3389652 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花屋な日々

2017.10.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨夜はすごい雨でしたね。
雨の音がうるさくて3時まで起きてました。

とゆうか、明日はお店は休みだな!仕入れも行かない!
と決めていたので
夜更かしして 休む気マンマンだったわけで。

スタッフから、雨があがりそうなので普通に出勤しますね!とLINEがきて、
うそーん、と思いつつ、
じゃあ私は行かないぜ、って感じだったのに

寝てたら市場から案の定じゃんじゃん着信があり。

寝ぼけながら  うん、うん、うん、と
起きてみたら  はて、私は一体何を買ったのかね?と。


まーしゃーない、とりあえず要らないけど市場にいってみるか、とのろのろと支度をして


いや、その前に

今朝はまーちゃん、顔色もよく、ゆっくりではあるけど部屋の中を歩き回っていて、
ご飯をあげたら(朝ごはんはカリカリ)自分からカリカリッと食べ始めたのだ。

いつも、とろーりシーバを指から少しずつ少しずつ舐めさせるのがやっとだったのに。
普通の顔してカリカリを食べていた。

あ、復活した、としばらく様子をながめ、頭をヨシヨシして、
私の心に重くのしかかっていたどす黒い雲がぱぁっと晴れた気分になり。
ついでに台風一過で空もぱぁっと晴れ渡り。

カーテンをあけ、窓をあけ、気持ちのいい風をいれて、
清々しい気持ちで朝を迎えた。

で、そうそう、
市場行ってみるか、って気分になり。



案の定市場は惨憺たる状況で
こんな雨続きのしかも台風で、お花が売れているわけもなく。

自分が買った花を取りにストッカーに入ると、売れそびれた花がたくさん置いてあった。

そうなるともう私のお買い物モードにスイッチが入ってしまい
あれもこれもとまたバカみたいに買ってしまった。

久しぶりの晴天、
まーちゃんの回復、
気分は晴れ晴れ。
目の前には色とりどりの花たち。

そりゃ買っちゃうわな。

つくづく思ったよ、私は売るより買うほうが好きだわって。


昼に店に着くとスタッフ、
ぎゃー!店長!今日は仕入れしないって言ってたのにー!とあわてふためく。
あ、うん、そうなんだよね、ごめん、となぜか謝る。




明日は、そんな花たちの写真でもアップしますハイ。


台風一過で去ったものは、
まーちゃんの不調。
台風が一緒に連れ去ってくれたようだ。


それでも、深夜のすごい雨の音に、
この雨の中、どこかで子育てしてる母ネコがいたら
どうかどうか安全な場所で雨宿りできていますようにと
祈りながら眠りに落ちた。
何度も窓の外を確認しながらね、
雨に打たれて困っている子はいないよね、いないよね、と
窓から顔を出して外を見渡したり。

あんな雨、小さな子猫は命を落としてしまう。
どうかみんな、無事に雨宿りできていますようにと
見たこともない  だけど  どこかで必死で生きているであろう命たちの安否を祈った。




突然起きるまーちゃんの体の異常。
ピタリと体内で血液が作り出せなくなり、へたりこみ倒れてしまう。
すぐにステロイドを投与して皮下補液などをして、命をつなぐ。

一度そうなると、回復するまでしばらく時間がかかる。

そして回復したように見えてもまたしばらくすると同じことが起きる。

先生は、あぁまたなっちゃったの?って感じで対応してくれるけど、私は毎回焦りまくって寿命が縮む。

症状が出るたびに対処していくしかないと先生は言う。

幸い、まーちゃんの症状はとてもわかりやすく、貧血が起きたことに私がすぐに気づけるので、
先生も、それが救いだと言う。
ネコは不調を隠して我慢してしまうので、気づいたときは手遅れになることも多いからだそうだ。

まーちゃんの場合、まるで別ネコのように元気がなくなるのでわかりやすいのだ。

今回、酸素濃縮器があって本当によかったと思った。
このタイミングでなぜか購入していた自分がエライと思った。
願わくば使わずに済めばよいけれど、
それのおかげでまーちゃんが
自宅で過ごす時間は少しは体が楽だっただろう。

