293641 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おいしいって幸せ

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

読み聞かせボランティア

2012.06.19
XML
6/19(火)、娘の小学校の図書ボランティアで募集があり、
都立多摩図書館の研修に参加してきました。
その中で感動モノだったのが、バックヤードツアー。
一般人では足を踏み入れられない世界へ。いざ。


何万冊と所蔵する都立多摩図書館の書架。
一般には開架されていない、地下1階~2階。
そのうちこの日は、案内の司書様、
地下2階のディープな階層へいざなってくださいました。

エレベーターで地下へ降りると、
ワインセラー並みに温度&湿度管理の行きとどいた
ひんやりした世界。
ほのかに黴臭い、古い紙の匂い漂う静寂の空間。

司書どのにいざなわれ、歩いて行くと、
高さ1mもあろうかという絵画図鑑や美術書。
そしてその先には、創刊号から欠番なく集められた
週刊少年ジャンプやサンデー、なかよし、ASUKAなど!
ドラえもん初回も収められていると思われる、
小学一年生~六年生も!

あぁこの中で眠りたい、暮らしたい。。。_ノ乙(、ン、)_

このまま棚の隅に隠れてしまおうかという
誘惑を払いつつ歩くと、次の通路では、
日本が生んだ優秀な芸能「紙芝居」を紹介。
その名も『ガンマ王子 ~誕生編~』

司書どの、第1話を読んで下さったんですが
最後まで「ガンマ王子」なる人物は登場してこない‥‥
なんじゃそりゃー!(笑)
ツッコミどころ満載で、面白い。wwww
--


図書館ツアー_小.jpg

その他には、戦前~戦中のこども雑誌、
外国の絵本や、日本のちりめん本、
日本の作品が海外進出した時の訳本など。
多岐にわたる貴重なお宝の数々を目の前で!

あぁ~、お腹いっぱい夢いっぱい。
ほんの20分くらいだったと思いますが、
幸せなひとときでございました。
図書ボランティアに志願して、よかった。。。






最終更新日  2012.06.23 16:41:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.20
本日の午前中、
東京の天気は、あいにくの雪!でしたが、
大盛況のうちにコーヒー教室が終了しました♪
あの寒さの中、小さなお子さん連れで参加して下さった皆様、
講師の先生お二方、そして子守スタッフの皆様、
ありがとうございましたー!!m(__)m

わきあいあい。そしてチビッ子たちもにぎやかで、
楽しい教室になりました♪(^▽^)



--
同じ新鮮な珈琲豆を使っても、淹れ方ひとつで
まったく別物のコーヒーになるんだということが、
手に取るように分かって。
ほんの2時間のうちに
「違いの分かる女」になれた気がしましたね~♪

●デモ.JPG

先生のお手本を見た後に、2回の実践タイム。
小さな赤ちゃんを抱っこしながらのママさんもいらして、
そんな方にとっては、細く優しくお湯を注ぐのが
筋トレ(!?)苦行(!!?)のようでもありましたが‥‥(笑)。

1回目よりも、アドバイスを貰って再挑戦した2回目の方が
確実においしく淹れられた!との感想も伺いました。
よかった!!!(^▽^)
●店主G.JPG ●焙煎士G.JPG

もし今日の生徒さんで
このブログを読んでくださってる方がいらしたら‥‥、
今日習ったポイントを忘れないうちに全部書きとめて、
皆様ぜひ今後のおうちカフェタイムに役立ててくださいね♪(*^^*)

もし淹れ方を忘れちゃった時は、講師の先生のお店に行って
「こないだの生徒です」と言えば‥‥
気の良い先生方のこと、
きっとその場でニコニコ教えて下さるはずですから、
気軽に訪問してみて下さいませ~。(^^)
(先生のお店「珈琲焙煎舎」のHPは→こちら)



