3386997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花屋な日々

2021.07.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お盆が射程圏内。
とはいえ他の用事が忙しい。

腰がヤバ過ぎてどうにもならなかったので、昨夜はロキソニンを飲んだら今日は順調に仕事できた、けど、痛みを感じさせないように働く薬はすごいものの、感じないたけで実際腰がヤバイことには変わりないのだろうから、なんとゆーか時々腰がくねっくねっと変な方向に歪む気がする。
キーパーの水替えをしていたときが本当にヤバかった。

ロキソニンがもうあと1錠しかないんだよね~と言ったら、
今私に倒れられたら被害を被りまずいと思ったスタッフが、慌ててバッグを探って
持ち合わせのロキソニンを一週間分くらいくれた。
一刻も早く病院に行ってくれ!と言われたが
私は腰をゴリゴリ押されたりぐいぐいされたりするのは嫌なので、なんとかロキソニンで乗りきりたいと思う。と言うと
だったら一刻も早く病院で処方箋を書いてもらって、ロキソニンを大量に貰ってきておいてくれ!と言われた。

スタッフたちは、私を心配しているようで実は
お盆商戦最中に私が不在になることを非常に怖れている、そうとしか思えない。

自分を信じろ と言っておくしかない。
私などいなくても君たちならできる、と激励を送ることにしよう。


そんなこんなで相変わらず腰痛にやられている私。
しかし 腰がヤバイなどと言ってる場合でもない。

昨日から全くご飯を食べないロンタン。
口から異様な匂いがする。
死臭のような かなりまずい感じの匂い、、、

今朝も、あれこれご飯を出してみたものの何も口にしない。
ただじっとして、いつものように「お尻トントン」してもらうのを待つ。

今朝は、ガリガリサークルの中から一歩も動かずうずくまっていたので
「今しかない」と思い、急いで輸液の準備をした。

木曜に病院で輸液したばかりだけど、
食べない動かない元気ないのは不安すぎる。
肉球を見たらピンク色だし、貧血は大丈夫そうだし、
急いで輸液パックをレンジで人肌まで温めてロンタンの元へ向かった。

逃げちゃうかな?と思ったけど、ロンタンは動かずじっとガリガリサークルの中にいた。

慎重に慎重に針を背中に刺した。
ロンタンはロン毛だし、痩せすぎているし、いつもはなかなか上手くできないけど、今朝は、このチャンスは逃せないと意を決して行ったので、失敗せずうまくいった。
100ccちょい、入った。入れすぎてもいけないし、少なすぎても意味がない。
ロンタンは体調も悪いせいか、静かにやらせてくれた。

朝の いつもなら慌ただしい時間。
今朝は、スタッフに少し遅れる旨連絡をして、ロンタンとの時間をゆっくりと共有した。


しかし夜ご飯も全く口にしない。
見たくもないというふうにまたいでいってしまう。
口からはやはり異様な匂いがしている。

腎不全からの食欲不振か、口内炎からなのか、私には判断しかねる。
この匂いは、尿毒症のようでもあるし、口腔内の問題のような気もする。
ロンタンは重度の難治性口内炎なので、口はそもそも臭いけど、今まで感じたことのないような匂い。
わからない。
なので、明日は病院へ連れていくことにした。

生き物として、食べられないというのは本当につらい。
食べたいのに食べられないのか、
食べたくないのか、

食べられないのだとしたら、その原因を取り除いてあげたい。



タラちゃんはまた風邪気味でお腹がゆるくなってる。
タラちゃんはすぐ風邪をひいて、それはいつもお腹にくる。
なにげに虚弱体質なのか、、、


ミケコはあれから頭は揺れてない。ご飯も食べて元気そうだけど、階段は慎重に上り降りしてるのか足取りがとてもスローだ。


サムは私の回りを延々とぐるぐる大回りに回って歩き回っている。私の目が回りそうだ。
触るとピタリと止まり伏せをする。手を離すとまた回り始める。
無視してるとキッチンに行って冷蔵庫にかけションする。
何がしたいのだ、、サムは究極のかまってちゃんだ。「サム!」と叱ると自分の部屋に戻って不満そうに鳴く。

みんな手がかかる、、、
観察していないと何をやらかすか、何が起きるかわからない。

たけども今 緊急を要しているのは間違いなくロンタンなので

当面 ロンタンびいきでいきますよ。

我が家は 人間がひとりしかいなくてごめんねみんな。
みんなにひとつずつ、あったかいお膝があったらよかったのにね。

んだば。






Last updated  2021.07.04 22:28:36



© Rakuten Group, Inc.