018/09/18
XML
カテゴリ:趣味たち




あれも読みたいしこれも読みたい。




Myリストの中から次に読む小説を決める時、いつもものすごく悩んでしまう。

あれも読みたいしこれも読みたい。

あ、これも忘れちゃいけなかった。

一冊一冊順番に読むしか術はない訳で、どれでもいいと言えばいいのだが、まぁ、うん、結局いずれ読むからどれでもいいよ。




ということで、私はいつも、これが最後に読める小説だとしたら、と思って選ぶことにしている。

一番読みたいというよりかは、読んでおきたい、なのかもしれない。

そう考えるとすぐに決まる。

(因みに、今、巨大長編に取りかかったところである。

読了するのに何ヶ月もかかるような小説は以前は躊躇していた感はあったが、

いざ読み始めてみると、その世界にどっぷり浸って数ヶ月間過ごせることはとても幸せであることに気付いてからは、進んで選ぶようになった。)




という方法で読み進めてきたのだが、全然選んでもらえない小説というものが出てくるのは当然な訳で、

つまりはそれはおそらく今はそこまで読みたくないのだなということだと思って、リストから外すこともある。




今日は、どうでもいい大げさで幸せな悩みでしたとさ。​






最終更新日  2018/09/18 07:18:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.