2782847 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花屋な日々

2009.01.18
XML
昨日とは打って変わってまったりした日曜日、
午前中雪がちらついたこちら青梅市です。

寒いじゃねーか。
天気予報では気温高めの予報じゃなかったっけ?

でも今朝は曇っていたので、背中と腰にバッチリホカロン貼ってきた賢い私です。


あーあ。
昨日までの調子で今日も売れてくれれば
明日はまたどっかんどっかん仕入れをできたのに、と思うわけで。

とかくこんなもんです。
売れた日の次は売れない。その繰り返し。

まぁ毎日売れてたらカラダがもちませんから
人間、働いたり休んだりが必要です。

さてこんな暇な日は

昨日の競り人くんとはるか嬢との恋の行方が気になります。

いや、まだ恋は始まっていない。
出合っただけなのですが。


昨日の夜は友人と、「若いってすばらしい」という話題で長電話。
「いいなぁはるかちゃん。私にも誰か若いオトコ紹介して~」と友人。
「40過ぎたオンナが何言ってんのよー」
「ねー、その競り人くんてイケメンなの?イケメンなの?いくつ?市場の競り人で若くてかっこいい男の子っているの?」
「んー・・・」
「競り人との合コン開催してよー」
「・・・ばっかじゃない」

そういえば昨日、お客さんにはるかちゃんのことを
「あら?お嬢さん?」
と、私の娘かと思われて かなり落ち込んだことを友人に話しました。
「ぶわっはっは!29歳の娘がいるって、あんた一体いくつだと思われてんのー!」
「ひどいでしょー?私って60歳くらいに見えるの?」
「あんた態度がデカイからおばさんだと思われるんじゃなーい?」
「え?デカイ?」
「お客さんにタメ口きくじゃーん」
「でね、私がお客さんにそれを言われて、鏡を見ながら 私のどこがはるかちゃんのお母さんに見えるのかしら、プチ整形しようかしらってぶつぶつ言ってたら、はるかちゃんが  店長は悪くないです!私が若作りしてるからイケナイんです!すみません、前髪を短くしたら幼くなってしまって、店長は絶対お母さんには見えないです!私がもう少しオトナっぽくしてきます! って必死で私に謝るのよ。はるかちゃんのせいじゃないのにぃ・・おもしろいでしょ、あの子」
「ぶわっはっはーっ、それおもしろい!」
「はるかちゃんが老け込んだら本末転倒とゆーかなんとゆーか」

そんな話題で大盛り上がりした のらねこおばさんでした。

はるか嬢、素直で頑張り屋でまっすぐで、体力はないけど根性はあって、
スタイルも良くて美しくて、非の打ち所が無い女性ですが、
かなり天然入ってます。






Last updated  2009.01.18 13:14:19
[お花屋のひとりごと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.