主催者のおいらの反省点としては、
段取りが悪かったり(お湯が用意できてない!(@_@;;)、
当初のタイムスケジュール通りに行かず、
押せ押せになってしまった感がありますが(^o^;;;;スミマセン
講師の先生方や皆様に助けられて、
無事故でみなさんに笑顔で帰って頂けたので
おいら個人としては大満足です。

毎日、家事育児に頑張って奮闘しているママさん達に、
今日のコーヒー教室が、ほっと一息の役に立てたら嬉しいなと、
そんなことを思いつつ。(^^)


あー今日も楽しかった。
たくさんの笑顔に出会えた、幸せな1日でした。






最終更新日  2012.01.21 11:07:40
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.27
おいらの主催してる読み聞かせサークルの番外編として、
以下のようなイベントを開催することになりました。

ご近所に住んでる育児ママさんが対象なので
広く一般には公募しないんですが、
もし東京府中市にお住まいの育児ママさんがご覧になってたら
応募してみて下さいませ。(^^)


-------------------------------
お子さん連れで、おいしいコーヒーの淹れ方を習ってみませんか?
和室でお子様を遊ばせながら、隣の料理講習室でドリップ講習を行います。

□■おうちを素敵カフェに■□
~プロに教わる、美味しいドリップ珈琲の淹れ方~

1807458557_180.jpg

●2012年1月20日(金) 10:00~
●府中市・片町文化センター3F、料理講習室&和室
●参加費:600円(パウンドケーキ付)

●持ち物:筆記用具
     (以下、持っている人は)
     自宅で使っているドリッパー&サーバー、ドリップペーパー、ドリップポット(細口ケトル)
     温度計(沸かしたお湯の温度を測ります)

講師:珈琲焙煎舎
    店主…元・某シアトル系カフェバリスタ全国3位
    焙煎士…元・上記シアトル系カフェバリスタ、焙煎士

●定 員:10名様
      (応募多数の場合は、申し訳ありませんが
       今までたけのこに参加実績のある方を優先させて頂きますm(__)m)
●申込方法:コメント欄、又は、えばまでメッセージにて。
        下記1~3をコピペして、必要事項を記入してください。
=========================
1、申込者お名前(HN可。複数人いる時は全員のお名前):
2、お子さんの人数、年齢:
3、ドリッパー&サーバー、ドリップポット等の持参有無
=========================

●申込〆切:1月13日(金)‥‥当選の有無は応募者全員にお知らせします



この道20年のプロ焙煎士とバリスタが、
読み聞かせサークルに参加する育児ママさん達のために、
ボランティアでドリップ講習をしてくれることになりました。
何かとストレスの溜まる育児の日常の中で、
ほっと癒されるカフェタイムをおうちでも過ごせたら。。。
そんな願いをお話したら、プロのお二人が受け止めて下さいました。

コーヒー好きなママさん、このチャンスにいかがですか?








持ち運びに便利Joyドリッパー



味に深みがでる カリタ銅製ドリッパー


アウトドア用ドリッパー
スノーピーク フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」







最終更新日  2011.12.27 09:46:41
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.25
なんだかんだで7年近くやっている、読み聞かせサークル。
この夏以来、疲れちゃってて休んでたんだけれど、
先日「いつやるんですか?」って問合せのお電話をいただいて(^_^;;

こんな、へたれサークルでも必要としてくださってる方も居るのかと
また重い腰をあげたという次第です。



さて、お久しぶりのサークル。
「0歳からの‥‥」と謳ってるワケは、実はサークルそれ自体が
子どもではなくママのために存在しているから。

なので幼児用の絵本を数冊読んだあとは、
ママが楽しむためのコーナーがあります。
本日のお楽しみは、「百人一首」。

この日記で何度も取り上げているけれど、
秋からやっているアニメ「ちはやふる」が、
この読み聞かせサークルを開催している文化センターが
まさに舞台となっています。せっかくなので、その場所で
私たちも百人一首を楽しんでしまおう、という
無茶なこじつけによる百人一首かるた大会。(^o^)


