409573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

EYASUKOの草取り日記

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ゆきちゃん

2018.09.15
XML
カテゴリ:ゆきちゃん
↓の写真は、在りし日の「ゆき」です。
今年4月ころ、やたらに嘔吐を繰り返すようになりました。
今まででも何かカンに触ると吐くことがよくあったのですが、
さすがに嘔吐の頻度が多くなって
これはおかしいと、娘が言い出し、獣医さんに行き、血液検査とXray。
結果は腹部の腫瘤でした。
5月25日、開腹手術、小腸にも転移していたので、2/3を切り取るという大手術でした。
それから、流動食による養生が始まりました。
娘が自分の部屋にケージを持ち込み、日に5~6回の流動食の注入
5.6キロあった体重がみるみる減って半減
かろうじて点滴と少しばかりの流動食の歩留まりで命をつなぐ日々でした。
そして
8月2日
娘が看取る中、わたくしたち家族もお別れをし、
静かに息を引き取りました。
庭に埋めてあげようか、というのを
息子が、この頃は農作業で機械で庭を掘ることが多く
ひょっとして、埋めたものを掘り返してしまうかもしれない
そんなことはしたくない、ということで
獣医さんの経営する火葬施設で荼毘に付しました。
小さな骨壺に入ったゆきちゃん
食いしん坊だったのに、小腸がきりとられてしまったため歩留まりが悪く
おなかがすいたままだったね、

ごめんね。

でもね、君がいた11年と9か月、私たちはずいぶんと幸せでした。
暖かい気持ちと、君がいるというだけでほっこりしていました。
結構独裁君主だったけどね(笑)
隠形の術に長けていて、
いつのまに!というほど急に出現して
「おい!俺のグルーミングの係はお前だろう!」と
お膝に載せてのブラッシングを当然のごとく要求してきました。
ちょっと扱いが悪いと引っかいたりかみついたり!
娘は「しもべ」扱い
ちょっと夜更かししていると、「おい、もうねようよ!」と添い寝を強要し
娘が息苦しさに目が覚めてみると、ゆきがの顔の上に君臨していたとか
いろいろな思い出を作ってくれました。
今はさながら「座敷わらし」のようだった君の気配が日に日に薄くなっていく日々
とても寂しいです。

でも、長い間、
私たちに幸せとぬくもりを与えてくれて、本当にありがとう!
まだ、さようならと割り切れないですが
君の思い出はいつまでも私を幸せにしてくれると思います。

ありがとう、ゆきちゃん








Last updated  2018.09.15 18:20:07
コメント(3) | コメントを書く


2011.10.10
カテゴリ:ゆきちゃん

今日はボクの誕生日、5歳になるんだ。

おかあさん

ボクがお母さん家にもらわれてきたのは11月10日

おねえちゃんが、猫の仔がいっぱい生まれた家に行って

「どの仔がいいかな」って探したときに

ボクが、入っていたダンボールのふちを這い上がろうとして

トテッっておっこっちゃったんだって!

「あぁ、このニャンコがいちばんひ弱そう、このままおいといたら真っ先に死んじゃうかも」

と思ったおねえちゃんは、見るに忍びなくってボクを貰ってきたんだって!

ボクはよほど衰弱してたらしく

獣医さんにつれてって貰ったんだけど

いただいてきた強化栄養食もしばらくは食べれず

猫用の粉ミルクを水に溶いたものを、注射器で飲ませてもらったんだ

そのころのボクは手のひらに乗るほど小さくて

やっと栄養食を食べるようになるまで

お家のひとは心配でたまらなかったんだって

そのときの獣医さんのお見立てで、ボクは生後1ヶ月位ってことで

だから、ボクの誕生日は10月10日と決められたんだ。

でも、お母さんやお姉ちゃんのお世話のよろしきを得て

その後はムクムク大きくなって

今ではお母さんが抱き上げると「うぅ、重い!」って必ず言うんだ。

ゆきちゃん

ボクそれがちょっと不満で、だから目が赤くなってるでしょ?

普段はブルーグレーなんだけど、興奮すると赤く見えるらしいんだ。

ボクは「おんも」が大好きで、しょっちゅう脱走してるんだ。

だって、ここは富士山の麓

きれいな空気とさわやかな気候がとっても気持ちいいんだよ。

ほんのちょっとしか家にいないので、お母さんはボクのこと「下宿猫」っていうんだ。

失礼しちゃうよね、プンプン!

猫の5歳は、人間の35歳なんだぞ!

猫は自由で自然な生き物なんだ

ボクは「おんも」大好きだけど、お母さんが遅く帰ってきたときなんか

ちゃんとお出迎えするだろ?

