000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テレビ大好き

テレビ大好き

全441件 (441件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

芸能ネタ

2014/03/22
XML
カテゴリ:芸能ネタ
AKB48が毎年恒例となっている選抜総選挙の開催を22日、発表した。
第6回目となる今回は同グループの37枚目シングルの選抜メンバ及びカップリングメンバーをファンの投票により決定する。
今年は当選枠を80名まで増やし、上位から16名ずつがそれぞれ37thシングル選抜メンバー、アンダーガールズ、ネクストガールズ、フューチャーガールズ、アップカミングガールズとなる。

対象となるメンバーは昨年に引き続き立候補制。立候補資格は国内4グループの在籍メンバーと海外に移籍した元AKB48メンバー。昨年は卒業生にも出馬のチャンスが与えられたが、今年は在籍メンバーに限られた。
立候補の受付は今月31日午後4時30分からスタートし、4月6日午後11時に締め切られる。

なお、投票権は5月21日に発売されるAKB48の36枚目のシングル「タイトル未定」購入者のほか、ファンクラブ会員やモバイル会員らに与えられる。投票期間は5月20日午前10時から6月6日午後3時まで。
開票イベントは6月7日(土)、味の素スタジアムにて開催される。

これまで数々のドラマを生み出してきたAKB48の総選挙。昨年の総選挙以降にグループを卒業したメンバーも多いため、空いたポジションに若手メンバーがどこまで食い込んでくるのか。
また、先日の大組閣によって乃木坂46からAKB48チームBを兼任することが発表された生駒里奈や、現在ジャカルタで目覚ましい活躍を見せており、昨年は総選挙への立候補を見送ったJKT48の仲川遥香らの動向にも注目が集まる。






Last updated  2014/03/22 11:41:51 PM
コメント(0) | コメントを書く


2014/03/17
カテゴリ:芸能ネタ


3月17日に東京・渋谷のヨシモト∞ホールで「よしもと男前ブサイクランキング2014」大発表会が行われ、“男前部門1位”のピース・綾部祐二、“べっぴん部門1位”スパイク・小川暖奈、“ぶちゃいく部門1位”のハリセンボン・近藤春菜、“ブサイク部門1位”のNON STYLE・井上裕介をはじめ、“男前”にランクインしたパンサー・向井慧、ベイビーギャング・北見、ウーマンラッシュアワー・村本大輔、ロザン・菅広文、“ブサイク”にランクインしたジャングルポケット・斉藤慎二、“ぶちゃいく”にランクインしたハリセンボン・箕輪はるか、“理想の男前なパパ1位”のガレッジセール・ゴリ、ゴリの応援に駆け付けた相方の川田、司会のライセンス・藤原一裕とマンボウやしろが登壇した。

「よしもと男前ブサイクランキング」は、ファンが“男前部門”“ブサイク部門”“べっぴん部門”“ぶちゃいく部門”などにふさわしい吉本興業所属のお笑い芸人に投票し、その集計結果をランキング形式で発表するという'00年から続く人気企画で、同日発売のムック本「よしもと男前ブサイクランキング」にランキングが掲載される。

'14年の“男前部門1位”に選ばれ、3年連続1位となり殿堂入りを果たした綾部は「本当にうれしいです!」と感想を述べた。すると、藤原から「3場所連続優勝ですね!」と過去にうわさになった熱愛報道に関連した相撲の言い回しでいじられ、「もう2年半前の出来事なのでやめてもらえますか!」と答えるなど、綾部が焦る一幕も。

また、“べっぴん部門1位”の小川は「私の相方はねたみ、僻みで出来ているんですが、(1位になったことを)喜んでくれました。これからは(コンビで)売れるように頑張ります!」と意気込みを語り、「これまで友達がいなかったんですけど、最近読者モデルの仕事を頂き、かわいい同世代のお友達が出来て人生が楽しいです!」とご満悦。

一方、コンビで“ぶちゃいく部門”の1位、2位を独占したことについて、箕輪は「人の顔でひと騒ぎしようって根性が私は嫌いです!」、近藤は「 “ぶちゃいく”って嫌なんですよ! (ストレートにブスって言われるのではなく)ちょっとフォローされてる感じがして!」と不満を漏らしつつも、「まぁ芸人としてはありがたいですけど」とまんざらでもない様子だった。

そして、3年連続“ブサイク部門1位”に輝き殿堂入りを果たした井上は、「全部のランキングで一番得票数が多かったのは僕みたいで、やっぱり日本が僕が求めてるんだなと!」と前向きな感想を口にした。続けて「ムック本でヌード写真を撮ったんです。その写真を撮った日は東京が記録的な豪雪になった日です。死ぬほど凍えながら写真を撮りましたんで、その頑張りを見ていただければと思います!」とアピールした。すると、藤原が「地球が脱がせたくなかったんですね」とツッコみ、最後まで会場を沸かせた。