[DVD]ちはやふる Vol.1


さて、
1歳~2歳の小さな子ども達がやんちゃする中でのかるたなので、
100枚全部は無理だろうと、30~40枚だけ読もうと思ってました。

ところがママたち、取るのが早い早い。(^▽^)

追加、追加で
結局50枚余り読んでしまいました。

いやーもしかしたら、100首全部行けたかもしれないなー。
ややや、子ども達がまだ愚図る前に切り上げて、正解だったか。
どちらにしても、ママ達も思いのほか楽しかった雰囲気が
びしびし伝わってきたのが嬉しかった。(^^)



文化センターの図書館で、
予約していた百人一首朗詠CDも借りてこれたし。
やー、楽しかったなぁ。またやっても良いかも。かるた大会。

来月の読み聞かせサークルは、番外編で
「ウエハースで作る、お菓子の家」だー。
家でリハーサルしなきゃ。(^o^;;






最終更新日  2011.11.25 17:35:37
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.19
毎月、不定期にやっている読み聞かせサークル、
11月分は本日無事に開催できました。

友達と一緒に立ち上げてから、かれこれ7年かぁ‥‥。
その間、色々な方々に助けて頂いて、
細々とですが、よくぞ続けてこられたもんです。
今後どうして行こうかなぁ~。


今日読んだ本は全部で3冊。
そのうちおいらが読んだのは、先日友人に教えてもらった、
“We Are The World”の由来を描いた絵本、
「歌が世界を動かした!ウィ・アー・ザ・ワールド物語」。
この本だけは、今日は大人向けに選びました。



既に25年も前の曲なので、もしかしたら若いママは
知らない人も居ると思ったので、
曲をBGMにして絵本を読みました。

本の内容は、We Are The World のメイキングビデオと同じ。
それを小学校中学年くらいから理解できるように編纂した感じでした。

読むのに時間のかかる、長い絵本なので、
チビッ子たちは早々と飽きてしまったけれど、
ママさん達は辛抱強く聞いてくださいました。感謝。


もう25年も前の曲なんですね、“We Are The World”。

あらためて聴いてみて思うのは、マイコーとライオネル・リッチーの
才能の素晴らしさです。シンプルで人の心を打たずにおかない歌。

個人的には、その曲ができるきっかけになった、
前年末にイギリスミュージシャン達が行動を起こした
“Do They Know It's Christmas?”の方が、
少女時代のおいらには「一大センセーション」でしたね~。
何事も、最初に行動を起こす人は凄いと思います。
最初の一人から、周囲へと大きな波が広がっていくのですね。



芸術家ってすごい。芸術ってすごい。
良い芸術は、人を一番人間らしくするのかも しれない。






最終更新日  2010.11.19 20:57:21
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.18
テーマ:読み聞かせ(342)
近所に住むお友達のお姑さんが、声優さんで、
今日はママさん対象に、読み聞かせのレクチャーをしてくださるというので、
あつかましくも定員にねじ込んで頂いて、参加させて頂きました。

講師の女優さんは、大山のぶよドラちゃん時代の
のび太のお婆ちゃん役(初代)の声優さんだったりして、
今は声優業のかたわら、声優学校の講師をしておられます。

そんなプロが、ご自宅で育児ママ相手に
ボランティアでレクチャーしてくださると言うからもう大変(個人的に)。
ハァハァ言いながら(心の中で)、レッスン受けてきました。


内容は、目から鱗の連続。
書き始めると長くなるので、忘れないうちに箇条書きで書き留めておきます。



・ナレーション部分は、聞き手の目に映像が浮かんでいるか、確認しながら読む。
 すると、良い間が生まれる。
・文に打ってある句読点は、読むときの間合いには、あまり関係ない。
・文節ごとに、「ね」を入れて読むつもりで、読んでいくと良い。
 その際、「ね」が押しつけがましくならぬよう。説教じみた読み聞かせは、ウザい。(^_^;;

