1596161 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風にそよぐような感じで。。HBのパン/自家製酵母/ミシン/手芸/植物etc..

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

パン-ホームベーカリーお任せ

2018/08/07
XML
■ライ麦食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 180807 12:00ごろ- <高32低19℃>)

・水 300g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 400g(モナミ 300g+ ライ麦粉粗挽き100g)
粉末パネトーネマザー 12.6g(←これだけしかなかったため‥)
明治発酵バター 20g


前回のモナミの真っ白食パンの配合に、粗挽きのライ麦粉を粉の25%入れてみた。

うん、こちらもふわふわとよくふくらんだ!
ライ麦パンとしてはとても軽い。






最終更新日  2018/10/21 09:38:06 PM
2018/06/20

先日、いざ焼こうと思ったらバターを切らしてたという大失態
そのリベンジで、ちゃんとバターを使って焼き直し。





おおお〜。
やっぱり、オイルで代用した時よりもすっごくふくらむね〜。
ふわふわのクラム。
(気温など他の要因もあるかもしれないけど)


■「モナミ」で真っ白食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 180620 15:25- 高24低21℃)

・水 280g
・三温糖 16g
・粗塩 8g
・強力粉 (富澤商店 モナミ)400g
・粉末パネトーネマザー 16g
・明治発酵バター 21g


---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参考にしてます.

--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーは、粉と水分がだいたい馴染んだタイミングで投入
--- 1回目のコネ終了時にバターをパンケースに投入しておく
---あとは焼き上がりまで全てお任せ


ぷっくり焼き上がり♪






最終更新日  2018/08/17 04:11:18 PM
2018/06/12
パン用の粉がなくなりつつあったので、富澤商店で新しいのを買った。

「モナミ」



「モナミ」を使って初めて焼くので、
真っ白な普通の食パンをホームベーカリーお任せで試してみることに。



    レシピは、過去のこのへんを参考に。

    しかし今回、バターを切らしていたという、これまでにないミスに陥ることに!
    以下・・・





    ■「モナミ」で真っ白食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
    (date 180612 11:20- <高26低19℃>)

    ・水 280g
    ・三温糖 16g
    ・粗塩 8g
    ・強力粉 (富澤商店 モナミ)400g
    ・粉末パネトーネマザー 16g
    ・グレープシードオイル 大さじ1 (※)


    ---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
     『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参考にしてます.

    --- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
    --- パネトーネマザーは、粉と水分がだいたい馴染んだタイミングで投入
    --- 2回目のコネ開始時にグレープシードオイルを様子を見ながら入れる (※)
    ---あとは焼き上がりまで全てお任せ



     (※)油脂分について・・・
    うっかりしていたけど、いま珍しくバターを切らしていたんだった!
    やっば!!と、計量している最後の段階で気がついた。
    ということで、油脂分ナシで行くのもひとつの方法かとも思ったが、思いつきで、試しにグレープシードオイルを大さじ1ほど入れてみることにしたという次第。
    液体油脂はパン作りにはふさわしくない、というふうにも聞くので、ちょっと戦々恐々・・。


     ↓ 結果・・・

    一応、難なく焼きあがって、ホッとした!!
    ふくらみも、食感も、大丈夫だった。よかった・・。


    私がバターを切らしているなんて、10年か20年に一度の異常事態(笑)


    買ってこよう!!






最終更新日  2018/08/07 03:25:06 PM
2018/01/09
水をぬるま湯にあたためて使用したんだけど、
ちょっとその温度が高すぎたようで、過発酵に!

少してっぺんがへこんでしまった 凹



うぅぅ・・凹 凹




■ライ麦食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 180109 19:50 ごろ- <高15低5℃>)

・水 300g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 400g(ハードブレッド専用粉 300g+ライ麦粉細挽き100g)
・粉末パネトーネマザー 18g
・よつ葉無塩バター 20g

11/27と同じ配合。



冬だから、
ホームベーカリーお任せにすると往々にして発酵不足になるので、
ついつい高めの水温を使いたくなってしまうの、注意!!


