000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ERICO島にようこそ!

5月2日(出産の日)

5月2日 22:10 長女が誕生しました。
本当にバタバタした1日でした。

6:00  いつもよりすっきりと目が覚める。

9:00  子供を学校へ送り、そのまま健診に向かう
     不定期に痛さを伴う張りを感じる。余裕で耐えられる痛みなので
     前駆陣痛かも、と思う。
     少し吐き気がする

10:00  夫と待ち合わせをして健診。
     超音波を受ける。
     7Lb.7oz(3400グラム弱)  
     Baby girl
Everything perfectとのこと

10:40  担当のDr.Turnerの健診
     ノンストレステストを受けかけるがやめる
    (超音波の結果が良かったため?
     後は陣痛街だから?)
    内診はなし、来週まで待って生まれてこなければ計画出産と
    言われる。
    私には3400グラムは大きいし、精神的、体力的、上の子のことを
    考えて、5月5日に計画出産を決める。

11:00  夫とランチ
    不定期な痛みを伴う張り。
    10分~20分間隔?余裕で耐えられる痛さなので前駆陣痛?と思う。

12:00  子供を迎えに行く。途中でバブルティー(小豆)を買う。
    通行止めに合う。迎えに行くのに焦っていたため
    張りは全く感じなくなる。

13:30  子供をPICK UP。駐車場から走って教室に向かう。
    帰りにグロッサリーストアーに寄る。
    レジで子供が脱走。走って追いかける。
    店の人も暇な時間だったようで3人ぐらいに集まられ
    「妊婦さんなのに大変ね~。予定日はいつ?性別はどっち?」
    などと質問攻めに合う。     
    答えるのに子供を抱っこして押さえつける。
    アイスクリームを買っていたため急いで駐車場へ。

15:00頃 「おしるし」ごくわずかな鮮明な出血。
     陣痛らしき物は感じない。一応夫へ報告の電話をする。

16:00頃 また少量の出血。痛みを伴う張りが復活。
     夫に定時で帰ってきてもらうように電話をする。
     子供のリクエストにより、かぼちゃを煮る。
     小豆8粒を飲んでみる。(安産になるとか?)

18:00頃 夫帰宅。
     子供の学校のイベントへ出かける。
     痛みを伴う張りはある。耐えられる痛さ。
     クラスメイトの父兄と「まだ生まれてなかったのね」
     「もうすぐね」などと話す。
     あるお父さんに「本当にもうすぐそうだね」夫「今晩かも」
     と冗談?を言いながら笑う。
     ホールに集まって先生が歌うのにあわせて、子供たちも歌い、
     振り付け。
     うちの子も上手にするのを見て、嬉しくなる。     

19:30頃 帰宅。途中で買い物をする。
     歩くのが辛いけど、耐えられるぐらいの痛みになる。
     急いで夕ご飯のから揚げを揚げる。
     夫と子供はその間にシャワーを浴びる。
    
20:00  急いでシャワーを浴びる。
     シャワーを浴びても痛いので「陣痛!?」と思う。
     ご飯を食べる。やっぱり痛いので「陣痛!」
     時間を計ると5分~7分間隔。

20:30  病院に電話をしてもらう。
    「横になって治まるなら陣痛じゃないわ」などと言われたらしい。
     夫が「2人目なのでこれは陣痛。5分間隔できている」と必死で言      う。
     3分~5分?

20:50  病院へ向かう
     3分~5分間隔で痛みが来る。
     陣痛の来ていない間は「陣痛じゃなかったらごめんね~」
    「この時間なら道も混んでいないね」などと余裕の会話。
     陣痛が来ているときは必死で「フー、フー」と呼吸をする。
     夫に「来た?」と話しかけられても、リズムが狂うので
     答えられない。
    
21:30  病院着。 
     受付で書類の作成に質問をされる。なぜか夫ではなく、私が答える
     ように言われる。
     合間に陣痛。受付の人も時間を計りながら、産婦人科に電話。
     車椅子が向かえに来る。

21:45  Delivery roomへ。
     尿を取り、服を着替えるように言われる。
     出血に気が付く。
     合間に陣痛がくるので手間どう。
     子供は絵本を借り、塗り絵とクレヨンをもらう。    

    分娩台へ。助産師さんが内診。子宮口9センチ!
    「すぐ生まれるよ」と言われる。
    看護婦さんに「赤ちゃんの主治医」他質問をされる。
    助産師さんが「いきみたい?」と聞いてくる。
    陣痛が来ているときはいきみたい、と答える。
    この時でも1分間隔の陣痛?
    助産師さんが破水をさせる。
    強い陣痛が来る。
    1回いきむと頭が出かかっているのがわかる。
    すごく熱く感じる。もう1回いきんでみる。
    「頭を触りたい?」と聞かれるが断る。
    実妹が言っていた「柔道の受身」を思い出し、
    目を開けてあごを引き、ちょっと丸まっていきんでみる。
22:10  スルッと赤ちゃんが誕生!!
    元気な泣き声がする。

陣痛で無駄な体力を使わなかったためか、分娩中は結構冷静で
「今、こんな様子なんだろうな~」と考えることができました。
上の子も立ち会うことができ、夫が臍の緒を切りました。
上の子の時はちょっとひっぱり出したようですが、
今回は自分でスルッと出てきた、と夫は言っています。
上の子の時には「やっと終わった~」と思ったものですが、
今回は「かわいい~、嬉しい~」と思える余裕がありました。
ベストなタイミングで出産できたかな?と思います。
これ以上早くに病院に来ていたら上の子の間がもたなかっただろうし、
遅かったら車の中で出産していたことでしょう。
    


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.