1863024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風にそよぐような感じで。。HBのパン/ミシン/手芸/植物etc..

全104件 (104件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 11 >

ベランダ&屋内ガーデニング

2010.05.31
XML


    昨日に続き新マシンを、いろいろ環境を整える。。。

    ヘトヘト.



    ところで
    先日植え替えたスパティフィラム3鉢は
    その後、足りなかった土を足した


    いちおう
    いまのところ枯れたりせず元気。

    ということで記録として姿写真を撮っておいた


100531のスパティフィラム2鉢-2 100531のスパティフィラム2鉢-1

2鉢ずつ、2枚に分けて~






最終更新日  2010.06.06 15:19:06


2010.05.28

本日の状態
100528のシクラメンの状態1
もともとあった葉っぱは2本に減り、
その2本もだんだん黄変してきた。
その一方で、新芽が 5/13の時と比べぐんと伸びて来た

新芽(新葉?)アップ
100528のシクラメンの状態2(新葉のアップ) いい感じ~



 *ちなみに‥
 前回 5/13100513の蘇生シクラメンの新芽の状態
 (これが前回アップした新芽の様子)


 その前 5/4100504 死にそうだったシクラメンから芽が出た!
 (新芽の発現初期の様子)


 その前 4/25100425の 弱ったシクラメンの状態
 (ここから蘇生計画が始まったのだった)






最終更新日  2010.06.06 22:31:45
2010.05.21

100521 スパティフィラム植替え前

先日のプレオメラにつづき
今日はいよいよスパティフィラムに着手した


今回は株分けという外科手術があるので余計に気持ちが引き締まる‥


    去年の秋にそーっと鉢増しだけしといた様子は blog 11/26.
    091126 無理やり鉢から取り出したスパティフィラム
    そのとき ↑こんな根っこだらけの状態なのをそーっと一回り大きい鉢に移しておいたのだった(けっこう寒くなり始めている時期だったので本格的な植替えや株分けには適さないと判断し)。

    さて
    今回その「一回り大きい鉢」から、抜き取ってみると。
    こんな
    100521 スパティフィラム植替え -鉢から根鉢を抜いたところ
    ちなみに抜き取る直前の記念写真(?)が冒頭の姿だ


    これを根っこをほどき、そして園芸ハサミを使って容赦なく株分け。
    100521 スパティフィラム植替え -株分け完了状態
    最初、ハサミを入れるのが恐かったが、意を決してチョキンチョキンとやりはじめてしまえばこっちのもの‥臆せずどんどん分けて行った。

    結果、13株に分けられていた。
    少し細かく分けすぎたかなー?
    いかにも株です、というような芯のある株が2つ(写真の右の方にうつっている)、あとは細かな株。

    これらを3~5株ずつ、手持ちの鉢に植えた。
    3鉢になってしまった。どーすんだよ増えちゃって。
    100521 スパティフィラム植替え -いちおう植替え完了状態
    見えづらいが‥奥の1鉢はプラスチック製の白い鉢。
    一番容量が大きかったので、上述の芯のある株2つはこの白いプラ鉢に植えた。

    しかし
    ここで一番の問題は・・・用土が足りなかったこと!!

    写真ではあまり分からないが、山で言うなら8~9合目のところで土が無くなってしまった。明日いそいで百均かどこかで小さいのをとりあえず買って来よう。







最終更新日  2010.05.29 19:59:15
2010.05.16
100516 プレオメラ(植替え後、今日から通常モード)

先日の植替え以降、
薄暗い地味な場所に置いて養生していたプレオメラだが
葉先が黄変するなどの弱った様子なども特に見られず
いたって元気。


鉢の土もいったんすっかり乾いてきた(腰水以来、水をやっていない)。


そこで
今日から通常の置き場(室内の窓の近く・割と明るい所)に移すことにした。

おっとその前に、一度ベランダに置き、たーーーっぷりと水やりの上で。
 ゴクゴクゴク。(←プレオメラののどごしの音のつもり.)



冒頭写真‥
ここ数年の根づまりした悪条件ですっかりショボくなっちゃった樹姿だが
これからグングン元気に根を伸ばしていって
葉をしげらせてねー!







最終更新日  2010.05.24 22:13:00
2010.05.14

昨日1輪めが初めて咲いたばかりなのに!
次々に開花ラッシュだぁー!

100514 ニオイバンマツリ 今年の2輪めも開花 ワーイ


つぼみもいっぱい。

そして
強い芳香も漂い始めた~







最終更新日  2010.05.17 09:12:14
2010.05.13


ワーイ

100513 ニオイバンマツリ、今年最初の1輪


しばらくすると 紫色→白へと変色する花。

すごくいい匂いの花.のはずだが
今のところあまり匂わない



cf :
去年10月の、ニオイバンマツリについてのblog






最終更新日  2010.05.16 11:48:27
    blog 5/4にアップした小さな新芽は
    その後ぐんぐん伸びてきた
    (すっごく球根の片側だけに芽の位置がかたよってるけど)

    100513の蘇生シクラメンの新芽の状態

    どうやら
    3本1組で
    ベムの手の指のようにニョキーっと伸びてくるのが
    シクラメンの葉っぱの決まりごと?‥らしい

    このぐらいまで伸びてくれると
    ようやく、
    あ、これが葉っぱになるんだなと分かるようになってきた







最終更新日  2010.05.15 09:07:01
2010.05.06

去年の11月、暫定的に鉢増ししといたプレオメラを
ついにちゃんと植替えすることにした。

こんなポカポカ陽気(でも暑からず)は、植替えに最適♪

今回、手持ちの鉢の中で比較的縦長のタイプの鉢に植えることにしてみた。

 100506プレオメラ植替え -鉢の比較 左=植替え前、右=新規に使う鉢.

