000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テレビ大好き

2014/02/22
XML
カテゴリ:スポーツ
Jリーグの今シーズン初となる公式戦であるゼロックス・スーパーカップが22日に国立競技場で行われ、J1王者のサンフレッチェ広島と天皇杯王者の横浜F・マリノスが対戦した。

 試合は、立ち上がりから広島が攻勢を強める。キックオフ直後、野津田岳人からのパスを受けた石原直樹が決定機を迎えると、3分にはロングボールに反応した佐藤寿人が、一瞬の隙を突いて横浜FMゴールに迫った。そして6分、早くも試合が動く。ボールを持った石原が右サイドを突破。ゴール前に折り返すと、野津田が押し込んで広島が先制した。

 対する横浜FMも18分、齋藤学が左サイドを突破してクロスを送る。しかし、ゴール前で待っていたフリーの藤本淳吾はシュートを枠に入れることができず、得点には至らなかった。その後、横浜FMはセットプレーからチャンスを作り出すが、ゴールは生まれず。広島が1-0とリードして前半を終えた。

 後半に入ると、再び広島が横浜FMゴールを襲う。しかし、5分に訪れた佐藤の決定機は、横浜FMのGK榎本哲也がセーブ。直後には青山敏弘がゴールネットを揺らしたものの、シュートを避けた佐藤がオフサイドポジションにいたため、ゴールは認められなかった。

 それでも21分、広島は右サイドから野津田がチャンスを演出。絶妙なボールをゴール前に送ると、走り込んだ途中出場の浅野拓磨が貴重な追加点を挙げて、リードを2点に広げた。その後も、石原がGKと一対一の場面を迎えるなど、広島は試合を優位に進めた。

 反撃を試みたい横浜FMは、齋藤の突破以外に攻略の糸口をつかめず。ペナルティーエリア内に侵入できない状況が続き、カウンターからピンチを招くなど、試合の流れを引き寄せることができなかった。結局、試合はこのままタイムアップ。2-0で勝利した広島が、昨年に続き同大会を制した。






Last updated  2014/02/22 10:29:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


エスキーズ。

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2022/07
2022/06
2022/05
2022/04
2022/03

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.