410699 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テレビ大好き

全969件 (969件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

スポーツ

2014/03/24
XML
カテゴリ:スポーツ
世界ボクシング協会(WBA)前ライトフライ級王者の井岡一翔(25)=井岡=は24日、5月7日に大阪・ボディメーカーコロシアムで国際ボクシング連盟(IBF)フライ級王者アムナト・ルエンロン(34)=タイ=とタイトル戦を行うと発表した。勝てば15戦目での3階級制覇となり、亀田興毅の25戦を抜いて国内最速記録となる。

 記者会見で井岡は、「幼い時に思い描いた時が来た」。叔父の弘樹氏は3階級制覇を達成できなかった。「井岡家に生まれ、悔しい思いをしてきた。達成したい」と意気込んだ。

 また、同じ興行でIBFミニマム級王者の高山勝成(30)=仲里=が同級10位の小野心(31)=ワタナベ=と2度目の防衛戦を行う。






Last updated  2014/03/24 11:08:27 PM
コメント(0) | コメントを書く


2014/03/21
カテゴリ:スポーツ
サッカーの欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選が21日、スイスのニヨンで行われ、香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、連覇に挑むバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との対戦が決まった。
 2季ぶりの王座奪回を目指すチェルシー(イングランド)はパリ・サンジェルマン(フランス)と顔を合わせる。前回準優勝のドルトムント(ドイツ)はレアル・マドリード(スペイン)と、バルセロナ(スペイン)はアトレチコ・マドリード(同)と対戦。
 準々決勝第1戦は4月1~2日、第2戦は8~9日に行われる。






Last updated  2014/03/21 09:27:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/18
カテゴリ:スポーツ
 E組のC大阪はホームで、ブリラム(タイ)に4-0で完封勝ちを収めた。勝ち点3を加えたC大阪は1勝1敗1分け(勝ち点4)となった。

 前半3分に柿谷が先制ゴールを決め、同33分にはMF南野が追加点を奪った。さらに後半38分にも南野がダメ押し点を奪うと同ロスタイムにはFWフォルランが移籍後公式戦初ゴールでダメ押しした。






Last updated  2014/03/18 10:27:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/15
カテゴリ:スポーツ
日本バスケットボール協会は15日、新たな男子プロリーグを設立し、2016~17年シーズンからリーグ戦を実施することを正式発表した。今季から始まったナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)と、既にプロとして活動しているbjリーグを一元化して国内トップリーグに位置付ける。
 協会の事業力向上や日本代表の強化などが目的。今後は設立準備室を立ち上げ、NBLやbjリーグの各チームに新たなプロリーグへの参加を求めていく。
 リーグの充実によって、20年東京五輪を目指す日本代表チームの底上げも期待されている。ただし、日本が開催国枠で東京五輪に出場できるかは、まだ決まっていない。






Last updated  2014/03/15 11:00:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/14
カテゴリ:スポーツ
第86回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は14日、毎日新聞大阪本社(大阪市北区)での組み合わせ抽選会で出場32校の初戦の相手が決まり、好カードが並んだ。

 ともに甲子園制覇の経験がある智弁和歌山と明徳義塾(高知)が第4日第3試合で激突。2002年夏の決勝で対戦したときは、明徳義塾が勝った。夏春連続出場の横浜(神奈川)と、11年夏から3季連続準優勝した八戸学院光星(青森)の対決も興味深い。昨秋の神宮大会決勝で争った2校は、優勝の沖縄尚学が報徳学園(兵庫)とぶつかり、逆転負けした日本文理(新潟)は初出場の豊川(愛知)と対戦する。

 池田(徳島)と21世紀枠の海南(和歌山)は27年ぶりの出場同士。東日本大震災の被災地・気仙沼市からは東陵(宮城)が登場し、同じ初出場で関東王者の白鷗大足利(栃木)との顔合わせとなった。