・読み聞かせの前に、事前に全編を読みとおしてみて、
 物語が言わんとしているところがどこなのか、つかんでおく。
・そこへ向かって、聞き手が情景を思い浮かべられるよう、構成を組み立てておく。
・冒頭のナレーション部分を読む際、物語の教訓などのオチが
 分かってしまうようなニュアンスを、声のトーンで脚色しない方が良い。
 同じ文字面でも、読み方のニュアンスひとつで、聞き手の受ける印象が変わってしまう。
 自分の語りを聞いて、聞き手がどういう心のドラマをたどるかを考えて、組み立てる。

・セリフは、それを言っている人が誰なのか、
 その登場人物はどういうキャラクターで、どんな性格なのか、
 どんな思いを持って、どういう状況でそのセリフを言っているのか、
 考えてからセリフを言うと、聞き手に伝わる。

・読み聞かせは、文字を届けるのではない。
 心を届ける。聞き手が情景を連想できるように、思いを届けること。

・読み聞かせをするときは、聞いてもらう人が頷いている様子を見ながら行う。
 目の前に居ない場合でも、大好きな人が聞いてくれていることを想像しながら
 その人が情景を思い浮かべてくれてることを確認しながら、語りかける。

・うまくいかないと思う時は、手で「どうぞ」と差し出す仕草を添えながら
 語りかけると、うまくいきやすい。
 優しい声のトーンは、聞き手の心に、素直に入り込む。

--


すぐに思い出せるのは、これくらいかしら。
また思い出せたら、追加します。

読み聞かせを教えてもらおうと思っていたけれど、
いざ習ってみると、自分の育児の姿勢とか性格とか、
はては人間性にまで行きつくことを、教育して頂いた気がします。

受講生がほんの数行、読むのを聞いただけで、
その人の人柄や、その瞬間の心の状態などを、ぴたりと言いあててしまう。
とても和やかで温かいんだけど、本質はきちんと捉えている。

まるでこちらは、彼女の前で丸裸になってしまったように、
ちょっと怖いような恥ずかしいような、
でも自分でも知らなかった自分を見抜いてほしいような、
そんな気持ちになりました。


女優さんて、すごい。
さすが、人間観察のプロだ。
人間磨きのプロだ。

圧倒された、1時間でした。






最終更新日  2010.01.19 09:34:18
コメント(2) | コメントを書く
2008.07.16
月1でやっている読み聞かせサークルの番外編、
以前構想を練っていた「ゆかたの着付け教室」が、
本日お昼前に無事終了しました~♪

いやー、楽しかった。
ちびっ子の育児中だと、習いたくても習えない。
そんなデメリットを克服して、みんなで受講できた喜び♪(^o^)
趣旨に賛同して講師を引き受けてくださった先生に、感謝、感謝ですわ。


今回は進行を着付けの先生にお願いした上、
子守のサポートは、支部婦人部長にお願いしたので、
いつもの読み聞かせサークル開催よりも、ずいぶん楽ちんでした。(^^;

10名定員のところ、当日キャンセル分を見込んで
12人の参加見込みを貰ってたんですが、

最終的にキャンセルが3人出てしまったので、9人になりました。

受講人数としては、先生の目が行き届くので
これくらいが一番良いのですが、
先生への謝礼の都合で言えば、一人分少なくなったので
その分おいらが負担する形になって、ちょっと痛かったかな。(笑)
まぁ、サークルに限らず飲み会なんかでも良くあることなので、
この経験は今後の課題としましょう。(^^)

謝礼そのものは、先生は要りませんとお断りされたんですが、
おいらの気持ちとして、一般サークルがプロの先生にお願いするのだからと
受け取っていただくことにしました。



着付け教室自体は、
先生がタイムキープもきっちりとやってくださったので
充実した内容になりました。さすが数をこなしてらっしゃる先生!

