1785610 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.03.25
XML
カテゴリ:ARIA

 いよいよグランド フィナーレの時が近づいてきました。
 アリス、藍華がプリマへと昇格し、遂に回ってきた灯里の番! 残り2話です!
 今回のお話は、原作第12巻(最終刊)に収録のNavigation58遙かなる蒼」です。
Navigation12

うぅ~さむい~



 晩秋となり、そろそろ冬が近いようです。
 寒さをこらえながら、今日も合同練習に勤しむ灯里。だけど藍華は元気がありません。
 灯里以上の元気娘が落ち込んでいると何てありえないです。
 実は藍華は先日、プリマ昇格試験に合格していたのです。

薔薇の女王
しょうかくしけんだぬーん

おぉ~アリスの時と似たようなコースだな。
てか原作では、描かれることがなかった昇格試験の様子がアニメ化してるw
嬉しいサプライズだぜw
てか、でっかい泣き虫ですw
「薔薇の女王」の誕生です。

ところで、楽天のカラーって臙脂(えんじ)だと思ったら(臙脂=ダーク・レッド)
クリムゾンレッドだったんですねw

 
 藍華が昇格したことで、合同練習は本日で解散となってしまうのでした。
 しかし灯里は喜び、それをアリシアさんに報告します。何でも楽しく、幸せに変えてしまう灯里だからこそ、笑えているのだろうけど……。
 さらに藍華は、新支店の支店長になることも決まり、嬉しいことは続きます。
 そんな話を聞いていたアリシアさんは、翌日プリマへの昇格試験を決めるのでした。
……そうなの
……私の我が儘はおしまい


くるぞ~w


 ところが緊張しすぎて眠れなくなってしまった灯里は、夜中に練習へと向かいます。
 途中、プチハプニングがありましたが、どうにかこなしたようです。


アカツキンとウッディー久しぶりw
てか巾着ってw
さらりと、サラマンダーの昇格試験に触れてるしw


 さて翌日、試験を楽しみにしていたのですが、生憎の雨で試験が出来そうにありません。でも午後には上がるようで、灯里は試験をする気満々です。アリシアさんは、雨足が強いうえに午前中がつぶれてしまい、まさにやる気に水を差されてしまった状況。そこで延期しようと考えます。
 だが灯里は、アリシアさんが今日を試験の日と決めてくれたことを嬉しく思い、大切な日と決め、今日に絶対試験をすると伝えるのでした。

オリジナル~
雨が止み晴れる。
まるで灯里の心情って感じ?
緊張が取れるというか、不安が取れる?


さぁ、お手をどうぞ
ぴちゅぴ~(ゆたんぽ~)

 灯里はゴンドラ乗るときからお客様(アリシアさん)に気を遣い、冷える季節、さらに雨上がりと言うことで、毛布と湯たんぽの気配り。出だしは好調のようです。
 隠れ見物ポイント、観光案内も出来ています。
 さらに街の人との交流、暁とウッディーも応援に駆けつけてくれました。
 トラゲットでお世話になったアトラ達、アテナ先輩、藍華に晃さんに会い、後押ししてくれます。
 そしてアリスにも出会い、沢山の勇気を貰いました。
……誰?w いかついぞw
隠れ観光スポットでし
恥ずかしい行動禁止!
虎ゲット3人娘
ぴぃ~すぅ
頑張りなさいよ
でっかい頑張ってください


やべ……牧野さんの横顔が良い味出してるw

 試験もいよいよ終盤。アリシアさんも絶賛です。
 だけど、最後の関門。普段は通行禁止の狭い水路でのオール捌き。

ゴンドラ一隻分



 でも灯里には、自信がありました。これまでみんなと一緒に歩んできた、勇気を貰ってきた。あの日々があるから、何も不安はありませんでした。

あの日々があるから、今があるんです

 水路を抜けると灯里にゴールを選ぶ権利が与えられました。ついに試験も終わりが見えてきました。
 しばらくして、アリシアさんが口を開きました。

でっかい不思議
「ねぇ、灯里ちゃん。物事が動き出す時って不思議ね? みんな、人それぞれの道を歩いているのに、お互いの変化を呼び合うように連鎖が重なる。まるで始めからその時を運命づけられていたかのように」

分かったよ、お姫様
灯里先輩受かると思います!
ホント、暁さんは馬鹿ですよね

「アリシアさん……」

 少し漕ぎ灯里が言います。

「アリシアさん、見えてきました……。あれが、あれが私のARIAカンパニー(ゴール)です」ARIAカンパニーの近くまで来ていました。「私がなりたいのは、グランマのような、アリシアのような、ARIAカンパニーそのものです」


 ゴンドラをアリアカンパニーの脇につけるとアリシアが立ち上がりました。


灯里ちゃん

 

「灯里ちゃん」そっと灯里の右手(手袋)に手をとります。「貴方が来てくれてから、世界は一変した。あたりまえだった日常が、世界の表情が、キラキラと素敵に輝いていった。そう、まるで魔法にかけられたように。この火星(AQUA)を優しく包み込んでくれる。どこまでも続く空や海のように。貴方に出遭えて、本当に良かった」優しく言うと、顔を上げ続けます。

ありがとう

「ありがとう
私の遙かなる蒼(アクアマリン)」

「アクア……マリン?」

「遙かなる蒼……」そいうと手袋を取りました。
アクアマリンふくしま
「プリマ昇格おめでとう、灯里ちゃん」アリシアさんの顔は喜びに紅潮していました。
惚れぇぇぇぇ


「ありがとうございます、アリシアさん!」

 晴れてプリマに昇格した灯里は、その喜びをアリア社長と分けあうのでした


……示申が降りなさったぞぉ!
祭りじゃ、祭りじゃぁw


 そしてアリシアは、意を決したように言います。 

実は私……
「灯里ちゃん、あたなに大切なお話があります」


以下次回

 

あわわわわわw

でっかい感動したぁ~

相変わらず、ARIAの音楽攻撃は一撃必殺だぜw

いや~もう終わりですよ

次回で遂に最終回w

てか原作買ってない人は、このあとの超展開にでっかい吃驚するだろうなぁw

だって、アリシアさんが<自主規制>

 

流れからすると、本当の最終話の前で終わりかも知れませんね。

 

だけど、あの最終話を見せて欲しいなw

 

まさか、あのキャラが出てくるとは予想しないだろうな<ネタバレ禁止>


だけど、ガイドブックの漫画に出てたし、灯里がアクアにくるときから、誰かとはメールしてたんですよね~

もしかしたら、天野先生は、出しても良いキャラとして考えていたのかも知れないなぁ。

 

てなわけで、次回で計52話に及んだAQUAの奇跡もグランドフィナーレ!


その最終回に注目です。

 

その 新しい始まりに

 







最終更新日  2008.03.25 13:50:03
[ARIA] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.