3.6キロしかない小さな体で、いろんなことと闘ってる。
エライね。
ネコは本当に、すごいね。


私もひとまず安堵。
今夜はゆっくり眠れそうだ。




*酸素濃縮器使用の感想
私も購入する前、さんざん使用している人のブログなどで情報を集めたので、誰かの参考になればと思い、書いてみます。

私が使用しているのは、ユニコムのオキシランドZ3000という器械。

同じユニコムの、オキシビーナスミニ、というのとの購入を迷ったけれど、Z3000のほうが酸素室を作るのに向いていること、
酸素室でも酸素マスクでも両方使えること、
更に調べると、ミニのほうは小動物(ウサギや小鳥など)向け、Z3000は犬ネコ人間で使えること、
更に、使用時間に応じて内部のゼオライトの交換が必要になるのだけど、仮に24時間使用した場合、ミニでは1~2ヶ月でゼオライト交換が必要になり、z3000では1年間(時間にして8000時間が)ゼオライト交換の目安になるということ、
そしてそのゼオライト交換は、ユニコムに送って交換してもらうので、送料、ゼオライト交換費用がかかること(三万円前後)などから、メンテナンス費用も考えるとZ3000のほうが使い勝手がよさそうだ、と判断したのです。

24時間使うことはほとんどないと思うけど、
今回、まーちゃんはいつでも酸素室に入れるようにするため、実際には約2日間連続稼動させてました。

で、酸素濃縮器が稼動するにあたって、よくレビューにあった「音」の問題ですが、
コンプレッサー音がするのはこれはもう致し方なく、それでも覚悟してたほどはうるさくなく、
最初はネコのみなさんもその音に怯えていたけれどすぐに慣れました。
酸素濃縮器の下にカーペットなど敷いては使えないので、アパートやマンションなどで階下に迷惑がかかりそうな場合はちょっとどうかなと思ったけれど、コルクマットとかなら大丈夫かな?音と震動の問題は、確かに若干あると思うけど、具合の悪い子を前にしたらそんなことも言っていられないかも。

私はそんなに気になりませんでした。

ただ、稼動していると室温がかなり上がります。
うちは夜寒いときネコのみなさんの部屋にエアコンを入れているけれど、稼動中は部屋が暑くなってしまうので、エアコンはオフ。
酸素濃縮器からの熱気でじゅうぶんな感じでした。
なので、冬はいいけど、夏は大変だなという感想。
酸素室の中自体も少し温度が上がるので、
動けない状態の子を入れる場合は温度管理を気を付けてあげないといけない感じ。
人間に使う場合は、加湿ボトルをセットして使うらしいけど、ペットに酸素室を作る場合は絶対に加湿ボトルは使用しないこと、と注意書がありました、ものすごく暑くなってしまうので。

酸素濃縮器の使用方法自体はとても簡単で、スイッチを入れて酸素濃度を調節するだけ。
ゼオライトが劣化すると、酸素濃度が落ちるらしいので、やはりメンテナンスは必要みたいです。
心配なときは、酸素濃度計も同時購入、あるいは追加購入、あるいは濃度計のみリースでも対応できるそうです。
ゼオライトが新品のうちは、特に濃度計がなくても大丈夫、というユニコムさんからの回答をいただいています。
あ、ユニコムさん、電話で何度か問い合わせましたが、とても親切に色々教えてくださいます。

安い買い物ではないので、慎重にならざるを得ませんので、私は質問事項が沸いて来るたびに問い合わせしちゃいました。

酸素濃縮器に、チューブをつないで酸素吸入あるいは酸素室に酸素を送るのだけど、差し込みが甘くて何度かチューブが抜けました。
チューブをつなげるときは、繋ぎ目をテープで止めたほうが安心です。特にうちのようなネコが歩き回る環境では、ネコが足を引っ掻けて抜けてしまうことがあるみたいで。


全体的な感想としては、二重まる。
あってよかった、という実感しかないので。
本当に、まーちゃんの場合、
酸素を吸うとみるみるお目めがぱっちりして、血色が戻りましたから。


ちなみにテルコムさんの酸素室は、実際に動物病院でも使用しているもので、
ただしこちらはリースでしか使用できないのであきらめました。
普通なら、一頭だけ、とか、短期間、という場合がほとんどだと思うので、月々1~2万円くらいのリースのほうがお得かとは思います。うちはちょっと特殊な環境なので、思いきって購入しましたが。。


酸素濃縮器の購入を、検討しているどなたかの参考になれば、と思いちょっと書いてみました。






Last updated  2017.10.23 22:40:07



© Rakuten Group, Inc.