日ごろ、地元地域の婦人部でも、会合に講師として招かれて、
同じような初心者向けに何度もやってらっしゃるので
勝手が分かってらっしゃるんでしょうね。
おそらく、いつもと違ったところと言えば、
参加者が全員、ちびっ子ギャング連れだということくらいでしょう。(^_^;;

こればっかりは先生も生徒のみんなも仕方ないことなので、
ちびっ子が愚図る中を、負けずに着付けを進行していった具合になりました。

すごいなぁ、母たち。(笑)
どんだけ泣き叫んでまとわりついても、それをあやしながら
耳はしっかり先生の声に傾けて、手を動かしている。
そーしなければ、日常の家事も進まないんだもんね。
鍛えられてるね、みんな。(^^)立派だ♪


着付けの指導は、とても合理的で、目からうろこのオンパレード。(@o@)
うろこポイントの代表的なものは……

●浴衣の中は、肌襦袢を着ること。
 これを着ていると、着崩れしない。

●肌襦袢の襟を少し後ろに下げておく。そして
 肌襦袢の襟の縫い目と、浴衣の襟の縫い目を合わせておく。
 すると、襟足がとってもうつくすぃ~♪

●ゆかたを羽織ったら、両方の襟先をそろえて持って前に引っ張り、
 すそをくるぶしの上に来るよう、丈を合わせたら、
 前を合わせるときに、右も左も、端は1cm上に上げておく。

●ひも2本で浴衣を締めて着付けをキメるわけなんだけど、
 そのどちらも、襟幅の中央で結ぶということ。
 そこで結ぶことで、襟がずれない→着崩れしない
 というのが目からうろこでした♪

●あと、脇で前身ごろ&後ろ見ごろの2枚を合わせて持って
 しわを伸ばし、後ろへ倒すこと。
 そうすることで、前と背中がパリッと真っ直ぐになって、
 どこから見ても、しわがない状態になる。
 おお~~、なんて美しい~♪


最後に、帯を自分で結ぶ方法。
基本の「一文字」で練習。

前で結んで、最後に「えいやっ」と後ろへ回す。
いや~、たのすぃ~♪

これで娘にも、着付けしてあげられます。


の前に、
忘れないうちに、今日習ったことを
きちんと自分の身につけなくては。(^^;;
これから何日か、練習のため、湯上りに浴衣を着てみるか。






最終更新日  2008.07.16 21:22:57
コメント(4) | コメントを書く
2008.06.27
盆踊りや花火大会で、浴衣を着る機会も多くなる、夏。
かわいい浴衣で、周りから「きれいだね~」って見られたい。
でも、いつもテキトーに着てるから、すぐに崩れてきちゃったり。



さて、毎月1回やっている読み聞かせサークルの番外編として、
「ゆかた着付け教室」を考案中なんです。

きちんとした着付けの先生をおよびして、

・着付けや
・帯の結びかた、それから
・着物の畳みかたや
・お手入れの仕方を

教わろうというもの。
自己流ではなく、正確な着付けを習えば、
子どもたちにも、きれいに浴衣を着付けしてあげられますものね。
--

開催するにあたっては、プロの着付けの先生にお願いするので
気持ち程度でも謝礼をお渡ししたいなと思うんだけど、

参加費がいくらまでなら、みんな「参加したい」と思うかしら。
いま検討中なのは、
先生が一人一人、全員に目が行き届くように
少人数制の10名で、参加費500円というもの。

子守りのヘルパーもお願いして、ママが参加しやすいようにする。

ゆかたは自分のものを持ってくる。
もしも、自分のを持ってないけど参加したい人は要相談。

そんな風に考えてますの。
--

こう聞いて、参加してみたいと思いますか?
それとも、もう少し安ければ?or他にも付加価値があれば?と思いますか?

