000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

EUROPEAN SELECTION ~ヨーロッパの話題と日本未入荷・レアアイテムのショッピング~

Vol.8 ヴィルフランシュ1

■写真で綴るフランス紀行 Vol.8
 ~コクトーの愛した街「ヴィルフランシュ・シュル・メール」へ その1~

ニースでの活気あるひと時を背中に私たちはバスターミナルへと向かった。 バスターミナルは鉄道のニース駅からはちょっと離れており、旧市街からの道のりを地図を頼りにしていったのですが、 鉄道駅とは少し雰囲気が違い、結構バックパッカーが多いところでもあるらしかった。 世界中の人種が一同に会していたのを覚えている。ちょっと「深夜特急」のワンシーンみたいで雑多な雰囲気に溶け込むようにして長距離バスに乗り込みました。

ここで乗ったのは100番のバス。下調べしていたとおり、コートダジュールの紺碧の海を右手にひたすら海っぺたを走るバスである。 そもそもこの100番のバスはお勧めなのですが、ここでポイントはニースからモナコへ行く場合は右側の座席に、逆にモナコからニースに来る場合は逆に左側の座席に着くことで海側をずっと見ていられるという点ではないでしょうか。 最終到着地点はイタリアに程近いマントン。それまでの途中駅にボーリュー、ビルフランシュ、エズ、キャップ・ディル、モナコ、ロックブリュヌと海岸線のいい街を縫うように走ってくれるのも魅力である。 私たちが乗り込んで右側の座席についた後も、結構旅行者風の人たちが結構乗ってきた。やはり人気のバスなのだろう。

バスは各駅停車なのですが、結構飛ばす、いやかなり飛ばす、いやそんなに飛ばさなくてもっ・・・。でも、バスはピカピカの新しいやつなので、大丈夫。 だんだん乗り物に乗るときのたどたどしかったフランス語でのやりとりにも慣れてきた(開き直りだと思う)こともあり、存分に景色を堪能させてもらいました。

ただし、もちろん次のバスストップのアナウンスなどないので、あまり景色にうつつを抜かしていると行き過ぎてしまいます。 途中からは必死に通り過ぎてゆくバスストップの名称とインフォメーションでもらったバスストップのマップとのにらめっこです。 私たちがヴィルフランシュ・シュル・メール停車ボタンを押しましたが、他にも何組かそのバス停で降りる人たちがいた。

バスを降り立つと、いよいよヴィルフランシュ・シュル・メールの街が目の前に。ここで今回の旅行の前半戦のハイライトを迎えるとは思いもしませんでした。

つづく。

      
■1位 : サニーサイドアップ
フレンチ系バッグなど本国へ直接買付け。日本未発売商品多数!
★取扱商品検索
 ・Herve Chapelier
 ・Henry Beguelin
 ・Just Campagne
 ・Felisi
■2位 : ee-shopping
豊富でツボをついた品揃えと割引率の高さがすごい。頻繁な更新も◎です!
★取扱商品検索
 ・Cath Kidston
 ・Moncler
 ・Petit Bateau
■3位 : crouka
主に輸入カジュアルブランドが多く雑貨的雰囲気が素敵です。
★取扱商品検索
 ・Armen
 ・Koos
 ・il bisonte
 ・le minor
■4位 : kakinokizaka
在庫も豊富で新作がいち早く入荷します!見やすいサイトですね。
★取扱商品検索
 ・Herve Chapelier
 ・Vanessabruno
 ・Rimowa/a>
このサイトはリンクフリー・相互リンク随時募集中です。
お気軽に書込みくださいね。お待ちしています。

このサイトで紹介しているものは、楽天市場内のお店の商品です。
実際のお取引は、商品を扱うお店と行います。
お取引の際のトラブル等の責任は負いかねますのでご了承ください。


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.