2014/03/14

86回 選抜高校野球

カテゴリ:スポーツ
第86回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は14日、毎日新聞大阪本社(大阪市北区)での組み合わせ抽選会で出場32校の初戦の相手が決まり、好カードが並んだ。

 ともに甲子園制覇の経験がある智弁和歌山と明徳義塾(高知)が第4日第3試合で激突。2002年夏の決勝で対戦したときは、明徳義塾が勝った。夏春連続出場の横浜(神奈川)と、11年夏から3季連続準優勝した八戸学院光星(青森)の対決も興味深い。昨秋の神宮大会決勝で争った2校は、優勝の沖縄尚学が報徳学園(兵庫)とぶつかり、逆転負けした日本文理(新潟)は初出場の豊川(愛知)と対戦する。

 池田(徳島)と21世紀枠の海南(和歌山)は27年ぶりの出場同士。東日本大震災の被災地・気仙沼市からは東陵(宮城)が登場し、同じ初出場で関東王者の白鷗大足利(栃木)との顔合わせとなった。

 選手宣誓は初出場の広島新庄の中林航輝主将が引き当てた。大会は阪神甲子園球場で21日に幕を開け、12日間(準々決勝後に休養日1日)の日程で行われる。





TWITTER

Last updated  2014/03/14 11:49:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ] カテゴリの最新記事