Last updated  2014/03/17 10:45:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/07
カテゴリ:芸能ネタ
フジテレビは7日、東京都内で4月の番組改編説明会を開き、視聴率が低迷している日曜日に新バラエティーを2本投入し、平日の深夜0時以降に35歳以下の若手スタッフが自由に企画・制作をする独立エリア「第8地区」を新設するなど「視聴率首位」奪還に向けたラインアップを発表した。プライム帯(午後7時~11時)の改編率は32.6%と、2010年10月の34.2%以来となる「3年ぶりの大改編」で、大多亮常務は「いつまでも(視聴率)3位に定着しているわけにはいかない。お金もかけるし、今後大玉もある。今年は55周年なので、必ず首位戦線に躍り出たい」と攻めの姿勢を見せた。

 4月改編のテーマは「ヘンシン!~5539新型フジテレビ~」。「フジテレビをぶっ壊して、新しいフジテレビをつくる」という気持ちで改編を行ったという。改編率は全日帯(午前6時~深夜0時)19.8%、ゴールデン帯(午後7時~10時)29.4%、プライム帯(午後7時~11時)32.6%。改編のポイントは、32年続いた昼のバラエティー番組「笑っていいとも!」が31日に終了し新バラエティーがスタートすることと、週末の視聴率強化、そして「第8地区」の新設だ。

 「笑っていいとも!」の後番組として、坂上忍さんや「EXILE」のTAKAHIROさんら曜日別の5組の司会陣による情報バラエティーが始まることが決まっているが、説明会では進行役として月水金は同局の伊藤利尋アナウンサー、火木は加藤綾子アナウンサーが務めることが発表された。週末の視聴率強化策としては、日曜日に「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんとローラさんがMCのクイズ番組「クイズ30~団結せよ!~」(午後7時58分~8時54分)とリリー・フランキーさんと山岸舞彩さんがMCの人間ドキュメンタリー「ワンダフルライフ」(午後9時~同54分)の新番組2本を投入。日曜の午前中に放送されている「笑っていいとも!増刊号」の枠に、「ダウンタウン」の松本人志さんがコメンテーターを務める月曜深夜の「ワイドナショー」が移動する。

 また、月曜と金曜もゴールデンタイム強化のため、「フットボールアワー」の後藤輝基さんによる「ジャネーノ!?」(月曜午後8時~同54分)、「バナナマン」による「バナナマンの決断までのカウントダウン」(金曜午後11時~同30分)といったトーク番組を投入。月~金の深夜は、「LIVE2014 ニュースJAPAN」を5分、「LIVE2014 すぽると!」を20分短縮して新たな枠「第8地区」を設置する。35歳以下のスタッフが独自の判断で自由に企画開発・番組編成を行う枠で、深夜0時10分~同35分を「エリア1」として全国ネット放送し、それ以降の時間帯は「エリア2」としてエリア1昇格を目指してさまざまな企画をラインアップするという。






Last updated  2014/03/07 11:40:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/06
カテゴリ:芸能ネタ
ビデオリサーチは6日、関東、関西、名古屋3地区の各民放局を対象とした2013年の「テレビCM出稿動向」を発表した。タレント別に出演しているCMの出稿秒数を見ると、3地区とも女優の剛力彩芽が首位になった。

 関東地区では、「KDDI」や「ヤマザキパン」などのCMに出演している剛力が、前年の3位からトップに。出稿秒数は33万6080秒に上り、2位の上戸彩(前年首位)に10万秒余りの差を付けてトップの座を奪った。3位は井川遥で、前年53位から躍進を遂げた。
 また、ベストテンの中では、お笑いトリオ、森三中が前年の486位から6位に急上昇したのが目立ち、AKB48から大島優子と島崎遥香が入った。
 関西地区では、1位が剛力、2位が上戸、3位に武井咲の順で、兵庫県出身の相武紗季が4位。名古屋地区では関東と同様、1位が剛力、2位が上戸、3位が井川。名古屋市出身の武井は4位だった。
 関東地区の4位以下は次の通り(カッコ内は前年の順位)。4位=大島優子(6)▽5位=武井咲(2)▽6位=森三中(486)▽7位=高田純次(7)▽8位=島崎遥香(164)▽9位=役所広司(43)▽10位=佐々木希(4)