ちなみに

過発酵になるとクラムがボソボソになってしまうものなので、
ああ〜 やだなあ〜 ボソボソのパンになったのかあ〜・・・と思っていたけど
食べてみるとそれほどでもなく、まあまあ普通に食べられた。

よかったよかった。

ともあれ、過発酵注意!!






最終更新日  2018/02/27 01:23:03 PM
2017/11/27
またまた久々のパン焼き。

2016/10/31の自分の記録のアレンジにて。




■ライ麦食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 171127 17:35 ごろ- <高15低10℃>)

・水 300g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 400g(ハードブレッド専用粉 300g+ライ麦粉細挽き100g)
・粉末パネトーネマザー 18g
・よつ葉無塩バター 20g



---パネトーネマザー使用時の基本的な材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.

--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し(粉と水分がなんとなく馴染んだ状態で)後入れ
--- バター後入れ(1回目のこねが終わった時に投入)
---あとは焼き上がりまで全てお任せ


・パネトーネマザーやや多めに使用(割と古くなっているから & 気温低いので)
・水はぬるま湯使用(気温低いので)




なんとなくこの前のレシピそのままじゃないほうがいいな〜と思い、
強力粉を1CWの代わりに全量をハードブレッド専用粉に置き換えてみたけど
ふくらむのだろうか?

・・・という不安をよそに、ちゃんとふくらんでくれた。

ぬるま湯を使ったほか、発酵中に暖かいタオルをホームベーカリーに掛けておいたりしたのだが、ひょっとしたら、むしろ少々温めすぎだったかも? 部分的に気泡が見られるクラムとなった。



ライ麦粉の、粗挽きでなく細挽き・・・すごく久しぶりに使った。
なんとなく、粗挽きの方が好きで。。

ところが! 細挽き、いいじゃない!
すごく香りもいいし、ライ麦らしさも感じるし、おいしい。

そしてこのパン、トーストして食べると、すっごくサックッサクでおいしい〜!

またこの配合で焼こう!


*メモ*

今回使用の粉








*パネトーネマザーを18gも入れているのは
やや古めのものなので 力が弱まってるかなというのと
気温が下がってきていることから.
(標準:15g)







最終更新日  2018/01/09 08:49:50 PM
2017/08/27
手元に、ちょっと古くなりつつあるオートミールがあったので、パンに入れて焼いちゃおう!
ということで。




■オートミール入り食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 170827 18:20 ごろ- 高30低26℃)

・水 315g
・三温糖 25g
・粗塩 8g
・粉 400g(富澤商店1CW
パネトーネマザー粉末  14g(過発酵対策・やや少なめ)
・無塩バター 25g
・オートミール(アララ 有機ジャンボオーツ)65g




---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.

--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し(粉と水分がなんとなく馴染んだ状態で)後入れ
--- バター後入れ(1回目のこねが終わった時に投入)
--- オートミールは2回目のこねの途中で投入
---あとは焼き上がりまで全てお任せ







使っているオートミールは「ジャンボオーツ」、
普通のオートミールよりも粒がしっかりとしていて、大きいので
私は最近はこればっかり

 















最終更新日  2017/11/12 10:45:48 PM
2017/06/11
先日焼いたこちらの、続きというかリベンジというか、微修正Ver.。



この前はあんまり訳も分からずにライ麦キブルをそのままパンケースに投入してみたが、今回は軽くレンチンしてみる、というもの。



■ライ麦食パン・ライ麦キブル入り 2度目(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 170611 18:30 ごろ- 高25低19℃)

・水 300g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 400g(1CW 300g+ライ麦粉細挽き100g)
ライ麦キブル(ライ麦の粒)40g(水50gと一緒にレンチン)
パネトーネマザー粉末  14g(過発酵対策・やや少なめ)
・森永無塩バター 20g




---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.