 選手宣誓は初出場の広島新庄の中林航輝主将が引き当てた。大会は阪神甲子園球場で21日に幕を開け、12日間(準々決勝後に休養日1日)の日程で行われる。






Last updated  2014/03/14 11:49:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/09
カテゴリ:スポーツ
JリーグがJ1、J2の下部に新設したJ3が9日、全国各地でキックオフし、特別参加のU-22(22歳以下)選抜を含む12チームがJリーグでのスタートを切った。

 3年前の東日本大震災を乗り越えてプロリーグ参戦にこぎ着けた福島は、昨年の日本フットボールリーグ(JFL)王者の長野に0-1で惜敗した。J1、J2で出場機会が少ない若手選手に経験を積ませる目的で編成されたU-22選抜は、琉球に0-3で完敗した。

 Jリーグはサッカーの普及やスポーツ文化の振興のため47都道府県に100クラブをつくる構想を掲げており、J3の発足でJクラブは36都道府県51クラブに広がった。

 J3は3回戦総当たりで、最終節は11月23日に行われる。






Last updated  2014/03/09 10:56:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/22
カテゴリ:スポーツ
Jリーグの今シーズン初となる公式戦であるゼロックス・スーパーカップが22日に国立競技場で行われ、J1王者のサンフレッチェ広島と天皇杯王者の横浜F・マリノスが対戦した。

 試合は、立ち上がりから広島が攻勢を強める。キックオフ直後、野津田岳人からのパスを受けた石原直樹が決定機を迎えると、3分にはロングボールに反応した佐藤寿人が、一瞬の隙を突いて横浜FMゴールに迫った。そして6分、早くも試合が動く。ボールを持った石原が右サイドを突破。ゴール前に折り返すと、野津田が押し込んで広島が先制した。

 対する横浜FMも18分、齋藤学が左サイドを突破してクロスを送る。しかし、ゴール前で待っていたフリーの藤本淳吾はシュートを枠に入れることができず、得点には至らなかった。その後、横浜FMはセットプレーからチャンスを作り出すが、ゴールは生まれず。広島が1-0とリードして前半を終えた。

 後半に入ると、再び広島が横浜FMゴールを襲う。しかし、5分に訪れた佐藤の決定機は、横浜FMのGK榎本哲也がセーブ。直後には青山敏弘がゴールネットを揺らしたものの、シュートを避けた佐藤がオフサイドポジションにいたため、ゴールは認められなかった。

 それでも21分、広島は右サイドから野津田がチャンスを演出。絶妙なボールをゴール前に送ると、走り込んだ途中出場の浅野拓磨が貴重な追加点を挙げて、リードを2点に広げた。その後も、石原がGKと一対一の場面を迎えるなど、広島は試合を優位に進めた。

 反撃を試みたい横浜FMは、齋藤の突破以外に攻略の糸口をつかめず。ペナルティーエリア内に侵入できない状況が続き、カウンターからピンチを招くなど、試合の流れを引き寄せることができなかった。結局、試合はこのままタイムアップ。2-0で勝利した広島が、昨年に続き同大会を制した。






Last updated  2014/02/22 10:29:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/17
カテゴリ:スポーツ
米プロバスケットボール、NBAのオールスター戦は16日、ルイジアナ州ニューオーリンズで行われ、東カンファレンスが163-155で西カンファレンスを下し、4年ぶりの勝利で対戦成績を37勝26敗とした。

 東カンファレンスの逆転勝利をけん引したのは3年目のアービングだった。191センチとNBAでは大きくないが、競り合いになった第4クオーターに躍動。スピードを生かして長身選手を揺さぶって次々とシュートを決める。チームが第4クオーターに奪った40点のうち15点を挙げ「最後までしっかりと戦い切れた」とうれしそうだった。

 2011年のドラフト全体の1位指名で、新人王に輝いた逸材。NBAのトップスターが受賞しているオールスター最優秀選手に選ばれ「他にもMVPになるべき選手がいた。すごく光栄」と遠慮がちに言った。