Last updated  2014/03/06 11:50:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/10
カテゴリ:芸能ネタ
1月27日にご逝去された永井一郎さんが声の出演をしていたアニメ『サザエさん』(毎週日曜日18:30~)の磯野波平役を、『ちびまる子ちゃん』(永沢君、ひでじい役)や『名探偵コナン』(目暮警部役)などで知られる声優の茶風林が務めることがわかった。

波平役を引き継ぐことになった茶風林は「公私共にお世話になりました永井一郎さんは、憧れの大先輩でした。突然の訃報に、悲しみでいっぱいです。永井さんが造り上げた“磯野波平”というキャラクターのイメージを損なうことのないよう、大切に、精一杯務めさせていただきます。永井一郎さんのご冥福を心からお祈り申し上げます」とコメントしている。

なお、2月16日(日)の放送より茶風林が波平の声を担当する。






Last updated  2014/02/10 11:55:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/06
カテゴリ:芸能ネタ
一年を通じて映画・テレビ界で顕著な活躍をしたプロデューサーや、将来有望な新人俳優などを選出して表彰する『2014年エランドール賞』の授賞式が6日、都内ホテルで行われた。1956年の第1回では、石原裕次郎、高倉健らが選ばれ、業界でも権威ある賞の一つである新人賞は、綾野剛、木村文乃、東出昌大、能年玲奈、福士蒼汰、橋本愛の6人が受賞した。

 綾野剛は、映画『ガッチャマン』『夏の終わり』、テレビ『八重の桜』(NHK)、『最高の離婚』(フジテレビ)、『空飛ぶ広報室』(TBS)、『LINK』(WOWOW)に出演。「大変、光栄に思っています。新しい可能性が未来に切り開かれたような気がしています」と喜んだ。

 木村文乃は、映画『今日、恋をはじめます』『すべては君に逢えたから』、テレビ『ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち』『震える牛』(ともにWOWOW)、『雲の階段』(日本テレビ)、『変身インタビュアーの憂鬱』(TBS)、『長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~』(フジテレビ)に出演。「この私がいただいていいのかという思いがすごく大きくありましたが、この賞は私がここに来るまでにお世話になった皆様と一緒にいただい賞だと思い直し、素直にうれしく思いました。さらに階段を上っていけるように努力したいと思います」と語った。

 木村を祝して、『雲の階段』で共演した長谷川博己が登場し「木村さんはロックなスピリッツを持った熱い人だなって感じがします。はっちゃけた役、破天荒だったり、コメディーなキャラクターも目指していただきたいな。また共演できる日を楽しみにしています」と祝福した。

 東出昌大は、映画『すべては君に逢えたから』、テレビ『ホリック~×××HOLiC~』(WOWOW)、『あまちゃん』『ごちそうさん』(共にNHK)に出演。「僕の実力なんて1割以下だと思っています。スタッフの皆さん、脚本家、監督、いろんな方々によって受賞できたと思っています。もう、新人ではなくなるので、自分自身の仕事ぶりに責任を持てるように、これからも頑張って行きたいと思っています」と力強く決意を新たにした。

 能年玲奈は、映画『グッモーエビアン!』、テレビ『あまちゃん』に出演。「すごくうれしいです。昨年は『あまちゃん』という、私の中で特別な作品があったのですが、この作品に出させていただいたこと、『あまちゃん』を好きになっていただいた方がいたこと、こうしてすてきな賞をいただけたこと、すべてに感謝します。ありがとうございます。あまちゃん大好き!」と笑顔が弾けた。

 能年のもとには、朝ドラで能年演じる天野アキの祖母・天野夏を演じた女優の宮本信子が駆けつけ、能年とがっちり抱擁。「アキちゃん役は最高でした。能年さんの初々しさ、魂のきれいさがすごく出ていたと思います。今の能年さんのその良さを失うことなく、一つ一つ大きく羽ばたいてください」とエールを送っていた。

 福士蒼汰は、映画『図書館戦争』『江ノ島プリズム』、テレビ『あまちゃん』、『スターマン・この星の恋』(関西テレビ)、『海の上の診療所』(フジテレビ)に出演。「自分のいいところ、悪いところ、弱いところ、強いところが何となく少しずつわかってきた。生まれてから20年、支えてくれた人たちがいるから、ここにいられる。役者として一人でも多くの人に感動や笑顔を与えられたらいいなと思っています」と、人生で初めて手にしたトロフィーの重さをかみしめていた。

 橋本愛は、映画『さよならドビュッシー』『くちづけ』『俺はまだ本気出してないだけ』、テレビ『あまちゃん』、『スイーツ!~嗚呼、甘き青春よ~』(NHK福岡)、『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』(NHK BS)に出演。「公開された映画もありましたが、昨年の3分の2は『あまちゃん』で埋まった。あんなに愛される作品に出演することができてうれしく思います。今年も公開作品があるので劇場に観に来てください。テレビにも出ます」とアピール。お祝いゲストには『あまちゃん』で兄妹を演じた小池徹平が登場し、久しぶりの再会に笑顔を見せていた。

