000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らくらく実験室

PR

プロフィール


E島君

カレンダー

バックナンバー

2022.01
2021.12
2021.11

カテゴリ

カテゴリ未分類

(5)

楽して仕事

(1)

楽して投資

(8)

楽して東大

(0)

楽して家事

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.08
XML
テーマ:仮想通貨(927)
カテゴリ:楽して投資
NFTを始めてみようと考えており、調べていました。

まず、プラットフォームはOpenSeaというところが最大手らしく、ここを使うことにしました。

OpenSeaでは、NFTの購入と売却にはEthereum(イーサリアム)とPolygonの二種類の仮想通貨が使える様です。

Ethereumは、スマートコントラクト機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォームです。イーサリアム上で使われる通貨はEther(イーサ)といい、イーサリアムを利用する際にかかる手数料をGas(ガス)と呼びます。

このGas代が高騰してしまっているのがイーサリアムを使う場合のデメリットです。なぜ高騰するのかの原理は、説明を読んでも理解できませんでした、、

イーサリアムの代替として手数料を安く使えるのがPolygonです。Polygonは、MATIC サイドチェーンを利用して、さまざまなイーサリアムベースの分散型アプリを安価で高速に実行することが出来るそうです。ただ、これが何を言ってるのかもやはり理解できません、、

何にせよ、出品時の手数料がかからないのでPolygonにしようと考えましたが、Polygonは日本の仮想通貨取引所では扱っていないらしく、気をつけないと色々な問題が発生し得ることが分かりました。

一番やばそうな問題。
【注意喚起】PolygonのOpenSeaでNFTを販売する人が絶対に知っておくべきこと by @IHayato https://link.medium.com/ungTK5zg9jb 

Polygon版のETHを日本円に替えたいときなどは、必ずMaticブリッジを「戻って」、イーサリアム版のETHに戻さないといけません。

難しいですが気をつけましょう。

今日はここまでにしときます。






最終更新日  2021.10.08 21:50:05
コメント(0) | コメントを書く
[楽して投資] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.