根が下へ下へと伸びるタイプの植物は縦長鉢のほうがよいとどこかで聞いたことあがあるんだよね..
但し、プレオメラが実際、本当に根が下へ下へと伸びるタイプなのかどうかは全然分からない。
何となくそんな気がして。(←いつもそんなばっか.)


現状鉢から根鉢を抜いてみるとこんな

 100506プレオメラ植替え -鉢の中の根の状態

印象としては、
前回に根鉢をそのままくずさずスッポリと入れた状態から、周囲の土へとあまり根が伸びて行ってない。多少ゆるんだぐらい。根詰まり状態でにっちもさっちも行かなかったのね.


前回の根の状態.
091126 プレオメラの暫定植替え(根っこがびっしり)
この時は一切根を崩さず
このカッチカチのままそぉっと鉢増ししたのだった


・・・今回は容赦なくほどくよ!!
(ゆるんでくれたおかげでほどきやすかった)

 100506プレオメラ植替え -根っこをほどいて整理 ほどいた~ バラバラ


で、新しい鉢に植付けた後は、2~3時間だったか?腰水つけておいた。

 100506プレオメラ植替え -洗面シンクで腰水のうえ、養生

水から引き上げ、
このあともしばらく洗面台わきの陽のあたらない地味な場所で数日養生予定。
植替えショックで枯れないでね~












最終更新日  2010.05.10 10:05:32
2010.05.04

先月中旬に再生策をとってきたシクラメンは
その後、なんとなんと芽らしきものを出し始めた。

100504 死にそうだったシクラメンから芽が出た! 左上根元近くに2~3カ所


    ヤッターーーー!

    てことは
    弱ってた株が元気を盛り返してきたっていうことだよね?
    てことは
    私がやったことは正しかったんだよね? よかったんだよね?



    ‥という自己満足にひたりながら

    今日、初めて水やりをしてみた。

    ぬかるんで硬く湿っていた土は、よく見るとまだ微妙な水分は含んでいるが、かなり乾いてさらさらしてきた。シクラメン本人も、芽を出したということはモリモリと活動志向になってきたということなので、満を持してた~っぷりと水分補給なのだ~

    これで元からの土と、一部入れ替えた、目が粗く水はけ良さそうな土とがうまくなじんでくれるといいな。


    ちなみに先月~今月は例年よりかなり寒い日が続いた。
    そのため、シクラメンにとっては快適な温度帯で、こんな季節でも芽を出す気になったんではないかな







最終更新日  2010.05.08 11:11:24
2010.04.25

シクラメンのつぼみ

3月後半にはこんな良い状態だった実家のシクラメンは
その後の1~2週間でみるみるうちに衰弱し
しなだれ
葉やつぼみを一気に落としていった

いろいろと調べてみたが
夏に向けての休眠にしてはまだ早いみたい

要は 単に弱ってきてるってこと!


    見るに見かねて、植物キラーの母のもとからシクラメンを回収し、私が自宅にて管理下に置くことにした。それが今月中旬の話。
    まず行ったことは

    ・枯れて変色している葉を除去し
    ・なぜかヌルヌルになった状態でつながっている茎なども除去し
    ・同じく花茎も、立ち枯れ腐敗状態のをどんどん除去。


    するとよく見えてきた土面には
    葉や花の茎がそのまま残され、毛が生えたようにカビみたいなのが発生して横たわっているではないかー。うへー。もう。

    ・毛の生えたミミズみたいなそれらも全て除去し
    ・土面を、なにも落ちてない状態にキレイにし
    ・姿を現した球根を、さらに徹底的にキレイにする(枯れた茎の名残などをできるだけ根元から除去)。


    さらにさらに
    土の状態を見ると、
    さらさら感の全く無い、大げさに言えばじっとり湿って粘土状に固まった、いかにも水はけが悪そうな土質だ。
    これまでの水やりが悪かったせいなのか、それとも意図してこのような土が仕込んであったのか。不明‥

    どう考えてもこの土じゃダメな気がして、球根から遠い部分の、一番外側のほうの土をスプーンで少し掘っては取り(これすら、カチンカチンに密な土なのでなかなか骨が折れる)、そこに、土質として対極的と思われる「観葉植物の土」(手元にあったもので、通常の園芸用土よりもさらにサラサラで水はけがよさそうな土だ)を足してやる‥ということを何カ所か施した。

    つまり一部の土の入れ替え。全くの自己流だけど
    見るに見かねてこうするしか。

    で、そうした状態からどんだけ回復できるか、
    一体「夏越し」はできるのか‥

    状態を写真で記録しておけばよかったと今日気づいて撮ったのがこれ。

100425の 弱ったシクラメンの状態
とてもカワイソーな状態だ

でも
葉を取り除いたりする前の状態はもっとボロボロで悲惨そのものだったんだ

これでもスッキリ小ぎれいに、健康的になったんだよ

    びっくりするのは
    10日前ほどに上記のことを行ってからまだ一度も水をやってないのに
    ぐちゃぐちゃ湿っていた土は一向に乾く様子がないこと!!

    やはり湿り過ぎで根が窒息死しそうになって枯れ始めたのではないかな。というのが今のところの仮説だ


    また何か変化があったらアップしよ







最終更新日  2010.05.03 19:19:22

全104件 (104件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 11 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.