これからもヨロシクね。







Last updated  2011.10.13 01:12:53
コメント(8) | コメントを書く
2009.02.06
カテゴリ:ゆきちゃん

朝ごはんに大豆の炊いたんをおかずにしてしまったせいか

節分の豆まきを忘れてしまった我が家(汗)

さあ、大変福の神さんがこなかったらどうしよう!

そこで、この縁起物の登場

世田谷ボロ市名物招き猫

megumegu001さんから頂いた、世田谷ボロ市名物招き猫

右手は金運を、左手は千客万来を招きよせる。

おかげさまで、しばらくなかった主人の仕事に見積もりのオファーが入る

「こいつぁ、春から縁起が良いわいなぁ」

と、早速のご利益に感謝、感謝。

うちのご本尊は、なにせアナタ、こんな体たらく

陽だまりのゆき

陽だまりのゆき

陽だまりのゆき

ちょっとは福持ってらっしゃいな!

ふにゃぁ







Last updated  2009.02.06 09:52:58
コメント(14) | コメントを書く
2008.07.07
カテゴリ:ゆきちゃん

今日は、気分を変えて、内の暴君のご紹介

猫の「ゆき」です。

オス猫なのに、「ゆき」という優しげな名前は、主人の趣味から

「ゆき」にしなければ、「たま」にするぞ、という脅しに屈してこの名とあいなりました。

かわいいときは、可愛いんですけどね。

ゆきちゃん、なに見てるの?

なに見てるのかな?

あどけないでしょ?

おかあさん

じつは、「めし!」の催促です。

DSCF3201_R.jpg

居間の椅子がお気に入り、ほんわぁ~、となごんでいます。

DSCF3203_R.jpg

しかし、いったんご機嫌を損ねるや、たちまち暴君と化し

DSCF3215_R.jpg

口が耳までさけて、ミギャァ!

猫化け一丁あがり

はい、猫化け一丁あがりでござい。

1の倍数でアホになっている私の日常でございました。







Last updated  2008.07.07 18:06:32
コメント(12) | コメントを書く
2007.11.11
カテゴリ:ゆきちゃん

いつも「お気楽極楽」な、うちのゆき猫

この頃の熟睡ポーズは、これ

ゆき猫の猫鍋風

まんま、ゆき猫の「ねこ鍋」風です。

倉庫から、大きな土鍋出してこようと本気で思ってます。(笑)







Last updated  2007.11.12 01:07:20
コメント(20) | コメントを書く
2007.10.30
カテゴリ:ゆきちゃん

今日は、いいお天気

ゆき猫も、窓辺でうとうと

気がつくと、こんなに無防備に寝ています。

今日は、お腹までさらして寝ています。

うかつな奴

無防備な寝相2







Last updated  2007.10.31 00:37:24
コメント(8) | コメントを書く
2007.10.09
カテゴリ:ゆきちゃん

今日はボクのお誕生日

お姉ちゃんに抱かれてこの家に来たのが11月10日

手のひらに乗るほどのチビ猫でした。

低体温を起こしていたので、早速獣医さんに連れて行かれ

生後1ケ月くらいと推定され

10月10日がお誕生日とされました。

いまは、もう立派な♂猫

着衣のゆき

着衣(毛皮だけど---)のマハのポーズだってとれるんだよ。

体重も、250gから4.6kgと、約20倍近くになったんだよ、すごいでしょう!

これからも、よろしくね。







Last updated  2007.10.10 00:48:58
コメント(22) | コメントを書く
カテゴリ:ゆきちゃん

「お母さん、ノミがいる!」という息子の声

おおっ!首輪の後ろあたりに、うごめくものが!

くつろぐゆきちゃん

こころなしか、本猫も調子悪そう

あわてて、獣医さんのところに連れて行く

先生が、「今は良い薬があるから大丈夫」と、猫ノミ薬を首のところの皮膚に投与

「1ケ月に一度投与すれば完全にノミはいなくなりますよ」とのこと

とんだノミ騒動だった。







Last updated  2007.10.09 16:57:04
コメント(10) | コメントを書く
2007.09.30
カテゴリ:ゆきちゃん

今日は、一日が降っていました。

テレヴィで中継した、35年ぶりの富士スピードウェイでのF-1戦

雨で、レースも危険な状態でしたが

観客の方も、バスが遅れて、大変なことになっていたようですね。

もう明日は10月

時が経つ早さに、いまさらながらおどろきます。

家で唯一のんびり過ごしているのが、これ

無防備な寝相

まったく、無防備に、御気楽極楽です。

うらやましいったら!







Last updated  2007.09.30 23:32:05
コメント(6) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.