--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し(粉と水分がなんとなく馴染んだ状態で)後入れ
--- バター後入れ。1回目のこねが終わった時に投入
---あとは焼き上がりまで全てお任せ



ライ麦キブル。
小さな耐熱の器に水と一緒に入れて、何度かに分けて様子を見ながらレンジにかけた。



最終的に、水分がなくなって
なんとなくキブルがふっくらしたかのような状態になったところでやめて、

ホームベーカリー1回目のこねの間、粗熱を取りつつ待機。

1回目のこねが終わって2回目のこねが始まるまでの間に
パンケースにバターと一緒に投入してみた。



あとはお任せ、

焼き上がり



    結果としては、
    この前の時よりは、ライ麦キブルがパン生地になじんでいるような気がする。

    でも、大幅に変わったような感じでもないなあ・・・

    あまり気にならない、その「気にならなさ」は、前もあったし、
    逆に、時々歯に当たる「気になる感じ」も、前も今もちょっとある。



    結論。

    次回はもっとふっくらと炊くかのようにレンジにかけてから入れてみよう。
    200g入りのを買って、50gづつ使ってるから、まだあと2回分あるんだもの!


    あ、ちなみに、
    パンそのものは普通においしい焼き上がりで満足。


(これ、前回!)



本当にパリッパリのまんま入れたんだよね・・!

















最終更新日  2017/07/18 02:24:52 PM
2017/05/14
自分のこちらの過去配合のアレンジ。
https://plaza.rakuten.co.jp/eucalyptus2003/diary/201610310000/
ライ麦食パン(ホームベーカリー/1CW+ライ麦粉/パネトーネマザー)



違う点は
・ライ麦粉 粗挽き でなく、今回「細挽き」を使用.
・ライ麦キブル という、ライ麦そのものの粒も使用.
(粉にしてないお米=米粒、みたいに、ライ麦の麦粒‥ということなのかな)




■ライ麦食パン・ライ麦キブル入り!(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 170514 15:50 ごろ- 高19低16℃)

・水 310g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 400g(1CW 300g+ライ麦粉細挽き100g)
ライ麦キブル(ライ麦の粒)40g
パネトーネマザー粉末  15g
・森永無塩バター 20g




---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.
(ライ麦キブルは粉類と一緒に投入)
--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し(粉と水分がなんとなく馴染んだ状態で)後入れ
--- バター後入れ。1回目のこねが終わった時に投入
---あとは焼き上がりまで全てお任せ




初めて使う、「ライ麦キブル」、訳も分からずとりあえずそのまま入れてみた。




この前こちらでセールになってたので、なんとなく興味を持って買ってみたもの。






*MEMO*

・冬の間はパネトーネマザーを気持ち多めに使用していたが(16g)、今回から 15gに戻す.

・焼き上がり・・・
 やや、うっすら、過発酵気味、スレスレセーフ!! な感じとなった。


(ほんのちょびっと、トップが陥没しかかってる)

もうずいぶん暖かくなってきているので、注意しよう。

幸い、過発酵の際にありがちな、ポソポソした状態にはなっておらず、
冒頭写真のようにクラムに粗めの気泡が多少目立つかな、程度で、肝心の食感はふんわり美味しいものだったので、よかったよかった。



・ライ麦キブル・・・硬め。

このままでも食べられるけど、時々硬いのが歯に当たって気になった。
今度は、あらかじめ少し火を通してから入れてみることにしよう!




今回使用のライ麦粉「細挽き」は、572310のこれ



nk-Organic オーガニック・ライ麦粉(細挽き・ダーク) 2.5Kg /アメリカ産



ちなみに
強力粉とライ麦粉細挽きとの割合は、今回3:1(=ライ麦粉25%)。

ライ麦って本当に香しくって大好き・・・。






最終更新日  2017/06/27 05:31:43 PM
2017/04/11
ちょっと、ここのところと志向を変えてみた。

見た目はおんなじような茶色だけど、
今回のこれはマルチシリアルの色。ココアは入ってないの! 雑穀の色。



■マルチシリアル食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 170411 13:40ごろ- 高13低8℃)

・水 310g
・三温糖 16g
・粗塩 8.5g
・粉 1CW 340g(320+あとから20)+ 富澤商店のマルチシリアル 80g
パネトーネマザー粉末 16g
・無塩バター 25g




---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.

