192837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽しい眼鏡・たのしいサングラス。 EYESが提案するTALEX

全6件 (6件中 1-6件目)

1

度入りハイカーブ

2010年09月13日
XML
カテゴリ:度入りハイカーブ
 私、18の頃からずっとバイクに乗ってます。
独り者の時には、休みを利用して、バイクであっちこっち、日本中を旅して回るのが好きでした。

旅先で綺麗な風景写真撮ってきて、後で眺めて楽しんでました。


結婚を期に、嫁を乗せて安全に移動できるようこんなバイクに買い換えて、5年になります。

201009bike01.jpg


走行距離の少なく、程度の良い中古車に出会えたのでラッキーでした。

なかなか面白いバイクで、60になってもゆったりと乗っていけるよう、少しずつ手を加えて、楽しく乗れるようなってます。(本気で、60になっも乗るつもりでいたんですけどね。)


ところが、娘が生まれてから、3年間で3回しか乗れてません。
時間にして、トータルで4時間くらい。


3年で4時間しか走ってない。


子供が出来ると、子供に手が取られるのはなんとなく分かってたのですが、こんなにも自分の時間がとれなくなるとは、思いもよらなかったです。



たぶん、あと十年はこんな状態だろうと思いますので、このバイク手放すことにしました。


車検代ももったいないですけど、何よりもバイクがかわいそう。
走って喜びを味わってもらうために生まれてきたのに、ほとんど車庫の中で眠ったままなんですから。


この度、大切に乗ってもらえる人の所へ行くことになりました。
嫁の妹婿のお父さんが乗りたいらしいので、売却することにしました。


ツーリングがてら、関西空港の近くまで持って行く道中です。

201009bike02.jpg


7年ぶりに乗る高速道路です。

というか、久しぶりの長距離ドライブです。
ワクワクしながら走ってました。

風と格闘しながら走るのがこんなにも楽しいものだったんですね。アハハ。


カウルの無いバイクは、100kmで走行すると、風圧で体が後ろへ持って行かれます。 ですので、体を前へグッと倒すようにして走行するんです。


気持ちよく走行出来るのは90km位のスピードです。


100km以上のスピードになると、風との格闘になります。それが結構楽しいんですけどね。


いや~ ほんと久しぶりに風を受ける感覚を楽しみました。

笑いながら運転してました。


変な人かな?(笑)




私、ヘルメットのシールド(風防)下げるのあまり好きでないんです。
一般道ではシールド上げっぱなしで走行してます。


風が心地良いですし、香りも感じますし。気持ちいいから。


でも、高速道は、受ける風がすごくて、眼鏡でも風が巻き込んでくるので、風防下ろさざるをえないんですね。


ところが今回、カーブの付いた度入りサングラスを試してみました。


201009sun.jpg


これ、いいです。  バツグンです!



高速道を走っても風の巻き込みがありません。
ヘルメットのシールド上げたまま、普通に運転できました。

目のあたりに、ほんの少し風が流れてきますが、気持ちいいくらいで全然苦になりません。



もちろん、レンズは TALEX 入れてますので、路面の照り返しも感じず、眩しさも感じません。




目の疲れもなく関空まで到着してしまいました。
ずっと、風防上げたまま走ってました。

ちなみに、カーブはこんな感じです。


201009sun02.jpg


そんなにきついカーブではないのですが、これで充分!

(日本人の顔は彫りが浅いですから、あまりきついカーブですと、横はふさいでくれますが、真ん中(鼻の所)に大きな隙間が出来てしまいます。)



浅めのカーブの方が紫外線予防と風の防止には良いんですよ。



このサングラス、バイクに使用すると、風よけ、虫除け、眩しさよけと3拍子揃って、さらに、見やすく安全で目が疲れないというおまけまで付いてきます。(笑)



いやいや、ほうとうに、オススメなんですよ。


昨日は、バイクを持って行くと、ご馳走用意してくれてて、ビールやらお寿司やらフライやら、いっぱいご馳走になりました。

ありがとうございました。



私の883くん、新しいオーナーの元で、かわいがってもらって、元気に走り回ってくれると思います。






最終更新日  2010年09月13日 12時15分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月24日
カテゴリ:度入りハイカーブ
最近、子育てが楽しくて、時間とれなくて、ブログ書けてません。
言いたいことは沢山あるのですが、ちょっと、手がはなせなくって。
今日は、お話しといたほうが良いのかな?って思う事がありましたので、ちょっと一言。


