2656396 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

花屋な日々

2019年09月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
うだるほど暑かったのが一変、今はものすごい雷雨。

お店開けてられないので シャッター半分以上おろしました。

えー・・これはもう、、無理でしょう。。。

何もかもずぶぬれになってしまった・・・・・




リンドウ マイファンタジー 




アスターのかわいこちゃん




タカノハススキ
北海道産
みなさん、明後日13日は十五夜、お月見ですよ。










主のいなくなった 奏部屋。


お骨になって戻ってきました。

いつも居たガリガリサークル。
爪とぎの上。
床で伸びて寝転んでた奏。

この部屋のどこを見ても、まだ奏がいるようで

生きてたのに、動いてたのに、鳴いてたのに、、、と
朝晩 部屋で膝を抱えてぼんやり。

お線香の香りは 心を鎮めてくれるので
家にいるときは絶やさず灯す。



今朝。

フー太と葵くんがなぜか玄関でわちゃわちゃしてて。

何やってるのー?って見に行ったら

なんと
玄関の明り取りの窓辺に置いてあるミニコチョウランのところに
美しいアゲハチョウがいてびっくりした。

は?どこから? いつから?

外に出ようと 光のほうへ飛んでは窓ガラスに止まり、
手を出した私の手に止まり、ひらひら、ひらひら、それはそれは美しく舞っていた。

背伸びをしてわちゃわちゃしているフー太と葵くんをリビングに閉じ込め
再びアゲハの元へ。

玄関のドアを開けたら ひらひらと舞いながら外へ出て行った。


奏。

カナくん、アゲハになってまだここにいたんだね。

別れは名残惜しいんだ。


アゲハチョウなんて、家の中にいたら普通に私だって気づくはず。

昨夜は見ていない。
昨夜から朝まで どこの窓もドアも開いてない。

一体、いつ、どこからやってきた?



ネコ型の雲を見たり、家の中にアゲハがいたり、不思議なことが続く。。。




昔から我が家の言い伝えでは
「チョウチョバッコ」と呼んでいる小さな蛾のようなバッタのような虫がいるんだけど、
それが家の中にいたらね、
死んだ人の魂が逢いにきてくれているんだよ、だから絶対、殺してはダメだよ、っていう。。。

母はよく、チョウチョバッコを見ると、
あ、おかあさんが来た、と言っていた。
私たちには、おばあちゃんが姿を変えて会いに来たよ、って。

虫はね、そういう魂が宿った生き物なんだよね、我が家的には。


それにしても今朝のアゲハは 本当に美しかった。

まださなぎから孵ったばかりのような 初々しい姿だった。


とはいえ
家の中に アゲハの幼虫がたべるような植物もないし、ましてやさなぎが居たとも思えないし、
本当に、
どこから  いつ  来たのか まったくわからない。

奏だったに違いない、きっとね。






相変わらず お茶目なちゃぼうくん。

左目の炎症がずっと治らなくて、目薬を変えたりいろいろして、
ようやくここまでよくなってきたところ。

よく食べ、よく寝て、よく甘え、
咳発作を抱えて時々苦しいけど
いつもゴキゲン どこでも幸せなちゃぼうくんの人生は 上等だ、と思ってる。



ベッドに収まりきらないことなんて気にしない。




どこでも寝れる ちゃぼうくん。

愉快なちゃぼうくん。







引き続き・・・
台風15号の影響により甚大な被害が出た千葉県。
出た、、というかいまだ出ている、断水、停電などが続き大変なことに。。。


うちが毎年お世話になっている千葉のカーネーション生産者の「精華園さん」も
今季は無理、とのこと。。。

SNSなどで写真を拝見すると、どこの農家さんもすさまじい状況に陥っています。

ハウスのガラスが割れて散乱、
鉄骨がぺちゃんこになり、
育っていた植物たちはみんななぎ倒されたハウスの下敷きに。

しかしながら 現状、復旧作業どころか ご自身たちの生活もままならない状態。
この猛暑に電気も水もないなんて。
陸の孤島化してる、そうです。
本当に、かける言葉も見つかりません。

年末 花がなくなるよー、とか 高くなるよーとか
そんなレベルの話じゃないです。
命の危機。

道路が復旧してるなら、
本来であれば アレですよ、全国の花屋さん、市場の人たちで
マイクロバスかなんかで復旧作業のお手伝いに向かいたいところ。

だって、産地さんあっての花屋であり、市場です。。。

うちはネコが多数いるので泊りがけは無理だけど 日帰りなら、、とか色々考えちゃう。

千葉の花がなくなると、本当に 花業界の危機です。

市場さん、企画してはどうかとー・・
ご迷惑じゃないように、みんな挨拶とか抜きに黙ってがーっと行ってがーっと手伝ってさーっと帰ってくればいいんじゃないの。
ホント、ご迷惑じゃないように、何かお手伝いできたなら、と思いますが。。。

せめて物流が正常に戻れば、、、コンビニさえカラッポなようなので。

これだけ甚大な被害・・・もはや地球に住んでる以上 他人事ではないです。


思う事は色々あるけれど
現実問題 お手伝い とかホント難しい問題ではあるので

なにか、できないですかね。。。


ふるさと納税から復旧支援などのページも立ち上がったようなので
なんとか、一日でも早い復旧を 心より願います。

産地のみなさまにおかれましては
この猛暑です、安定しないお天気です、
どうか ご無理のないよう、SOSをどんどん出していかれたほうがよいかと思います。

テレビのニュースで、SNSで、産地の現状を見聞きするたび胸が痛みます。

こんな時に、何もお役に立てない自分がもどかしいです。

充分頑張っていらっしゃるでしょうが、
くれぐれもご自身の命、生活、最優先で、頑張ってください。
お祈りしています。。。






最終更新日  2019年09月11日 17時27分49秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.