370424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テレビ大好き

2013/07/19
XML
カテゴリ:スポーツ
観衆3万4339人を集めて第1戦が行われ、全パと全セが1―1で引き分けた。フレッシュな顔触れとなった今季の球宴を象徴するように若手が活躍。最優秀選手(MVP)は、全セの2番手として登板し3回無失点だった巨人の沢村拓一投手(25)が選ばれた。

 投手と野手の「二刀流」に挑戦している日本ハムのルーキー大谷翔平(19)は5回に3番手で登板し1回無失点。その後は外野の守備に就いて2打数無安打だった。

 投手・大谷は全球150キロを超えるストレートを投げ込み、MAXはプロ入り後自己最高タイの157キロ。2死から長野(巨人)、丸(広島)に連続安打を許したものの、1イニングを2安打無失点に抑えた。6回表からは野手として左翼の守備に入り、2打数無安打。6回の打席では三浦(DeNA)の超スローカーブに投ゴロ、9回2死では西村(巨人)と対戦して左飛に終わり、試合終了となった。

 田中(楽天)前田健(広島)の同級生対戦で幕を開けた試合は、1回に全パが糸井(オリックス)の適時打で先制。全セは7回に中村(DeNA)の適時打で同点に追いついた。






Last updated  2013/07/19 11:16:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


エスキーズ。

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10

Freepage List

Headline News

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.