1906055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風にそよぐような感じで。。HBのパン/ミシン/手芸/植物etc..

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

ミシンで、縫う

2021.06.12
XML
カテゴリ:ミシンで、縫う
もう2ヶ月以上前?にここまで作って、実は仕上げられてない、2点。


右側の細い形のは、中村保義さんの配信による「#みんなの型紙」Qタイプ、
口金=「手作り屋万莉」さんの16.5cm角型タイプ
https://mari.ocnk.net/product/889



左側のぷっくりしたものは、
上記16.5cm角型を購入するときに、なんとなくついでに購入してみた、
型紙&レシピと口金のセット12.5 cm版・タックがま口
https://mari.ocnk.net/phone/product/628
で、作ってみたもの。


思いっきり底マチの大きい万莉さん型紙のほうは、
底にダイソーの合皮を使用してみた。
底以外の本体はリバティーにキルト芯を貼った。
内布はナイロン布。



中村保義さんのQタイプのほうは、手持ちのぬくもり工房の播州つむぎから
きれいな赤色系2種を使用
(小さなはぎれで買っていたので片面ずつ取るのが精一杯だった)。
こちらもキルト芯を貼って。



真上から。






大きさ比較のため、
以前作ったFタイプHタイプ と一緒に。





そして!

これら、本当は、持ち手をつけたいと思っていて。
(だから、なかなか「完成」にならなかった・・)



持ち手に使おうと思っている丸ビーズを置いて、イメージシミュレーション。

長細いほうのがまぐちは
持ち手用のカンがないタイプの口金(カンが1コのみ)なので
ストラップ的なのを共布で作りたい・・と思っているところ。


いつになることやら?







*追記*

中村保義さんの #みんなの型紙 Qタイプのほうは、
表とウラで、タック有り/なし と タイプを違えて制作したのに、
タックのない のっぺりした面しか写真に撮れていなかったことに気付いた!

ので、この写真を追加。


ふっくら、とてもすてきなパターンなのだ。






最終更新日  2021.06.15 16:19:48


2021.06.05
カテゴリ:ミシンで、縫う
  (白黒にて失礼‥)


数年前に柄が気に入って購入していた、インテリア向けのファブリック。
当初から この布でワンピース縫いたい!と構想していた。

型紙を切り始めたのも、もう3〜4年以上前かも・・
やっと完成した!!


パターンは
すてきにハンドメイド 2016年 4月号
まるやまはるみ さんの「ベーシックワンピース」
Mサイズ

 を、
・ノースリーブ
・スクエアネック
・ダーツは全て有り で。


スクエアネックは、
角が割とカクカクしすぎてるかな〜という感じを受けたので、
トルソーに当てたりしながら、
自分の判断で コーナー部をほんの少しなだらかに修正しちゃった。

それでも割としっかりしたスクエアネックで、
補正成功、自分にはちょうどいいあんばいになった。



すてきにハンドメイド 2016年 4月号の「ベーシックワンピース」、
なかなか良い企画だったなー。



えりの形・袖の長さ・ダーツの有無・総丈、
そして切り替えやポケットの有無・・を、自由に組み合わせましょう!
という提案だった。





ちなみに
まるやまはるみさんといえば、
言わずと知れた、文化服装学院のこのシリーズの監修者さん!




私は、Vol.2 スカート編 と、Vol.4 ワンピース編 を持っている ♪






最終更新日  2021.06.14 19:52:14
2021.05.04
カテゴリ:ミシンで、縫う
(完成状態)


にょろにょろ〜ん




この時(2006.11.15 簡単バイアステープ作りの工程写真)この時(2020.06.02 バイヤステープ作り) と同じ方法にて。


(2006年の時の内容にある、「生地のヨシムラ」さんは、
 今ではリンク切れ。)



今回は 布の39cm×60cmほどを使い、
4cm幅の線を引き、




向かい合う辺を突き合わせて
1列ずらすように縫い合わせ




ぐるぐる〜っと切る。これ いつもの方法。



あとはアイロンで、
今回は、ただの2つ折りだけにして、もうできあがり〜



長方形の端っこの三角形の部分は残るので、
これはこれで短いバイヤステープにしよう


と思って、短いのも作ったら、
思いのほか いっぱいできた〜
40数センチのが6本。
余ったのは なんと、数センチの小さい三角が2つだけ!





そもそも今回、必要だったのは、
約100センチ分のバイヤステープだった。

だけど
斜めに1〜2本だけ ス〜っとバイヤステープを取ると
布がすごくもったいなくて。

できればこういう風に
四角形の範囲をくまなくバイヤステープ化しておきたいタイプ。
なので、一気に作っちゃう。

いま使わない分も、後になって、何かと役に立つからね




ちなみに
この布、すごくバイヤステープにしやすかった!

マルイシさんの綿ポリハーフダンガリー
「綿ポリダンガリー」じゃなくて、もっと薄めの「ハーフ」が、すごくいいのよねえ)


すっっごくきれいな黄色だよ〜
バイヤステープじゃなくてこれで服が作りたい!(笑)











最終更新日  2021.05.05 18:26:50
2021.02.15
カテゴリ:ミシンで、縫う
このころ(2020.08.30)から作ってたブラウス・・・

やっと仕上げた!