先日、
「最近このサングラス疲れてきたので、タレックス試してみようと思うんですけど」っておっやって、こんなサングラスをお預かりしました。

ハイカーブ不快レンズ

 私、このサングラス見た時、ワオ! って思いました。
 ・・・またか! って・・・。

私 :「このサングラス、よく今まで使ってられましたね。しんどくなかったですか」
A様:「買ってすぐに変な感じはしてたんですけど、高かったんで今まで使ってたんだけど、最近どうもしんどくて。」

そりゃあそうでしょう。このフレームに入ってるレンズはペケポンです。
無知な眼鏡やさん? 店員さん? が、とんでもない眼鏡を作ってしまってられます。
こういうパターンは、今までに何度かありましたので、無謀な事する眼鏡屋さんにもう少し勉強してほしいな~っていう気持ちを込めて、少しだけお話させて頂こうと思います。


まずレンズの所を見てください。
このレンズの表面フラットですね。
普通の眼鏡に使用する設計のレンズを使ってあります。これはダメです。

(表面にカーブの付いたレンズを使って欲しいんですね。)



次にフレームを見て頂くと、内向きに沿ってますよね。
眼鏡というのは普通まっすぐなんです。 まっすぐなフレームにセットして良く見えるように多くのレンズは設計されてます。 そんなレンズを内向きに沿ってるフレームにセットしてあります。 これでは収差がでて、とてもかけられたものではありません。

使用するレンズのチョイスが、ちょっとだけ? 大幅に? ペケポンですね。



レンズの厚みが分厚くなりますが、カーブの付いたレンズを使ってあげると良いんです。
というか、そうしないと、まともに見えません。


あとは、フレームのカーブにあわせて度数を補正して。
カーブしたフレームにはプリズムが発生しますので、プリズムの補正も必要ですね。


たったこれだけの事なのですが、驚くほど快適な、使えるサングラスが出来上がります。


でも、使う人の度数や見方のクセなど、考慮して作らないといけないので、結構難しかったりなんかします。

Aさんの場合、度が強いのですが、フレームのカーブを測ると4カーブでしたので、さほど違和感なく作れると思い、お預かりしました。

でも、レンズは・・・・・とっても分厚くなります。

厚みの件はご了解頂けましたので、お作りさせて頂きます。


楽しく使用して頂けますよう、丹誠込めて作らせて頂きます。
気長にお待ちくださいネ。



今月は、東京に眼鏡の仕入れに行ってきたり、神戸に眼病や眼鏡の勉強会に行ったり、京都へ新しく発売されたレンズの説明会に行ったりと、飛び回ってました。

いっぱいお話したいことはあるのですが、ただいま子育て奮闘中につき、またの機会にお話出来ればと思います。






最終更新日  2008年10月24日 19時32分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月28日
カテゴリ:度入りハイカーブ
フィッシングされる方に人気のZEALのフレームの中でも、ネオアベンジは、やる気にさせるデザインでありながら、街を歩いてもさまになるおとなしめのデザインが人気です。

先日、このフレームを使って度入りのサングラスを作らせて頂きました。

ナオアベンジ

このフレームは、顔に沿うよう緩いカーブがついてますので、本来ならハイカーブのレンズを使用するのですが、この方の場合、度数が少々強いです。
ハイカーブにするとレンズの厚みが目立ちます。
レンズは少しでも薄いほうがいいとのことでしたので、「ちょっと、イメージが変わってもいいですか?」
と尋ねて、カーブを真っ直ぐに直してから見てもらいました。

アベンジそり角

このように少しだけ付いてるカーブのまま、普通のレンズを入れると、収差が大きく、目の疲れるサングラスになります。(度数が強くなればさらにひどくなります。)
そこで、真ん中のブリッジを曲げて、この角度を真っ直ぐに修正します。