--- 水は、あたためたぬるま湯を使用
--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し(粉と水分がなんとなく馴染んだ状態で)後入れ
--- バター後入れ。1回目のこねが終わった時に投入
--- ミックスコールで紅茶葉を投入
--- あとは焼き上がりまで全てお任せ


 ←こねはじめの時(茶色いのが、雑穀ブレンドの「マルチシリアル」)

 ←富澤商店のマルチシリアル

!
いま検索して気がついたんだけど、
富澤商店って、いつの間にか楽天に出店してたのね・・・・!


富澤商店 楽天市場店



*  *  *

    今回もふわふわとふくらんでくれて、おいしいパンに。

    最近凝っていた甘い系のパンが大好きなんだけど、
    ずーっと食べ続けるよりも、たまにはこういう穀物が香ばしい系のパンを焼いてみると、またそれぞれの良さというものが再認識されるというもの。

    満足、満足♪



    ところで、

    これは1月頃の 自分のこれ の配合に沿ってやったんだけど、
    水分量が多すぎた!

    そりゃそうだ、参考にした配合は吸水してくれる紅茶葉が大さじ3も入ってたんだから‥
    その上での水分310gだったんだから。

    結果、こねの状態がべっちょりねとねとになってしまったので、
    反則技として、小麦粉を様子見ながら足すことにした。
    それが、「粉 1CW 340g(320+あとから20)+ マルチシリアル80g」の意味。
    (本当は粉量あわせて400gにするつもりだったの。→20gをプラス)

    ・・・というわけで、
    未来の私へ! この分量をうっかりそのまま参考にすることのないよう!
    こんないきさつを経ての対処療法的なものなので!(呼びかけ)






最終更新日  2017/05/29 02:53:08 PM
2017/03/16
前回 の、美味しかった配合・・・
でも、そのまんま同じものを繰り返せない性分で。

無謀にもライ麦粉を混ぜてみるというチャレンジ!
(甘いフワフワ系パンに、ライ麦混ぜるか・・?)

■ライ麦入り ココアピーナッツ食パン(ホームベーカリー・パネトーネマザー使用)
(date 170316 11:25ごろ- 高13低4℃)

・水 300g
・三温糖 25g
・粗塩 9g
・粉 400g(1CW)340+ライ麦粉60
粉末パネトーネマザー 16g
・無塩バター 30g
・ピーナッツペースト 大さじ3
・ココアパウダー 20g



---パネトーネマザー使用時の材料投入順序等については
 『上田まり子のMKホームベーカリーレシピ』P86~87を参照.

--- ホームベーカリーで 食パンコース 1.5斤 焼き色ふつう でスタート
--- パネトーネマザーを少し後入れ
--- バター後入れ。1回目のこねが終わった時(粉と水分が馴染んだ状態)に投入
--- ココアパウダーもバターと同じタイミングで投入
--- ミックスコールの前後でピーナツペーストを投入
--- あとは焼き上がりまで全てお任せ


粉400gのうち、15%にあたる60gをライ麦粉(粗挽き)に置き換えてみた。
ハラハラ。

ピーナツペーストが大さじ3でちょうどいいとか、ココアパウダーも前回の20gでちょうどいいとか、勝手が分かっているので、安心感。

ライ麦を入れた分、多少はキュッとしまった焼き上がりになるかなとは思っていたが、それはまぁ本当に「多少」だった。
ふっくらおいしいパンができた。これもいける。






最終更新日  2017/04/28 04:46:27 PM

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

PR

カテゴリ

楽天カード

お気に入りブログ

今日はなに作る? ばずびぃさん
はなかあちゃんのだ… はなかあちゃんさん
カフェテリア みんと123さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.