2630583 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花屋な日々

2019.02.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
寒いけど花屋は春の装い。
季節偽装。



多肉植物の寄せ植えをせっせと作ってみたりして。

エケベリアの桃太郎、かわゆす。



ジュリアンたち。
カラフル~




ラナンキュラスは早春の花。




ネコ草だけが正直者で、寒すぎて芽が伸びない。
みんな待ってるんですけど。。。




シックな色のチューリップ。
やはりか、、この色目、個人的には好きだけど 不発です。



みんな大好きスイートピー。




スイートピーとフリージアって万人に好かれる花。



なんでこんなに寒いんだか。
明日はまた雪の予報ですか?


うちの電気代が大変なことになっているのでカンベンしてくれぃ




昨夜はいつものように、ゴロンと横になってたーちゃんにイイコイイコしていたら、
うとうとし始めた私の顔面に、突然たーちゃんが「シャー!」っと怒って爪をガっと立てた。

あまりの痛さで驚いて飛び起きると
たーちゃん、ささーっと逃げて行った。

ナニゴトかと思ったものの
すぐに理解した。

私と一緒にゴロゴロしていたたーちゃんのしっぽで
葵くんが遊んでいたのは知っていた。
葵くんは、しっぽの長いひとたちに絡みまくるのだ。

しっぽで遊ばれてもずっと我慢していたたーちゃん、ついに堪忍袋の緒が切れて
その怒りを私に八つ当たりしたのだった。

ひどい。。。
怒るなら葵くんに怒ってくれ。。。

おかげで顔面から流血した私。

なんでこっちに来るかなぁ、その怒り、本人に直接ぶつけるべきだよぉ。


たーちゃんはやさしくて、そんな葵くんのこともいつも舐めてあげたり寛大に接しているんだけど
当の葵くんは ホント わがままで
誰かを撫でていると割り込んでくるし、通り道をじゃましてわざとゴロンと倒れこむし、
あれほどまで「かまってちゃん」なネコもそうそういないと思うほどかまってちゃんなのだ。
まだ子供だから仕方ない・・・と思うけど
だからみんな葵くんに本気で怒らないからつけあがるんだよぉ。

葵くん、精神年齢はまだまだ子供だけど、体格はもう立派な4キロ超えなのに、
なぜかみんな 葵くんのことは子供扱いして本気で怒らない。
教育的指導を誰か買って出てくれ。


葵くんといえば、彼はどの部屋にもフリーで出入りしてるけど、
ネブライザーのチューブも破損させたし、
酸素室につながるチューブも噛んで穴をあけた。
本当にひどい・・・
酸素なんて見えないから、空気が漏れてもわからないじゃんか。
葵くんのおかげであれこれ買いなおすのも本当に困るんだから、
もう医療機器のある部屋には入室禁止だ。
とはいえ私の足元をするりと抜けて、いつのまにかどこにでも神出鬼没。
手に負えん。
早く誰かもらってくれ。



今日もお疲れ様でした。






Last updated  2019.02.10 19:02:59

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.