アベンジそり角修正

ここまで、直せばまず大丈夫でしょう。
ただ、カーブしなくなった分、サングラスした時のイメージが少しだけ変わります。

こうして見てもらったのですが、レンズの厚みが薄いほうがいいとの事でしたので、修正したフレームで作らせて頂きました。

6カーブのフレームですので、レンズを削る時に6カーブに近いカーブ設定で、できるだけレンズのひずみを消すように考えて製作させて頂きました。

お渡しした時に、「良く見えますね。魚釣りが楽しめそう。」って言われて帰っていかれましたので、とても嬉しかったです。

水中の小魚が良く見えて、本当に楽しんで頂けるんですから。






最終更新日  2007年07月28日 17時37分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月05日
カテゴリ:度入りハイカーブ
フィッシングの方に人気の、ZEAL NEO AVENGE
チタン製ですので、海に持ち出して頂いても錆びにくいですし、おとなしいデザインですので、街を歩くとき時にも気兼ねなくご使用頂けると思います。

ところが、このサングラス、微妙にカーブ付いてます。
フレームカーブは6カーブあります。
サングラスとして使うにはカッコイイのですが、度入りにすると、カーブが付いてるため少々違和感を感じるものです。

EYESでは、カーブ付き特有の違和感を無くして自然な感じでご使用頂けますよう、度数を補正してお作りします。
度入りサングラスご希望の方は、アイズをご用命下さい。お力にならせて頂きます。

ZEAL D682


ZEAL

           ZEAL NEO AVENGE & TALEX トゥルービュースポーツ マルチコート
              (度なしの価格は \31,500)






最終更新日  2007年06月05日 16時36分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月13日
カテゴリ:度入りハイカーブ
ちょっと今週の月曜日、用事で休んだため、溜まった加工がやっと落ち着きました。
最近、ハイカーブのサングラスを作る機会が増えてきたように思います。
2年前の私なら、「カーブの付いた度入りサングラスなんてまともに見えないから止めた方がいいですよ。」ってことごとく断っておりました。

ところが、カーブ付きサングラスでも、度数をうまく補正して作ると、以外と自然な見え方で快適に使えるんですね。
もちろん、カーブの付いた眼鏡は収差が出てきますので、誰にでも合わせれるという物ではありません。
その方の度数にもよりますし、レンズをセットする位置もシビアに設定する必要があります。

それでも、多少見にくくても、「カーブ付きの度入りサングラスを使いたい」という要望があるのも事実です。というか、だんだん増えてきてるような気がします。

今まで、『より理想的な、より快適な眼鏡を作りたい。』って思って仕事してきましたが、度入りのカーブ付きサングラスのように、あえて見にくくなると分かってる物でも、『より見やすくする工夫をする。』ってことも大切なんだなあーって思うようになりました。

レンズの度数を補正するのとしないのとでは、全く見え方が変わってしまうんですから。 そういうところでの技術の使い方も大切なんですね。

お客様が勉強のタネを運んできてくれる。
ありがたいことです。







最終更新日  2006年07月13日 16時57分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月08日
カテゴリ:度入りハイカーブ
フレームが顔にそってカーブしている眼鏡を掛けたおしゃれなお兄さんが来店された。
同じようにカーブしているプラスチック製の眼鏡フレームを探しに来られたようだ。
何故、ハイカーブの眼鏡を掛けたいんだろう?
確かにカッコいい。
しかし、格好良さと引き替えに、歪んだ映像を脳に送り続けることになるのに。

私たち眼鏡屋は少しでも歪まない、シャープな映像を脳に送ろうとレンズ選び、加工、フレームの調整とミリ単位でシビアに製作してるんですよね。
『カッコイイから!』という理由だけで眼精疲労の原因にもなりかねないハイカーブ眼鏡を簡単に作ってしまっていいのだろうか?
私もサングラスとしてなら、その時だけなのでカッコいいハイカーブのレンズも作りますが、眼鏡はずっと掛けてる物。 
毎日、毎日ずっと使う眼鏡に、歪んだ映像を脳に送らないで欲しい。

ここまでの説明をしたかったのですが、電話が・・・
電話を受けてる間に帰られてしまった。
作らない方がいいって事、わかってくれたかなあー?
たぶん、わかってもらえる説明出来てなかっただろうなー。 しまったね。  






最終更新日  2005年07月09日 17時34分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.