409533 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

EYASUKOの草取り日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


EYASUKO

Calendar

Favorite Blog

サンス・エ・サンス… megumegu001さん

クリスマス展 イイヅカハーブ工房さん

ソファカバー 進捗♪ こはる2957さん

庭があれば大丈夫ヽ(… pippi2003さん

ハイスクール パテ… Burnetさん

Comments

Burnet@ Re:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15) EYASUKO さんも哀しい思いをされていたの…
EYASUKO@ Re[1]:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15) まりえ5182さん、暖かいお言葉をありがと…
まりえ5182@ Re:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15) 思わず涙ぐみました。ゆきちゃんの写真は…
EYASUKO@ Re[1]:祖国への愛に生きて:ムハ「スラヴ叙事詩」(05/15) pippi2003さん お久しぶりです。 アール…
pippi2003@ Re:祖国への愛に生きて:ムハ「スラヴ叙事詩」(05/15) しまった😵💧 見逃したわ❗ 残念です。

Freepage List

Headline News

2018.09.15
XML
カテゴリ:ゆきちゃん
↓の写真は、在りし日の「ゆき」です。
今年4月ころ、やたらに嘔吐を繰り返すようになりました。
今まででも何かカンに触ると吐くことがよくあったのですが、
さすがに嘔吐の頻度が多くなって
これはおかしいと、娘が言い出し、獣医さんに行き、血液検査とXray。
結果は腹部の腫瘤でした。
5月25日、開腹手術、小腸にも転移していたので、2/3を切り取るという大手術でした。
それから、流動食による養生が始まりました。
娘が自分の部屋にケージを持ち込み、日に5~6回の流動食の注入
5.6キロあった体重がみるみる減って半減
かろうじて点滴と少しばかりの流動食の歩留まりで命をつなぐ日々でした。
そして
8月2日
娘が看取る中、わたくしたち家族もお別れをし、
静かに息を引き取りました。
庭に埋めてあげようか、というのを
息子が、この頃は農作業で機械で庭を掘ることが多く
ひょっとして、埋めたものを掘り返してしまうかもしれない
そんなことはしたくない、ということで
獣医さんの経営する火葬施設で荼毘に付しました。
小さな骨壺に入ったゆきちゃん
食いしん坊だったのに、小腸がきりとられてしまったため歩留まりが悪く
おなかがすいたままだったね、

ごめんね。

でもね、君がいた11年と9か月、私たちはずいぶんと幸せでした。
暖かい気持ちと、君がいるというだけでほっこりしていました。
結構独裁君主だったけどね(笑)
隠形の術に長けていて、
いつのまに!というほど急に出現して
「おい!俺のグルーミングの係はお前だろう!」と
お膝に載せてのブラッシングを当然のごとく要求してきました。
ちょっと扱いが悪いと引っかいたりかみついたり!
娘は「しもべ」扱い
ちょっと夜更かししていると、「おい、もうねようよ!」と添い寝を強要し
娘が息苦しさに目が覚めてみると、ゆきがの顔の上に君臨していたとか
いろいろな思い出を作ってくれました。
今はさながら「座敷わらし」のようだった君の気配が日に日に薄くなっていく日々
とても寂しいです。

でも、長い間、
私たちに幸せとぬくもりを与えてくれて、本当にありがとう!
まだ、さようならと割り切れないですが
君の思い出はいつまでも私を幸せにしてくれると思います。

ありがとう、ゆきちゃん








Last updated  2018.09.15 18:20:07
コメント(3) | コメントを書く
[ゆきちゃん] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15)   まりえ5182 さん
思わず涙ぐみました。ゆきちゃんの写真は、私のフォトアルバムにも保存していますよ。真っ白で美しい子でしたね~
EYASUKOさんが、「ゆきちゃん」を連呼してブログに乗せていたのが、あまりに可愛いので猫大好きの私は夢中で眺めていました。
寿命とはいえ、かわいそうでしたね。さぞ苦しかったことでしょう。

でも皆さんに大事にされて、幸せな一生だった、と思います。
でも、今は天国で元気に真っ白な体をぴょんぴょんさせてお友達一杯作って遊んでいますよ。

残された皆さんも、さぞご悲嘆、あまりある、と思いますが・・

余り泣きすぎてお体に障りませんように~

合掌

(2018.10.09 15:27:23)

Re[1]:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15)   EYASUKO さん
まりえ5182さん、暖かいお言葉をありがとうございます。
天国のゆきも、きっとよろこんでいると思います。
11年も一緒に暮らすと、本当に半端ない喪失感に包まれます。まだ、その辺にいるんじゃないか、と、ときどき「ゆきちゃん」とつぶやく日々です。

一緒に暮らした日々が暖かい思い出につつまれたものであることが、われわれ共々幸せだったということなんでしょうね。 (2018.10.27 17:33:37)

Re:ありがとう!ゆきちゃん、そしてさようなら(09/15)   Burnet さん
EYASUKO さんも哀しい思いをされていたのですね。
ゆきちゃんは家族の一員
時間を経てもそれはそれは寂しいものです。

(2019.06.08 03:13:25)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.