000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

EUROPEAN SELECTION ~ヨーロッパの話題と日本未入荷・レアアイテムのショッピング~

Vol.11 パリの豊かさと現実

■写真で綴るフランス紀行 Vol.11
 ~パリの豊かさと現実~

パリに着くとは幸運なことに雨はやんでいた。ニースから実に6時間。疲れなかったといえば嘘になるが、さっきまでの雨がやんで、夕暮れの光が薄紫色にパリの街並みを照らして実に美しく、疲れを忘れさせた。

到着したパリ・リヨン駅は決して新しくないのだが、天井も高く屋内なのにとても開放的なつくりで想像していたヨーロッパの駅舎そのものだった。終着であるので、皆がいっせいに改札に向かう様は旅情気分を大いに盛り上げてくれた。この駅舎では、映画「レオン」でも出てきたレストラン「トラン・ブルー」が有名なのだが、素通りしてタクシー乗り場へ向かった。

駅舎を出たすぐのところにあるタクシー乗り場には結構な行列がでいていて、30分くらいは待たされただろうか。その間、明らかに南仏とは違う歴史的空気、多くの人種、文化を感じていた。やがてプジョー306ブレークのタクシーに順番が廻ってきた。運転手さんが降りてきてくれ荷物をトランクに詰め込んでくれ、私達も乗り込む。行き先を告げるがどうも理解してもらえない様子。地図を出して印をつけてみるがやはり理解できていないようだ。字が読めないのか?目が悪いのか?どちらかは分からなかったが、タクシー仲間となにやら話をしても目的地がぴんとこない様子。結局私達が運転者さんの持っていた地図を見てナビすることに。意外と言葉が通じなくても意思伝達できるもんです。

やはり南仏とパリには大きな違いがあった。幸福一色、理想郷であり続ける南仏に対して、豊かさと悲しみが共存する街。大通りの車の往来の真ん中を歩き物請いをする両腕のない少女。駅の中で何をするでもなく悲しそうな目をした親子。この旅の中で始めてそれをリアルに感じた。綺麗なブティックや街並みをタクシーで通り過ぎていく中で、少なくとも私達の目にはそのように映った。でもこのとっても明るい運転手さんを見ているとたくましさを感じ勇気づけられたのでした。

無事にオペラ地区にあるプチホテル、ルジュモントに到着して運転手さんに手厚く礼を言って、別れを告げた。思っていた以上にこのホテルの設備がボロイ。電気はちょっと暗めだし、二階の親子客が歩く音は聞こえてくる。ま、三つ星とはいえ値段相応ですかね。清潔な部屋と備品だったので、特に不便はなく3日間利用しました。

それにしてもパリのホテルは値段が高いですね。後から思えば、交通の便が良いパリですから、ちょっと郊外のいいホテルに泊まればと思ったり。。

      
■1位 : サニーサイドアップ
フレンチ系バッグなど本国へ直接買付け。日本未発売商品多数!
★取扱商品検索
 ・Herve Chapelier
 ・Henry Beguelin
 ・Just Campagne
 ・Felisi
■2位 : ee-shopping
豊富でツボをついた品揃えと割引率の高さがすごい。頻繁な更新も◎です!
★取扱商品検索
 ・Cath Kidston
 ・Moncler
 ・Petit Bateau
■3位 : crouka
主に輸入カジュアルブランドが多く雑貨的雰囲気が素敵です。
★取扱商品検索
 ・Armen
 ・Koos
 ・il bisonte
 ・le minor
■4位 : kakinokizaka
在庫も豊富で新作がいち早く入荷します!見やすいサイトですね。
★取扱商品検索
 ・Herve Chapelier
 ・Vanessabruno
 ・Rimowa/a>
このサイトはリンクフリー・相互リンク随時募集中です。
お気軽に書込みくださいね。お待ちしています。

このサイトで紹介しているものは、楽天市場内のお店の商品です。
実際のお取引は、商品を扱うお店と行います。
お取引の際のトラブル等の責任は負いかねますのでご了承ください。



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.