000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

多岐さんのブログ

2020.07.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前日、船は夜の8時にニジニノブゴロドを出航して翌日の午後3時頃にカザンに到着して、
また、夜の8時には次のシンビルスクに向けて出発するので、カザンの観光は夕刻になります。
実はこれには一つの演出があり、日没近くになると、カザン・クレムリンの建物がライトアップ
され、美しい演出が施される仕掛けになっています。
カザンを語る前に、一枚の貴重なモンゴルのルーシーへの侵攻図をご覧ください。

13世紀にモンゴルはヴォルガ河を越えて・・・というより、図のように、カスピ海の南を
通ることで、ヴォルガの渡河を避けて侵攻してきて、時のルーシー諸国のウラジミール公国、
ノブゴロド公国、スズダリ公国と激しい戦争を何度繰り返すことが約200年続き、イヴァン
雷帝が登壇するころまで続きました。

カザンは、そのモンゴル帝国、つまり、イスラム勢力がルーシー諸国を隙あらば狙う
拠点の町になりました。その名残が、カザン・クレムリンに残っています。

要塞を意味するクレムリン。モスクの尖塔の隣に正教の聖堂が見えるという不思議な光景です。
下は、前述のライトアップの様子です。

(上下の写真とも、Wikimedeaより)

カザンは現在でも、タタール人が52%、ロシア人がやや少なく43%の住民比率です。
宗教はイスラム教スンニ派とロシア正教が二分する形の信者構成になっています。他、少数派
になりますが、カトリック、プロテスタント、ユダヤ教の教会も存在しています。

カザンに行きますと、ガイドはしきりに「タタールのくびき」について説明をしますので、
この言葉はあらかじめ、抑えておくことをおすすめします。
簡単に言うと、モンゴル人のルーシー侵攻と支配を表す言葉です。そこで、もう一度、上の
地図を見てください。カザンでヴォルガ河は南に進路を変えて、カスピ海にそそがれますが、
この河を挟んで、東西のキリスト勢力とイスラム勢力が何度も激突して東西の民族の攻防が
繰り広げられ最前線だったわけです。

ヨーロッパにはこういった場所がいくつかあります。このブログでもご紹介しました
スペイン。そして、15世のトルコ、イスタンブール、かつてのコンスタンチノープルも
同様の歴史を持っています。






最終更新日  2020.07.07 11:49:02
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.