え・・ うそ・・ まだ、いまだにずっと作ってる途中だったの・・?!
って感じ満載だけど。



仕上がってよかった〜!



パターンはこの本掲載のもの
 ↓






最終更新日  2021.02.22 20:18:23
2021.02.10
カテゴリ:ミシンで、縫う
マチがしっかりとあるタイプ。
これも好きだなあ


どうも私は、ぺたんこなタイプよりも
ふっくら奥行き感を持っているタイプの形が好みのようだ。


表布の 前側/うしろ側、別色にて
 



この布、確か インテリア布(カーテンかな?)のサンプルはぎれセットとして、
ず〜〜っと前に購入していたもの。
もともとがサンプル布なので小さく、それぞれ1面ずつしか取れなかった。

しかも、ナナメ方向に型紙を配置してようやく取れる大きさ!
布目としてはハーフバイヤスっぽくなっちゃうけれど
まあ、接着芯を貼るし、いっかぁ〜 てなことで。

このナナメ方向の模様のかんじが
自分としてはむしろ垂直or平行よりも素敵に感じて、
自己満足している。

色としても、同じ生地の色違いのえんじと紺色が
ちょうどいい調和な組み合わせ♪


  • 型紙は、
    かばんのサンプル師 中村保義さんの配信による Fタイプ

  • くちがねは、ダイソーの95mmくし型 使用





* data *

インスタグラムの #みんなの型紙
( * 私はインスタグラムは やっていません〜! )
( だからここにアップするw )



中村 保義 サンプル師さんの Youtube
https://www.youtube.com/channel/UChVXEgMbUaHbMTxXvQxWUSA/featured




作り方などは
このあたりの動画を参照
( 必見 )

【Fタイプ】作り方の説明投稿(ネットプリント)
https://youtu.be/tt6P0LooCVE


がま口の説明書【N型】100円均一(ダイソー)95mmくちがねで作れる
https://youtu.be/-jakQs373Kw















それにしても・・

こういう時に、ずっと前に買ってたような はぎれセットの中の布が
役に立ってくれるというのは

布好き冥利につきる!笑











カーテンのサンプルはぎれセット、好き!







最終更新日  2021.02.27 20:18:48
2021.01.30
カテゴリ:ミシンで、縫う
この形、最高にかわいい!


ぷっくりしてる〜


ここまでこのシリーズで4タイプ作ってきた中で、
一番好みの形かも。

以前 ぬくもり工房で購入していた播州つむぎの
細かな織りのストライプが
このぷっくりのタックの形にとてもよく合っていて、感激・・・!



おもて布も、内布も、ぬくもり工房さんの布♪
なんか、ずっと前に何かに仕立てようとしていたらしく、
接着芯を貼った状態で、そのまま放置してあった(仕舞ってあった)。
それが発掘され、もはやその時に何を作りたかったのかさえ記憶にも無く(笑)
大きさ的にもちょうどいいので使用してみた。
ぴったり。

  • 型紙は、
    かばんのサンプル師 中村保義さんの配信による「みんなの型紙」G-2-②タイプ

  • くちがねは、ダイソーの95mmくし型

  • 表布・内布ともに ぬくもり工房さんの布。










最終更新日  2021.02.17 13:03:40
2021.01.09
カテゴリ:ミシンで、縫う
( ウラ・オモテ、別色のツートーン )


型紙は、サンプル師・中村さんの「みんなの型紙」Lタイプ

口金は、ダイソー 角 100mm
本体は、ダイソーのフェイクレザー
(5枚5色入りパック。白と黄色系の2枚を表面裏面で使用)
内布は、手持ちのキュプラ

+ ダイソーの持ち手、手持ちの丸カン を使用



ダイソーのがま口金、根付けを付ける穴(?)が1箇所片側だけに設けられているんだけど、
私は使い勝手的に、持ち手タイプが希望。
なので、反対側のサイドの縫い目に、Dカンを通したタブを縫い付けて
持ち手を無理やり作ってみた。


う〜ん 微妙だけど、無いよりはずっとマシかなあ!


作ってる途中
 ↓


今回は、口芯は、作り方のご指南どおり、厚紙を使用してみた。
(合皮のこのがまぐちは、まあ、絶対に水洗いしたりしないだろうなあ〜という思いから.)


ダイソーの合皮 5色セット(これが100円だなんて、いい時代すぎるよ!)
 ↓

(オフホワイトと黄色系のは、もう切って使っちゃった後の写真)



前回のと前々回のと、
3つを並べると、こんなサイズ感!










最終更新日  2021.01.22 20:54:05
2020.12.30
カテゴリ:ミシンで、縫う

何日ごろに仕上げてたのか、忘れてしまった。


反対側はこういう感じ

口金と本体の間には、自分のオリジナルタグをはさんでみた。



パターンは、
サンプル師・中村さんの「みんなの型紙」のHタイプ

口金はダイソーの角 100mm、
布は、昔ハンズでドレープカーテンをオーダーした時のはぎれをもらってあったもの(!)を使ってみた。



これ、カワイイ形がすっごく好みなのだけど、
とても小さくて、ちまちまとした作業が意外につらい!たいへんだった!