 今回の受賞者は、2012年12月1日から2013年11月30日に東京で上映された映画、国内で放送された単発・連続ドラマを対象に、日本映画テレビプロデューサー協会員の投票によって選出された。






Last updated  2014/02/06 11:10:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/01
カテゴリ:芸能ネタ
 SKE48の14枚目のシングル「未来とは?」(3月19日発売)選抜メンバーが発表され、ナゴヤドームのステージでミュージックビデオの撮影が行われた。

 初披露に会場は大盛り上がりだったが、なんと撮影は「逆回転」で行われるという試み。メロディーも逆に流れるため、歌詞などは分からずじまい。それでも一発OKで終わったメンバーにファンからは大きな声援が送られていた。センターは松井珠理奈が務める。

 選抜メンバーは次の通り。

 チームS…石田安奈、大矢真那、木崎ゆりあ、松井珠理奈

 チームKII…大場美奈、柴田阿弥、須田亜香里、高柳明音、古川愛李、※山田みずほ

 チームE…※東李苑、※梅本まどか、木本花音、古畑奈和、松井玲奈

 研究生…北川綾巴

 ※印は初選抜入り。






Last updated  2014/02/01 10:57:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/01/10
カテゴリ:芸能ネタ
第86回選抜高校野球大会(3月21日から12日間、甲子園)の開会式入場行進曲が、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」に決定した。日本高野連が10日に発表した。

 AKB48の楽曲が行進曲に採用されるのは一昨年の第84回大会の「Everyday、カチューシャ」以来2年ぶり2回目。日本高野連は採用の理由について「CDの出荷枚数が182万枚を超え、若い世代だけでなく幅広い年代に親しまれており、シンプルではつらつとしたメロディーも球春を告げる選抜大会の入場行進曲にふさわしいと判断した」と説明している。

 昨年6月の第5回選抜総選挙で1位となり、この曲でセンターを務めたHKT48の指原莉乃(21)は日本高野連を通じて「父が高校野球を好きでよくテレビで一緒に見ていたので、入場行進曲に選ばれて光栄です。『あっと驚く奇跡が起きる』という歌詞があるように前向きな曲なので、この曲がみなさんの背中を押すことにつながればと思います」とコメント。渡辺麻友(19)は「試合中の頑張っている姿を見て、私自身がいつも勇気をもらっています。選手のみなさんが壁にぶつかったり、挫折しそうになった時に、今度はこの曲を聞くことで勇気を出してもらえたらうれしいです」、横山由依(21)は「高校野球が好きで甲子園に足を運んだこともあるので、入場行進曲に選ばれて凄くうれしいです。緊張もあると思いますが、選手のみなさんが心躍るような気持ちで入場行進する助けになればと思います」と球児にエールを送った。

 大会出場32校は24日に発表される。






Last updated  2014/01/10 11:25:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/01/02
カテゴリ:芸能ネタ
 昨年大みそかに放送された第64回NHK紅白歌合戦の視聴率は、関東地区で第1部(午後7時15分~8時55分)が36・9%、第2部(午後9時~11時45分)が44・5%だった。ビデオリサーチが2日、発表した。両部ともに前回を上回り、第2部は6年連続で40%を超えた。

 紅白は、昨年9月に最終回が平均視聴率42・2%を記録したTBS系ドラマ「半沢直樹」を超え、3年連続で年間視聴率トップ(関東地区)となった。

 紅白歌合戦の視聴率は、名古屋地区で第1部が41・3%、第2部が47・7%、関西地区で第1部が36・8%、第2部が43・8%、北部九州地区で第1部が34・4%、第2部が40・3%だった。






Last updated  2014/01/02 11:56:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/12/30
カテゴリ:芸能ネタ
 第55回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)の最終審査会が30日、東京都渋谷区の新国立劇場で開かれ、大賞は人気男性グループEXILEの「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」に決まった。EXILEの大賞受賞は3年ぶり4度目。

 この曲は今年でパフォーマーを引退するリーダーHIROさんが参加する最後のシングルで、ミリオンセラーとなった。

 最優秀新人賞は、7月にアニメ「ワンピース」の主題歌「HANDS UP!」でデビューした歌手の新里宏太さん(18)が選ばれた。






Last updated  2013/12/30 10:32:46 PM
コメント(0) | コメントを書く

全441件 (441件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

PR


© Rakuten Group, Inc.