Last updated  2014/02/17 10:07:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/14
カテゴリ:スポーツ
月給40万円の再出発だ。昨季限りでDeNAを戦力外となったアレックス・ラミレス外野手(39)が独立リーグ、BCリーグの群馬に入団することが決まった。打撃コーチ兼任で1年契約。背番号はDeNA時代と同じ「3」で、14日に群馬県高崎市内で入団会見を行う。

 「昨オフに最初に獲得のオファーを出してくれたのが群馬だった。感謝している。群馬に貢献して、NPB(のチーム)に戻れるよう頑張りたい」

 来日13年間で首位打者1度、本塁打王2度、打点王に4度輝いたラミレス。昨季は4月には外国人選手として史上初めて通算2000安打の偉業を達成したが、打率・185、2本塁打、14打点といずれも自己ワーストに終わった。2年契約最終年となった昨季限りでDeNAを退団。西武など数球団が獲得に興味を示したが契約には至らなかった。それでも、現役続行の意欲は衰えなかった。

 「引退を考えたことはない。野球が好きだし、NPBでまだまだできる自信はある。試合に出続ければ打率・300、25本塁打は打てる」。心は折れることはなかった。

 関係者によると、NPBの球団からシーズン途中に獲得の打診が届いた場合はラミレスの希望を尊重し、契約解除できる付帯条項がついている。また、BCリーグでは所属選手に、シーズン中は月給プラス活躍に応じた報奨金を支給している。ラミレスは月給40万円。年俸に単純換算すると480万円で、昨季年俸3億5000万円の約73分の1だが、「お金にこだわりは全くない」と話しているという。

 昨オフから好物の炭酸飲料の摂取をやめると同時に、トレーニングジムに週6回通い詰め、体重を6キロ減の99キロまで絞った。「体に切れが出て内角の球への反応が良い。最近8年で一番状態は良い」。来日14年目。最強助っ人の新たな挑戦が群馬で始まる。






Last updated  2014/02/14 10:21:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/13
カテゴリ:スポーツ
今月11日に弟子・中嶋勝彦との闘いに敗れ、突然引退発言していたプロレスラーの佐々木健介(47)が13日、都内で記者会見を開き、現役引退を正式に発表した。佐々木は「長きに渡り、リングに上げていただきありがとうございました」と深く一礼し「思い残すことは何もない」と完全燃焼を理由にあげて笑顔をみせた。

 引退を決意したのは、先日の師弟対決だといい、佐々木は「勝彦の試合で負けたとき、うれしかった。あいつはどんなきつい練習も頑張ってきた。一緒に乗り越えてきた。その男が、佐々木健介に勝った。めちゃくちゃうれしかった」と、一番弟子の“親父超え”を感慨深げに振り返った。

 その一方で、「でも、昔の俺だったら、悔しがっていたと思う。負けてうれしかったということが頭をよぎったとき、佐々木健介というプロレスラーは終わったなと思いました」と、淡々とした口調で語った。

 引退試合について問われると「自分の中で、11日の勝彦との試合で納得したから、(引退発言を)言ったんだと思う。こないだの11日の試合で終わりたい。あの試合があったからこの感情になった」と説明した。

 会見には、妻で元プロレスラーの北斗晶も駆けつけ、最愛の夫をねぎらった。

 佐々木は、1986年2月16日に全日本プロレス後楽園ホール大会でデビュー。翌87年に新日本プロレスに入団し、以降トップレスラーとして多くのタイトルを獲得。2003年にフリー転身後は、各団体に参戦して活躍。08年には、第13代GHCヘビー級王座となり、新日本のIWGP、全日本の三冠ヘビーと合わせて初の国内3大メジャータイトル戴冠という快挙を達成した。12年10月には頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアのため長期欠場するアクシデントにも見舞われたが、昨年2月に復帰した。






Last updated  2014/02/13 11:15:44 PM
コメント(0) | コメントを書く

全969件 (969件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

PR


© Rakuten Group, Inc.