1674768 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005.06.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
遂に、今日で最終回を迎えるガオガイガー!
先週の放送では、敵を撃破したと思いきや
すぐに再生し」、逆にピンチに・・・果して勇者達は・・・・!?


さて、本題に入ります
最近、小、中学校と一緒のクラスだった娘を良く思い出しま
今日も夢を見ました
彼女が出てくる夢は決まって
一緒に笑っている夢・・・・
俺がドジをして、彼女は笑う
その笑顔を見て幸せを感じている夢だ


彼女とは、漫画の話をしているうちに仲良くなって
毎週火曜日(当時)に発売されるジャンプを買ってきて貸し
次の日に、内容について語り合う仲となり
気がつけば、放課後はいつも一緒にいました

当時人気絶頂の広末に似ていて、彼女は周囲の男にモテていたし
運動、勉強はトップクラス
さらには、合唱部に所属しまさにアイドル的存在
そんな彼女と付き合える可能性なんて1%のないと思っていた
しかし、中学校にはいてから
彼女と共通の友達が、「Eちゃんも好きなんだって」
と教えてくれました。確かに・・・俺は鈍感だから気がつかなかったが
周りから見れば、彼氏、彼女の間柄に見えたらしい
そのくらい仲がよかった
そして、時間は流れ中学1年の秋
勇気を出して告白・・・
結果はすぐには出なかったが・・・答えは・・・NO
すごい裏切られた感はあったが
仕方がないと思った。
自分は部活忙しくなったし、彼女は勉強、部活に忙しかった
まだ早いとの答えだった・・・・

告白してから半年後・・・・
あれから妙に気まずくなって話できずにいた
しかし、2年生になるときのクラス替えで
再び同じクラスに・・・・
このクラス気まずいなと思っていたが
彼女から話しかけてきてくれた
気がついたときにはまた元の仲に戻っていた
だが、早いの一言が頭に残っていたし
受験勉強を控える彼女には言えないと思い
高校生になるまで仲を深めることに勤めた
そして、彼女は県でも有数の名門校に合格
自分は偶然にも(マジで)近くの学校を先生に勧められていて
そこならバスケも弱いしついていけると思い受験
見事合格したのだった

そして、合格後しばらくして告白・・・
しかし、その頃彼女は受験勉強中に仲良くなった
俺の友達と付き合っていた・・・
どうして・・・あいつ?と思いつつ分かったと返事
だが、そう簡単に忘れられたら苦労はしない・・・
女々しいが、彼女は俺の中では一生に一度の女性だと思っていた
そんな彼女は、そのあとすぐに俺の友達の男別れた
もしかして!?と思ったが
その友達は超進学校、彼女も進学校
お互い違う学校だし、忙しいと言うことで別れたと聞いた・・・
そんな彼女は、今は大学に入り、同じ高校の彼氏と上手くいっていると言う

もし、彼女を奪えるなら・・・
もし、彼女と付き合えるなら
俺は、死ぬまで愛し続けよう・・・
そして、守り抜くことを誓いたい・・・
少し、台詞っぽくなりましたが本音です・・・





そう言えば、そのうち書きたいのですが
第二次世界大戦について

日本は、フィリピン、ガ島などで戦死した兵士を
『玉砕』と表して見殺しにしていた事実
実際は、援助物資を送らないので生きていたのだが死んだことにした
だから、正式には玉砕ではないのだ
だから、生き残りの人が生きていたりする

これについては、いつの日にか詳しく



てか、テスト近いのに体調が悪い・・・死にそう
今日は特にお腹が・・・爆発しそうなくらい痛かった・・・
治るのかな・・・








最終更新日  2005.06.27 22:10:20

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.