なお、前回も書いた
この「みんなの型紙」のがまぐちの作り方共通の「口芯」だけど、
今回は、自分が持っている中で一番硬い接着芯を使ってみた。



この硬い接着芯は、
ずっと前に帽子作りにはまっていた頃に、帽子のツバに入れるために購入していたもの。
パリッパリに硬い。
そして、ざっくりしている。(目の粗い麻の布のような感じ)

口芯としての使い勝手は・・・
ん〜、なかなか良いかも!








最終更新日  2021.01.22 20:49:31
2020.12.23
カテゴリ:ミシンで、縫う
表布には接着キルト芯を貼って、ふんわり感♡


えっ?まさか13年ぶり?! がまぐち作り。
少なくとも、
自分のブログに記されている最後は13年前なんだけど・・・

当blog内 フリーページ がまぐち作りのまとめ
https://plaza.rakuten.co.jp/eucalyptus2003/9000/


あのころは、すごく研究熱心だったなあ私。

今眺めると、何も分からない状態で試行錯誤しながら
よくがんばってた(笑) えらい! いまもうそんな気力ないよ。

当時は、今みたいにがまぐち作りが広く一般的に流行ってなかったから
情報もあまりなかった。
そして、がまぐちを持っていると、「なんでそういう変わったものを持ちたがるの〜」みたいな感じの言葉をもらうことも多かったなあ。
今の状況からは考えられない!


   *   *   *


さて
今回は かばんのサンプル師・中村保義さんという方が
Youtubeを通じて無料配布されている型紙と、
動画内でご紹介くださっているプロのお立場での作り方ノウハウなどを
そのまま参考にして作ってみた。

中村 保義 サンプル師
https://www.youtube.com/channel/UChVXEgMbUaHbMTxXvQxWUSA/featured


このチャンネルでは、プロのカバン作りのノウハウを惜しみなく見せておられるので
へぇ〜すごいなあ!なるほどなあ〜!おおお〜 とか思いながら見ているうちに、
その中でひとつのシリーズとしてアップされているがまぐち作りにも目が止まり、
やっぱり自分でもやってみたくなっちゃうんだよね〜


   *   *   *


  • 布地は
    リアルファブリックさんの「[8366] 達磨さんと梅のパターン。朱色。」を使用。
    マイナス50%で注文していたもの。
    特に用途は決めてなかったけれど丁度よい♪

    リアルファブリック > [8366] 達磨さんと梅のパターン。朱色。
    https://realfabric.jp/view.php?num=8366&tb=&count=0&category=10&pg=1


  • 裏地には、上記13年前(?)の時から持っている、きれいな黄色のナイロン地を

  • 口金はレシピ通りでダイソーの95mmを使用


  •    *   *   *


    この作り方では
    「口芯」というものを入れるんだよね



    中村先生の動画では、その口芯は厚紙で作っているんだけど
    なんとな〜く、布製品の中に厚紙を芯として入れることに違和感があり・・

    (基本的に洗濯するようなアイテムじゃないことは重々承知なんだけど、でもさ、場合によっては、コーヒーをダバっとこぼしちゃって水洗いしたい時もあるかもしれないじゃない?
    その時に水に浸したら、やっぱ、厚紙ってびろーんてなるし、乾いた時に歪む・・よねえ? みたいな。いや絶対に考えすぎだと思うんだけど!笑)


    なので、どうしようかな〜と思案していたところ、
    以前帆布屋さんでサンプルとしていただいた、非常に目の詰まった硬い帆布のはぎれ(←私のミシンじゃどうにも縫えないと判明)があったので、それを2枚貼り合わせて厚紙代わりに使ってみることに(=写真)。


    「口芯」についてや、この方法の作り方についての詳細は
    この動画を参照
     ↓
    がま口の説明書【N型】100円均一(ダイソー)95mmくちがねで作れる
    https://youtu.be/-jakQs373Kw


    とても効率的かつきれいな仕上がりが考えられて設計された型紙&作り方。
    一見の価値あり!(動画内の作業に出てくる形と、今回私が作ってみた型紙は、別のタイプのもの。→ 私が今回作ったこれは「N型の3Lサイズ」というもの)



    かわいいよぉ〜ん!






    ちなみに

    中村保義さんが配布なさっている型紙でみなさんが作った作品は
    インスタグラムで #みんなの型紙というハッシュタグに
    まとめられていて、一覧できて便利〜!







    最終更新日  2021.01.08 23:30:27
    2020.09.05
    カテゴリ:ミシンで、縫う

    相変わらず、この時作った やり方で。







    内側の生地をリネン100%生地にしてみたり


    接触冷感のメッシュ布(近所の手芸屋さんで買った)にしてみたり








    最終更新日  2020.10.19 20:29:55

    全90件 (90件中 1-10件目)

    1 2 3 4 5 6 ... 9 >

    PR

    X

    © Rakuten Group, Inc.