皆様の忌憚ないご意見を頂ければと思います。m(__)m






最終更新日  2008.06.27 16:57:12
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.12
日曜日に追悼コンサートが終わったと思ったら、
こんどはキャラ弁講座だわ。

明後日、3/14(金)なんです。

定員15名にしておいて、今のところ
スタッフ除いて12名予約が入ってるから、
当日は丁度良い数になるんじゃないかと思ってます。

材料の買い出しも順調に進んで、
表計算ソフトで、費用の算出もOKだし、
あとは当日の流れをタイムテーブル書いて、
当日の流れがスムーズに行くよう、スタッフと確認です。


それにしても、当日 金曜は朝から忙しくなりそう。

その日は4歳娘の幼稚園、今年度最後のお弁当なので、
「せんせいありがとう弁当」を作ろうかと思ってるんです。
そのため、今日お迎えの時に、せんせいのお顔をチェックして来ました。
帰ってから描いた、せんせいの似顔絵がこれ。
 ↓
せんせい.jpg

年少組は、担任と副担任で、せんせいが2人なのです。
どちらも若くて可愛い~♪(#^.^#)のです。


当日の朝は、
せんせい弁当を作った後、
  ↓
速攻でキャラ弁講座の見本品(アンパンマン)も作って、
  ↓
4歳娘を幼稚園に送り
  ↓
9:30にキャラ弁講座会場へ向かい
  ↓
準備をして
  ↓
10時にキャラ弁講座スタート
  ↓
12時に終了して
  ↓
帰宅、昼食
  ↓
2時に幼稚園へお迎え
--

というスケジュール。
できるのだろーか、おいら。(@_@;;;;;;;

しかも今日、娘の仲良しさんから、
金曜はお迎え後に、ご自宅へ遊びに来てねとお誘いを頂いてしまった。
嬉しい悲鳴。ひーーーーー。

とりあえず、せんせいキャラ弁の顔パーツは
チーズに海苔で、明日中につくっておこう。
そうすれば当日の朝は、おにぎりにそれを乗せるだけで済む。

そーしよう、そーしよう。

明日が勝負だ。。。(@_@;;どきどき






最終更新日  2008.03.12 22:35:12
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.08
新入園ママ応援企画として、来週3/14(金)に
キャラ弁作りを読み聞かせサークルで行うことになった。

火曜日に、サークルを共同主催している友達の家で
その試作を行って来た。
実際に作ってみて、どれくらい時間がかかるか?
初めて作る人にとっては、どんなテクニックが教えて欲しいだろうか?
を見極める判断材料にするためだ。

その試作品がこちら↓
おべんとう.jpg

今回は、キャラ弁作り初心者のママさんがほとんどだと思うので、
おそらく一番簡単で、一番はばひろく愛されているキャラの
アンパンマンが題材。

おかずも、今後お弁当作りに役立つ、
ソーセージの切り方を伝授できるという理由で、
ソーセージが主体。

そんなわけで、おかずのレパートリが偏り気味ではあるけれど(^^;;
そこは許して頂きましょう。


さて、これから
お弁当1つ分にかかった材料費を割り出して、
みんなに材料費を連絡しなければいけないんだけど、
今日は午前中に豚汁座談会で、これからおにぎり5個作って行かなきゃだし、
その足でもうコンサートのリハに行かなきゃなので、、、

明日も朝からコンサートで夕方からは打ち上げだから、、、、、、

今日、夜遅く帰って来たら、費用算出して
みんなに連絡流すか。。。

忘れないようにしなくちゃな~。←ここが重要。






最終更新日  2008.03.08 07:59:24
コメント(2) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR

プロフィール


☆えば

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

☆えば@ Re[1]:「すべてがFになる」第1話をみた(10/22) vnおとまつさん 原作を読むにつけ、森博…
☆えば@ Re[1]:森 博嗣「すべてがFになる」読了(10/07) vnおとまつさん 遅レスすみません。 非常…
vnおとまつ@ Re:「すべてがFになる」第1話をみた(10/22) う~む、詳細レポなのに、あまりネタばれ…
vnおとまつ@ Re:森 博嗣「すべてがFになる」読了(10/07) 秋ドラマにそんなのがあったとは不覚にも…
☆えば@ Re[1]:<娘> セカンドスクール出発(09/29) vnおとまつさん ありがとうございます。m…

日記/記事の投稿

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.